ちまうさのブログ

少女漫画や宝塚の感想やランキングを独断と偏見でお届けします

君に届け~運命の人~ 第9話(3巻収録予定)ネタバレ感想 最新話

2021年8月13日発売の別冊マーガレット9月号掲載「君に届け~運命の人~」9話のあらすじと感想をネタバレ有りでご紹介しようと思います

コミックス最新刊は2巻です

前回までのあらすじ

栄治が以前好きだったという幸は、自分とは違い性格がよくてヒロインぽいと落ち込む梅

栄治は何度も梅に気持ちを告げてくれるが、自分に自信が持てない梅は素直になれず…?!

www.chimausa.com

君に届け~運命の人~ 第9話

拗らせる想い

幸に対する苦手意識から、勢いあまって飲み物を零してしまった梅

すぐに冷静を取り繕い弁償すると言ってお金を出すが、「気まずいからってお金で解決しようとしないの!」と栄治に窘められる

幸が梅に謝るのを「わざとじゃないのはお互い様でしょ。気持ちはわかるけどもーあやまんなくていいんじゃない」と栄治がフォローするが、彼氏である店員のユキに着替えを借りている幸は、栄治ではなく彼しか見ていない

そんな様子を見て、梅は栄治をお人好しだと思い辛くなる

「…えーじお兄ちゃんはさ…。…わたしが今、なに考えてるか…わかる……?」

栄治が幸に対し『気持ちはわかる』と言ったことが引っかかっている梅は、きっと自分のことはわからないとそんな質問を投げかける

「え?」

「わたしのこと好きって言ったじゃん」

梅は立ち上がると、みんなが見ている中で栄治を指差し「わたしこのひとにキスされましたっ」と宣言

知らなかった爽子は大声で驚き、ともよは驚きつつも面白がる

急な発言にどうしたのかと梅を見上げた栄治だが、「…はは、言ってやった…」と瞳に涙を浮かべている梅に言葉を失う

「帰りますっ」

お金を置いて一目散に店を逃げるように出ていく梅

追いかけようとする栄治を制して、爽子が追いかけていく

梅は栄治が追いかけてこないことを責めつつも、爽子でよかったと号泣する

もし栄治が来ていたらまた可愛くないことを言ってしまう

「これ以上っ…嫌われることしたくないんだもん…」

ようやく自分の気持ちを口にする梅

「どうしようさわこちゃん…わたし、えーじお兄ちゃんが好き」

爽子の胸の中で、あふれる想いを零す

言いたくないことを言ってしまう

ずっとやさしくしてくれるのに、意地悪なことばっかりしてしまう

爽子にも、もっと早くに自分の気持ちを言いたかった

それなのに全部自分で終わらせて壊してしまった

泣きながら気持ちを吐露する梅に「待ってた!」と一緒に涙する爽子だった

変えられた過去

「梅すぐ泣くんだよな―。わたし泣き虫じゃないからね!みたいな顔しながら」

幸とともよは帰り、残された栄治は居酒屋でユキと2人で話している

自分が泣かせてしまっているのかと考える栄治に、梅は栄治のことを好きそうに見えたと励ますユキ

「ちゃんと振り回されてんねー」

その言葉に、自分が余裕なく振り回されていると自覚する栄治

基本的に器用で余裕のある栄治は、自分も相手もコントロール出来ると思っていた

しかし高校時代の恋愛で幸を手に入れることは出来なかった

「オレは今日さ、高村に会ってみようと思って来たんだよね」

栄治にとって幸への失恋は忘れたいことだった

未練はないものの、幸に会う必要もないからという理由で会うことを避けていた

しかし、梅と出会ってその思いは変わったという

彼女は風早に恋をしていた時の自分を忘れたくなかったと言っていた

「梅をすきになって、別に思い出さなくていい過去、たまには思い出しても良い過去になった。梅は過去を変えてくれたんだよ」

大事なもの

爽子に聞いてもらえて少しスッキリした梅

ひとしきり話を聞いた爽子は、「梅ちゃんて自分で思うよりカンが悪いと思うの」とバッサリ

意外な言葉にショックで言葉が出ない梅だが、つらつらと話し続ける爽子

「つまり何が言いたいかと言うと、梅ちゃんが今いろいろ考えてる細かいことは心配いらない。そんなに問題じゃない。梅ちゃんは今何を大事にしたい…?」

ゆっくりと問われて、大事なものをいつだって必死に探している自分を振り返る

あるかわからない、自分の中の綺麗なもの

「わたしの…大事にしたいもので…いいの…?」

「うん」

しっかりと頷いてくれた爽子を見て、梅は栄治に会って謝ろうと決意する

「…わがまま言ってくるから…!聞いてね、話。よくても、悪くても…!!」

「うん」

爽子と別れた梅は、そのまま栄治に電話を掛ける

「もしもし?!梅?!」

「えーじお兄ちゃん?…今すぐ来てほしいの」

何かあったのかと居酒屋で慌てる栄治に、そうじゃないと否定する

「会いたいの、今すぐ…会いに来てほしーの!」

「…いーの?今から行ったらオレ帰んね―よ?梅がいつもみたいに眠くなって素直になるまで何言われても絶対帰んねーけど」

「…うん。もし素直じゃないこと言ったら…眠くなるまで待って……」

それだけ言うと、梅は電話を切って自宅へと走り出す

大事なものを探していたけれど、もう持っていた

栄治よりも大事な意地なんてなかった

その手を取って、すきだって声に出して認めたらいいだけだったのだと、梅はようやく気がついた

感想

くるみちゃん拗らせすぎてて…もう行動の意味がわからない…w

なんでキスされた宣言して出てっちゃうの…?!w

しかも爽子は栄治が追いかけてくの阻止しちゃうしww

『女子の面倒くささ』みたいなのが存分に発揮された回でしたねぇ

栄治もなんだかんだ高校時代の幸とユキとのあれこれを若干引きずってる感じはあったんですねぇ

まぁ高校生であれだけドロドロしたら引きずりもするだろうけど(爆

でもいい意味でちゃんと過去と決別出来たのはくるみちゃんのおかげってことなんですねー

ラストはようやく素直になれる感じで終わってるのでよかった…

ピンポーンで終わってるけど、これ栄治だよね?!w

これでまだすれ違うとかはもうやめてほしい

一旦落ち着きたい。切実にw

次回掲載号の発売日は?

まだ次の掲載号は決まってないみたいですね

今までのペースだとワンシーズンに1度くらいだし、次は秋ごろ?

次回は栄治とくるみちゃんのイチャイチャ回だったらいいなー

君に届け』を無料で読むなら?

マンガMeeがオススメ!

番外編の配信はまだですが、爽子と風早くんの本編は1巻から最終話まで無料で読むことが出来ます

他にも「月のお気に召すまま」「君がトクベツ」「シンデレラクロゼット」など、人気連載中の漫画を1巻から無料で読むことが出来ます!!

お見逃しなく!

インストール無料・大人気少女漫画が読み放題

オススメ記事⇩

www.chimausa.com

www.chimausa.com

以上ちまうさでした

最後までお読み頂きありがとうございました