ちまうさのブログ

少女漫画や宝塚の感想やランキングを独断と偏見でお届けします

ふたりで恋をする理由 50話(8巻収録予定)ネタバレ感想 最新話

2021年8月19日発売のマーガレット18号掲載「ふたりで恋をする理由」50話のあらすじと感想をご紹介していきたいと思います

コミックス最新刊は7巻です

前回までのあらすじ

オビと美園、2人からの告白の返事で思いつめていたうらら

そんな彼女に気が付き、心配した由花子に話を聞いてもらい…?!

www.chimausa.com

ふたりで恋をする理由 reason 50

軽くなる心

今までのオビや美園との話をすべて由花子に打ち明けたうらら

びっくりしつつも、由花子は気になったことを指摘する

「美園くんと帯解くん、必ずどっちかと付き合わなくちゃいけないと思ってない?」

「――え?」

ただ彼氏が欲しいというのならともかく、うららはそうではないはずだと指摘

「だったら、『どっちとも付き合わない』っていう選択肢もあるんだよ?」

今はたまたま二択に見えているが、そうではないと由花子は言う

「…い、言われてみれば…!」

「大事なのはうららの『好き』の気持ちだよ?」

うららは自分の今までの気持ちを思い返す

自分の気持ちがどこにあるのかを大事に考えていたはずなのに、段々早く答えを出さなくてはと混乱してしまっている

2人とも一緒にいて楽しくて嫌なところなんてない

だからこそ、どこからが恋なのかがわからない

そう呟いたうららに、由花子は頭で考えてもわからない、意味はないとバッサリ

由花子自身、頭で考えれば今の彼氏とは付き合っていないと断言し、それでも心に彼がいるのだと話す

たくさん話を聞いてもらったうららは、まだ自分の気持ちはわからないものの、少しだけ心が軽くなったのだった

欲しいものは欲しい

「…え?しばらく会えないってなんで?」

うららはオビに電話で、焦ってしまって気持ちが見えなくなっていること、しばらく会わずに考える時間がほしいと思っていることを打ち明けた

「…わかった。でもひとつだけ伝えておきたいんだけど」

そう前置きし、オビは自分の気持ちを率直に伝える

「会いたいっていうのは返事が欲しいって事じゃなくて、単純に安堂さんの顔が見たい。ただそれだけだから」

こういうとき同じ学校だったらなと愚痴を零す

そうすれば遠くから姿を見るだけでも出来たのにと

「同じクラスの奴とか本当うらやましい」

さらに、しばらくっていつまでと聞かれ、何も考えていなかったうららはあたふた

「特に決まってないならめちゃくちゃ空気読まない発言していい?俺安堂さんからバレンタインチョコが欲しい」

「え?!」

まだ2週間ほどあるバレンタインに、どうしてもうららからのチョコがほしいというオビ

「ご、ごめん。チョコがほしいなんて言われたの初めてでびっくりしてしまい…」

電話口で真っ赤になるうららに、オビもそんなこと初めて言ったと返す

「でも俺、欲しいものは欲しいってちゃんと言うよ。俺、安堂さんが欲しい」

一方、オビに羨ましいと言われた同じクラスの美園は、友人の熊田がバレンタインに向けて自分の下駄箱を掃除している姿にドン引きしていた

「お前って救いようのない馬鹿なのな…」

「やっぱ好きな子がいる年のバレンタインは特別だよな!あーバレンタイン今からドキドキするー」

その言葉を聞き、少しだけ思案顔になる美園だった

感想

由花子に話を聞いてもらって、少し進むかと思いきや…w

結局ちょっと時間をあけるだけで何も変わらない!(爆

これバレンタインまでに何をあげたらいいのかとか、そこでチョコあげたら返事になっちゃうんじゃって、またうじうじ悩むフラグ…

でもオビくんの気持ちもわかる

ライバルが同じクラスにいるんじゃ、会えないって言われたら他校生は焦っちゃうよねー

個人的には下駄箱掃除する熊田くん可愛くて好きよw

バレンタインに向けて美園くんは動くのかな?

むしろ一緒に作ってくれそうww

こういうときこそおかん男子の真価を発揮する時!w

はてさていつ決着するのか…

次回掲載号の発売日は?

次回はお休みです

次回掲載の20号は2021年9月18日(土)発売です

楽しみに待ちましょう

『ふたりで恋をする理由』を無料で読むなら?

マンガMeeがオススメ!

無料で『ふたりで恋をする理由』を1巻から堪能出来ます

同じ作者様・先生の『瞬間グラデーション』も掲載!

こっちの御徒町くんもカッコいいんですよねー!!

お見逃し無く!!

インストール無料・大人気少女漫画が読み放題

使い方がわからない方はこちらの記事をどうぞ⇩

www.chimausa.com

おすすめ記事⇩

www.chimausa.com

www.chimausa.com

以上ちまうさでした

最後までお読み頂きありがとうございました