ちまうさのブログ

少女漫画や宝塚の感想やランキングを独断と偏見でお届けします

ハニーレモンソーダ 73話(19巻収録予定)ネタバレ感想

2021年12月1日発売のりぼん1月号掲載「ハニーレモンソーダ」73話のあらすじと感想をご紹介していきたいと思います

コミックス最新刊は18巻です

実写映画DVDも発売中⇩


ハニーレモンソーダ 豪華版(数量限定生産)[本編Blu-ray+特典DVD]

ハニレモを読んだことない方はこちら⇩

www.chimausa.com

前回のあらすじ

頑なな態度の射手矢に構い続ける界

保護した猫が射手矢と同じオレンジ色だからと『みかん』と名付け、自分が幸せにしてやるからついてこいと宣言して…?!

www.chimausa.com

ハニーレモンソーダ sparkle 73

慣れない愛情

「よし、出来た!」

体育祭のメインの1番大きな看板を完成させた羽花

あゆみ達に新入部員である透子を紹介していると、射手矢達1年生が体育祭の競技で使う三輪車で遊んでいるところを先生に怒られていた

「任せてください、先生」

そう言いながら彼らを追いかけるのは、同じく三輪車に乗った界達3年生

そんな追いかけっこは、逃げる射手矢が羽花の作った看板を三輪車で踏み汚してしまったことで終結する

「はい、ごめんなさいは?」

界に羽花に謝るように促されるが、素直に謝らない射手矢

「お前な、みかんを見習えよ。吐き散らかした後申し訳ない顔して甘えてくんぞ」

「みかんは三浦くんの愛情を返してるんだね」

「なるほど、もっと可愛がればいいのか」

射手矢という名字呼びじゃ親近感がわかないと悟が下の名前を聞くが、答えない射手矢

すると、透子が「『翔』くんです」と口を挟む

名前を知った3年生で「翔くーん」と話しかけるも、「キモイ、もう俺につきまとわないでくれ」と言い残して去ってしまう

「なにあいつ、素直に愛情を受け取れないの?」と憤慨するあゆみに、高嶺は「慣れてないんでしょ」と微笑む

◇◇◇

「おい、なんだこれは」

羽花は射手矢がテストを白紙で出したことを廊下で先生に咎められている場面に出くわす

「見てんじゃねえよ」

羽花に気付いた射手矢は一瞥するとその場を去ろうとする

「大人の言うことは正しい」

「やっぱお前大嫌いだわ」

◇◇◇

そんなことがあって以来、射手矢は学校に来ていないという

「じゃあ行ってくる」

「うん!気をつけて」

界は射手矢を探しに行くことに

見送る羽花を、リレーの練習をするというクラスメイトや生徒会が呼びに来る

「看板直す暇ねえな」

「大丈夫だよ」

そう言って笑う羽花にキスをすると「頑張って」と励ましてくれる界に、「三浦くんも」と微笑み返した

射手矢を探しに

界は高嶺と悟、司と共に射手矢を探しに繁華街へ

一緒に来た友人の1年生も射手矢の家を知らないらしい

彼の母親を知っているという女子3人組から家を聞き出し辿り着くと、そこは2階建てのアパート

「前の家思い出すな、界の。あいつはまるでオレたちだな」と呟く高嶺の言葉に、目を伏せる界

射手矢が買い物から帰って来たタイミングで、宅急便が届き玄関の扉が開く

そこから出てきたのは、とても若い射手矢の母親

「やっと来たぁバッグー、全然届かなくてガチ病みしてたぁ」

早速開けて帰ってきた射手矢にカバンを見せる母親に、同じようなの買ったの何個目だと苦言を言うと、彼女の感情が爆発する

「…は?なにそのムダ使いみたいな言い方!ごほうびくらいいいじゃん!あんたにもこんなに自由にさせてんのになんでそんなふうにゆわれなきゃなんないの!?お金も時間も奪われてもうやだぁ」

射手矢の母親の様子に呆気に取られる悟達をよそに、スマホにきたメッセージの通知を見た母親は急に嬉しそうな態度で「じゃあ行ってくんねー」と笑顔で出ていった

「ああやって嬉しそうに笑うのはオレとしばらく離れるときだけ」

「しばらく?」

「彼氏が出来たら帰ってこないんだよ、数ヶ月単位で。どう?触れちゃいけない所に触れた気持ちは」

「お前が知れてうれしいよ」

真剣な表情で言う界に驚いた顔をしつつ「…キモ」と呟く射手矢

そこに先日学校に乗り込んできたような輩が、また射手矢を探して家の前まで乗り込んできた

「撒けるかな」

悟の言葉に驚く射手矢

「は?あんたらまで逃げる必要ないでしょ」

「お前守んなきゃなんねぇだろ」

界は「オレから絶対離れるな」と言い、一緒に逃げる

怖がらないで

羽花は1年の教室で、透子がなかなかクラスメイトに馴染めていないのを目撃する

(透子ちゃん、今どさくさに紛れてバイバイって話しかけるんだ)

