ちまうさのブログ

少女漫画や宝塚の感想やランキングを独断と偏見でお届けします

ハニーレモンソーダ 74話(19巻収録予定)ネタバレ感想 最新話

2021年12月28日発売のりぼん2月号掲載「ハニーレモンソーダ」74話のあらすじと感想をご紹介していきたいと思います

コミックス最新刊は18巻です

実写映画DVDも発売中⇩


ハニーレモンソーダ 豪華版(数量限定生産)[本編Blu-ray+特典DVD]

ハニレモを読んだことない方はこちら⇩

www.chimausa.com

前回のあらすじ

射手矢の素行が母親に問題があると知った界は、自分の家で彼を預かることに

そんな矢先、羽花が界の目の前で射手矢をかばって車に轢かれてしまい…?!

www.chimausa.com

同時掲載番外編

www.chimausa.com

ハニーレモンソーダ sparkle 74

『大丈夫』じゃない人は別にいる

羽花の事故の知らせを聞いたあゆみ達が病院に駆けつけると、そこには待ち合いの椅子に座っている羽花の姿

心配したと泣きつくあゆみに「轢かれてないよ。全力で避けて全力で転んだ」と笑ってみせる

射手矢のことを聞くが、いなくなってしまい連絡もつかないらしい

ふと通路の奥に視線を向けると、そこにいたのは羽花の父と、彼に頭を下げる界

その表情は悲痛なものだった

その頃、病院の時間外入り口に射手矢の姿があった

それを見つけた高嶺が「いつまで逃げる気?」と声を掛けるが、「あんたもな」と一言返して去っていく

翌日

羽花が病院で検査を終えて午後に登校すると、射手矢が午前中に青木先生に殴りかかり、窓ガラスを割りまくって停学になったと聞かされる

さらに昨日羽花が轢かれかけた車は、射手矢を狙っていたのではという話もあるらしい

射手矢本人もだが、母親も稼いでいる方法がグレーらしく恨みをかっている可能性があるという

「まじ?界知ってた?」

「さぁ」

「…やば、めっちゃキレてる」

うまくいくどころか、前より悪くなっている状況に不安を覚える羽花

教師にも怪我の具合を心配される一方で、射手矢に関わるからだと言われてしまう

体育の授業中、ケガをしているのでグラウンドの隅で見学をしていると、校舎の窓から界が羽花を呼んだ

「石森!日曜時間ある?」

「え、う、うん」

「デートしよう」

「?!う、うん!」

自分のケガはかすり傷程度で元気な羽花は、自分以上に射手矢や界が心配だった

反省と後悔

日曜日、待ち合わせ場所に自分以上に早く来て待っていた界に驚く羽花

「行きたい所ある?ないならオレが行きたい所連れてく」

「三浦く…」

「急にどうしたのかって?石森を甘やかしたいだけ。足痛くなったら言えよ」

猫カフェに来た2人

そこでオレンジ色のねこのキーホルダーを見つける

「みかん元気?」

「元気だよ」

「もう1匹のみかん元気かな。停学1週間って」

「もうあいつのことは気にしなくていい」

そう言われ、羽花はそれ以上なにも言えなくなってしまった

◇◇◇

街を歩きながら、体育祭でどの競技に出るのか尋ねると「出れるやつ全部」と答えが返ってくる

「…あれも?ロミオとジュリエットリレー」

男子生徒が女子生徒をお姫様抱っこして走るリレーに、去年界も参加していたと思い出す

「…それだけ断った」

思いがけない回答に嬉しくなる羽花

「喜んだ」

「あ、うん、ごめん。でも私大丈夫だったよ」

「そう。逆だったらオレは無理」

そう言われ、また嬉しい羽花

『逆だったら』

その言葉で、羽花は少し考え込む

後ろからクラクションを鳴らしながら走ってきた車に、界は過剰なほど反応し、羽花を抱き寄せる

「…三浦くん」

「ごめん」

今回の事故がもし逆だったら…自分ならどうするだろう

そんなことを考えながら歩いていると、近くに羽花の通っていた中学があり寄ってみることに

すると当時の担任の先生に出くわす

「いじめ問題を上からチクチク言われたのもいい思い出だな。クラスメイトの戯れでそんなものなかったのになー」

八美津に通い上手く言って何よりだと、問題を見て見ぬ振りをし続けた元担任の言葉に羽花は苦笑い

「はい、本当によかったです。頼りない大人から離れられて」

羽花の肩を抱きながら真顔で対峙する界に怯んだ元担任は、しどろもどろになり去っていった

「ああいうの見ると思うわ。後悔と反省って大事なんだなって」

羽花が界の中学時代について聞くと、学校の代わりにとスマホで父親の写真を見せてくれる

「口癖は『オレなんか』。あと『愛子が生きてれば』。愛子ってのはオレの母親」

