ちまうさのブログ

少女漫画や宝塚の感想やランキングを独断と偏見でお届けします

なまいきざかり。第133話(22巻収録予定)ネタバレ感想 最新話

2021年9月3日発売の花とゆめ19号掲載「なまいきざかり。」133話のあらすじと感想をご紹介したいと思います 

コミックス最新刊は21巻

前回のあらすじ

www.chimausa.com

なまいきざかり 第133話

バスケ留学?!

昨年度2部昇格を決めた央崎バスケ部に、今年は15人の新入部員

中でも由希の懸念は藤平というイケメンマネージャー

「…由希センパイ」

部活の終わり、倉庫で片付けをしている由希の背後からやってくる成瀬に、内心やっぱりキタと思ってしまう

「俺のこと好き…?」

高校の時も散々いじけていた、成瀬の『新年度特有1年生ばかり構わないで病』

また藤平に対しても無駄に威嚇するんだろうと呆れていたものの、普通に会話をしていて至って平和

大人になったのだろうかと安心しつつも、由希の部屋ではベッタリひっついて離れない

膝枕の状態で腰に巻き付く成瀬の耳に光るピアスを見つける

「そのピアス私があげたやつ?」

「んーたまにしてるよ」

そう言いながら成瀬は由希の髪をかきあげ耳に触れてくる

「な…なに?」

「そーいやセンパイは穴あけねぇのかなって」

「あけないよ」

「痛いのこわいから?」

「ちがう」

就活が始まるタイミングであける必要性を感じないと無駄に早口で捲し立てる由希

話を代えるため成瀬にいつピアスを開けたのかと聞くと4年前だという

「1年間て4年間の4分の1だよね…?」

急に小学生の問題を出され、意味がわからずにシカトする由希

「無視すんな」と言いながら押し倒してくる成瀬の様子がおかしくて、やはり何かあったのではと問う

「…昨日コーチに1年間留学しないかって言われた」

コーチの知り合いがアメリカにいて、いい刺激になるだろうから1年大学を休学して勉強してきてもいいんじゃないかと言われたという

「…どう…するの…?」

「めっちゃ行きたい。けど行きたくない。センパイ置いて行きたくない」

由希の脳裏に、以前成瀬に言われた『センパイ置いてどっか行くとかありえんから。冗談でもやめて』という声が浮かび、自分の存在が引き留めているのではと感じる

由希の想いは…

早速留学の件を宇佐見さんに相談する由希

行くとしたら7月に出国し、9月に向こうの大学に入って帰ってくるのは5月頃だという

「正直、離れている間に他の人と何かあるんじゃ…みたいな不安はもうないんだ」

「そりゃ相手の姪に名前授けちゃったらその境地だろうけど…」

今まで距離があっても1年も離れたことがない

それがどれだけの痛みを伴うのか、想像できないのかが怖いと感じている

「由希ちゃんは彼女として自分の気持ち伝えるくらいはしていいと思う」

宇佐見さんにそう言われ、由希は改めて自分の気持ちを見つめ直す

いつだって成瀬を1番に応援したいというのは変わらない

だからこそ…

「行きたいのなら行くべきだと思う」

腕を組み、真顔でそう伝える由希

「まじか」

「何よ、まじかって」

「1ミリもさみしがんねぇじゃん。…え、1年だよ?由希センパイは大丈夫なの?」

「だい…いや今私の都合は関係なくて」

「関係あんだろ。由希センパイいなきゃ迷わず行ってたっつーの」

その言葉にカチンときてしまった由紀

「…いや、今のは言い方アレだけど…」

「重荷みたくなっちゃってどうもすみませんでしたねーーーー!!」

そのまま身を翻して去っていく由希と、「ちーげーー…」と項垂れてしまう成瀬

由希は絶対に引き留めてるなんて嫌だと決意し、宇佐見さんに『あるお願い』をするため電話をかけた

こわくない

帰宅し、ラインで今日の失言を謝った成瀬だが、なかなか既読がつかない

ぐずる咲茉里をあやしていると、やっと由希から『家の近くの公園今これる?』と返事があり、慌てて家を出る

ブランコに座り、成瀬が来るのを待っていた由希

「危ねーよ、何してんだよ。用あるなら家くれば」

「こ…こわくないって…、こわいくないって、嘘」

そう言いながら、由希は髪をかきあげ耳に光るピアスを見せる

「ほんとは痛いの無理だし、めちゃくちゃ怖かった」

成瀬は自分を臆病にも強くもする男の子

今まで何度も背中を蹴飛ばされてきた

今度は、自分が背中を蹴飛ばす番

「これに比べたら、たった1年離れるこわさなんて大したことないし」

由希は宇佐見さんに色々聞きながら、自分で耳に穴を開けたのだ

「…私は置いていかれないよ」

自分のやるべきことを、離れていてもそれぞれの場所でいっしょに頑張ればいい

「だから、行きたいところへ行って。成瀬」

ブランコに座ったまま、真っ直ぐに見上げて告げた由希

成瀬はその足元に跪き、そっと由希の手を握る

「…俺もすげービビってて。センパイに会う前の俺だったらきっと何も考えね―で飛び出してたのになって…。でも俺由希センパイがいなきゃ迷ってここまでこれなかったわ」

そう笑ってキスをする成瀬

こわくない

今までの日々があるから、自分たちは大丈夫

「ねぇセンパイ」

「ん?」

「1年間会えなくなるから、出発までの間に唇ぶっこわれるくらいキスしとこーね」

「…………出発、いつだっけ」

「7月」

行くなら早く行ってほしいと一瞬よぎりつつ、成瀬の出発まであと3ヶ月

感想

前回のコーチから呼び止められていた『引き』、案の定バスケ留学の話でしたねー!!

予想があたった!!w

それにしても、あれだけモテる成瀬に対し『他の人と何かあるんじゃ』っていう不安が一切ないって凄いな…

個人的にその不安がないなら1年くらい大丈夫なんだけど…由希的には違うのか

確かに会いたい時に会えないっていう物理的距離はどうしようもないしねぇ

あと、それに対する宇佐見さんの返答も可笑しかったw

確かに姪っ子ちゃんの名付け親になってたらもう家族ぐるみだしね

最終回まであと4話

残りは留学までどう過ごすかって感じかのかな…?

個人的には帰ってきた後の話も見たい!

成瀬は…プロ目指すのかな??

次回掲載号の発売日は?

えー!

最終回近い割にガッツリ休載…?!

ザ花も書いてるしこればっかはしょうがないですね

野良猫楽しみにしましょうw

次回掲載号は22号

発売日は2021年10月20日(水)発売です

楽しみに待ちましょう

『なまいきざかり。』を無料で読むなら?

マンガParkがオススメ!

『なまいきざかり。』を1巻から無料で読むことが出来ます

他にも同作者様の『姫君と三匹の獣』も最終巻まで無料!!

鴉がイケメン過ぎて…!未読の方はおすすめですよ!!

お見逃しなく!!

インストール無料!白泉社の大人気少女漫画が読み放題!!

使い方がわからない方はこちら⇩

www.chimausa.com

おすすめ記事⇩

www.chimausa.com

www.chimausa.com

以上ちまうさでした

最後までお読み頂きありがとうございました