透子と目があった羽花は、ジェスチャーで『頑張れ』とエールを送り、透子は「バッ、バイバイ、バイ」と挙動不審ながらも近くの女子2人組に話しかける

「バイ1個多くない?」

「うん、バイバイバイー」

普通に笑って返してもらえたのを嬉しそうにする透子を見て、見守っていた羽花も満足げに微笑む

◇◇◇

チンピラから逃げ切った界達

「…オレに付きまとうのはいいんすけど、損するのはそっちっすよ。こんなになるし、親もアレだし」

周囲がシンとなるなか、なぜか思いっきり吹き出して笑う界

「可愛いなと思って」

「は?!」

「必死で生きてて可愛い」

界は真っ直ぐに射手矢を見つめる

「毎日ちゃんと目覚めて、何でもいいから食って飢えをしのいで、人が恋しくて外に出て。可愛くて痛くて可哀想だな、その考えが。世界におまえ独りじゃないのに。他人の愛を受け入れろ。怖がんなくていいからこっちに来いよ

界の言葉が響いたのか、射手矢が「みかん元気っすか」と聞く

「見に来る?ていうかおまえ、うちに住む?」

そのままみんなで界のマンションへ

そこにいたみかんは、羽花のセーターを嬉しそうにふみふみして遊んでいる

「これアレ(羽花)のじゃん!!」

「そうだよ。離さねぇんだよ」

「…アレのいい所どこっすか」

「…自分のことを諦めない所。他人のことは、もっと諦めない所」

◇◇◇

羽花が界から『射手矢2,3日うちで預かることになった』と連絡を貰いマンションへ向かう途中、射手矢と出くわす

「あれ?三浦くんの家にいたんじゃ」

「…コンビニ」

「そっか、ちゃんと伝えてきた?」

「伝えてきたようるせーな!」

その回答に嬉しそうに微笑む羽花

「おまえは嫌いっつってんだろ」

「『大人の言うことは正しい』。それを受け入れるか受け入れないかは私達が選んでいい」

いつか自分が言ったことに意味を話す羽花

「…受け入れられない時は?」

「逃げる。自分なりの方法で」

「だから簡単に言うなよ」

「三浦くんを逃げ場にすればいい。三浦くんは、絶対に射手矢くんを守る」

羽花の言葉を聞き、今まで界が自分に与えてくれた言動の数々を思い出す

「行こう」

羽花が射手矢と界のところへ向かおうとした瞬間、暴走車が2人の方へと突撃してきた

羽花は咄嗟に車から庇うために射手矢を突き飛ばす

「きゃーーーー!女の子がーーーーー!!」

その現場を、迎えにきていた界が目撃して……?!

感想

なるほど、射手矢くんは毒親育ちだったのか…

それであんなにもひれくれちゃったんだね

だいぶ強烈な母親でしたね(震

界の家に一時的とはいえ避難すれば、少しはいい方向にいくのかなーと思って読み進めてたら……

え?!

羽花…?!

事故に巻き込まれちゃうパターン?!

しかも界と射手矢くんの目の前とか…2人とも辛すぎる

体育祭も近いし、なにより受験生なのに大丈夫かな?!

もう最終回近いのかと思ってたけど、まだまだ続きそうですね

次の展開から目が離せません

番外編集のネタバレ記事はこちら⇩

www.chimausa.com

次回掲載号の発売日は?

次もハニレモ載りますね!

次号2月特大号は2021年12月28日(火)発売です!

年末でかなり早い発売なので、忘れないようにしなくては!!

楽しみに待ちましょう

更新しました⇩

www.chimausa.com

ハニーレモンソーダを無料で読むなら?

マンガMeeがオススメ!

無料でハニレモを1巻から堪能出来ます

作者様・むらまゆ先生の『流れ星レンズ』や『またあした』も掲載!

お見逃し無く!!

インストール無料・大人気少女漫画が読み放題

使い方がわからない方はこちらの記事をどうぞ⇩

www.chimausa.com

おすすめ記事⇩

www.chimausa.com

www.chimausa.com

以上ちまうさでした

最後までお読み頂きありがとうございました