「…三浦くん、何を後悔してる?」

「途中で諦めたこと」

そう言うと、もう1箇所行きたいところがあると歩き出した

一緒にいる幸せ

着いた場所は射手矢のアパート

ちょうど家から出ようとしていた射手矢と鉢合わせた

「家から出ようとしてんじゃねぇよ。外出禁止だろ」

「…この家嫌いなもんで」

「課題山程出てるらしいじゃん」

「だから何だよ関係ねぇだろ」

「関係あるけど」

界は射手矢に向かって、オレンジの猫のキーホルダーがついた鍵を投げた

「渡しとくわ、うちの鍵」

するとそこに、様子を見に教師がやって来た

「射手矢と二度と関わるなと言っただろ?!」

「返事はしてませんよ」

「石森をあんな目に合わせて青木先生に殴りかかるようなやつだぞ」

「自棄を起こしたみたいな苦しそうな表情でね」

その言葉で、羽花は射手矢なりの後悔と反省だったのだと悟った

射手矢はぎゅっと鍵を握りしめると、2人に呼びかける

「おい!そこのバカキモカップル!」

「はいなんでしょうか?」

「オレのせいで距離置くとかやめてね、うざいから」

『距離を置く』という言葉に、ドキっとする羽花

しかし界は反対に羽花の肩を抱き寄せる

「心配ありがとう。でも、手放すわけないだろ

そう惚気ける界に射手矢は呆れてさっさと帰れと悪態を吐くが、羽花の目には涙が浮かぶ

驚きつつ、それをそっと指で拭う界

「離れるんじゃないかと思った。三浦くんが私を守るために」

「…それ、誰が幸せ?」

一緒にいる人を間違えなければ、人は正しく幸せになれる

羽花はそう強く感じた

「門限までまだ時間あるな。うちに連れて帰ってもいい?」

◇◇◇

界の家で自分があげたおもちゃで遊ぶみかんに喜ぶ羽花

そんな羽花を後ろから抱きしめキスをする

「…間違えた」

「え?」

「石森甘やかしたいじゃなくて、オレが甘えたいだけかも」

界は羽花を抱き上げると、奥のソファまで運び座らせる

腕や膝には、絆創膏や包帯など事故で出来たケガ

「何か所ケガした?」

腕のケガにキスを落としながら聞く界

「そんな何か所もないよ」

そのまま膝の包帯にも唇を寄せる

真っ赤になって驚く羽花に、界は「オレの大事な足が…」と大真面目な顔で呟く

「三浦くん今日ちょっと変」

「…目の前で轢かれた所見てみろよ。ごめんな」

「なんで三浦くんが謝るの?私大丈夫だよ」

「オレが大丈夫じゃない」

辛そうな顔をした界を抱きしめる

そのままソファに押し倒した形で、羽花からキスをする

「すごい。三浦くん私のこと大好きだ」

「うん、大好きだよ」

感想

なにはともあれ、羽花が無事でよかったー!

何気に運動神経も反射神経もいいんだもんね、全力で避けれてよかった!!

病院で羽花パパに頭を下げる界に胸がぎゅっとなった…

自分が羽花を守れなかったって謝ってるんだと思うと…(涙

あの姿を見たら、もしかしたら距離をおこうって言い出すかもって羽花が思ってしまうのもわかりますね

でも界の「それ誰が幸せ?」ってセリフ…!!

めっちゃ刺さりました

そうなんだよ!自己満に過ぎないんだよね!!

よくある少女漫画の王道を否定するわけじゃないけど距離を置いていい方向に転がることなんてあんまないww

羽花のことを手放さずに、ちゃんと甘えられた界

偉かったね!(誰w

個人的にはロミジュリリレーを断った界にキュンとしました

逆なら無理って…!(悶

羽花がロミジュリリレーに参加して、界がむっとするシーンが見たくなったじゃないか!w

合鍵、羽花より高嶺くんより射手矢くんが1番にゲットしたのね

これでちょっと射手矢くんは落ち着くんでしょうか…

まだこの問題は続きそうかな?その前に体育祭?

次回も楽しみです

番外編集のネタバレ記事はこちら⇩

www.chimausa.com

次回掲載号の発売日は?

次もハニレモ載りますね!

次号3月特大号は2022年2月3日(木)発売です!

楽しみに待ちましょう

ハニーレモンソーダを無料で読むなら?

マンガMeeがオススメ!

無料でハニレモを1巻から堪能出来ます

作者様・むらまゆ先生の『流れ星レンズ』や『またあした』も掲載!

お見逃し無く!!

インストール無料・大人気少女漫画が読み放題

使い方がわからない方はこちらの記事をどうぞ⇩

www.chimausa.com

おすすめ記事⇩

www.chimausa.com

www.chimausa.com

以上ちまうさでした

最後までお読み頂きありがとうございました