ちまうさのブログ

少女漫画や宝塚の感想やランキングを独断と偏見でお届けします

うちの弟どもがすみません 第18話(5巻収録予定)ネタバレ感想

2021年6月11日発売の別冊マーガレット7月号掲載「うちの弟どもがすみません」18話のあらすじと感想をネタバレ有りでご紹介しようと思います

コミックス最新刊は4巻です

前回までのあらすじ

文化祭で源への気持ちを自覚した糸

姉として恋心は秘めておこうと心に決めるものの、すぐに源に疑われてしまう

大ピンチと思いきや、洛がうまくごまかしてくれて…?!

www.chimausa.com

うちの弟どもがすみません 第18話

柊の新しい友達

洛が糸の気持ちをごまかすために使った『おとなりの宇藤さん』をきょうだい5人で見ている成田家のリビング

糸はサクッと騙されてくれた源にホッとするも、詐欺に引っかかりやすいのではと変な心配をしてしまう

ホラーちっくなドラマを見ながら「フヒヒヒヒ…」と怪しげに笑う柊を見て、学校で何かあったのではと心配する洛

最近は源のことで頭がいっぱいで柊の学校生活への不安を見逃してしまっていたのではと、慌てて柊に確認しにいく

しかし、柊から返ってきたのは「べつに平和だけど」という言葉

自分から言えず溜め込んでいるのではと心配するも、ゲームで知り合ったため会ったことはないが「新しい友達なら…できたかもしれない」と照れながら言う柊に驚きつつも喜ぶ糸

次の日の食卓には、朝から赤飯が並ぶ

他の兄弟から何かあったのかと聞かれ「なんと柊くんに新しいお友達ができました!」とウキウキで発表

相手の写真を見せてもらうと、『こむぎさん』という可愛らしい女の子がコスプレをして自撮りしている写真だった

兄達の心配

「あいつ大丈夫か?」

源と洛は写真を見て、柊とは合わないのではないかと心配する

会ったことがないというのもネックになっていて、実は男だったりするのではと懐疑的

友達が出来たことは喜ばしいが、今までずっとインドアで友達が1度も出来なかった柊が心配でたまらない源と洛

そんな兄2人に「大丈夫だよ」と励ます糸

「もしうまくいかなくたって私たちがいるじゃん!それに柊くんは外の世界とつながろうとしてるんだよ、家族として背中押してあげなきゃ」

「お前、簡単に言うけどなぁ…」

それでも『こむぎさん』に不信感が消えない源に対し、糸は「おねがい」と誕生日にもらった『お手伝い券』を出して、「なにかあったら自分がフォローするし!今は黙って見守って」と頼み込む

帰宅後、慌てた柊がリビングに入ってくるなり挙動不審

なんとこむぎさんから、今度のイベント一緒に参加しませんかと誘われたという

イベントとは自作の本などの即売会で、彼女が書いた小説に柊が挿絵を描く合同の自費出版をしないかという提案だった

糸はそれを聞き大興奮で参加すべきと背中を押し、柊自信もやってみたいと前向きだったが、源は「いやダメだろ」とバッサリ却下

「そいつと深く関わるな。怪しすぎる」

うまい話しかもってこない奴は怪しいと、聞く耳を持たない源

さらには「ていうかお前受験生だろ」と正論で詰められてしまう

盛り上がっているところに水をさすのは気がひけるといいながらも、せっかくの絵の才能を現実逃避の道具にするなと辛辣な意見を述べる源

「お前のお遊びに付き合わされる相手にも失礼だ」

さすがにキツイ言い方に「ちょっと、そんな言い方しなくたって」と反論する糸だが、柊は「分かった、イベントはあきらめて勉強するよ」と切なげに笑って部屋に籠もってしまう

柊の本音

「恋…だと思うんだよねえ」

糸は相手が気になって勉強に手がつかなくなるなら、いっそ会ってしまったほうがいいのにと洛に愚痴る

「フラレたら一瞬でやる気を失うこともあるけどね」

ごもっともな意見に、まったくその可能性を考えていなかった糸は項垂れる

「…恋って、なんてはがゆいんだろう」

「ほんとにね」

クスッと意味深に笑う洛に、「柊くんの話だよ?!」と真っ赤になってしまう糸

学校へ向かう柊の背中は日に日にやつれていき、ついには玄関先で倒れてしまう

慌てて救急車を呼ぼうとする糸に、学校へ試験を受けに行くという柊

「大丈夫、ちょっと寝てないだけ…。原稿のしめきりが今日の朝10時だったから、つい徹夜しちゃって」

「…原稿?」

実は柊はイベントは参加しないものの原稿だけは断れず、勉強と同時進行で頑張って描いていた

糸がなぜそこまで頑張るのかと聞くと、また同じような機会があるとは限らないからだという

「また今度って言葉でしか返せなかったら、いつか向こうの気が変わっちゃう気がして」

少しでも期待に応えられれば、ずっと繋がっていられる

その健気な言葉を聞いた糸は「ちょっと期待に応えてくれなかったからって離れていく人は、正直そのまでの人だと思う」と前置いた上で

「でもね柊くんが『この人だ!』って思うなら、私はその直感を信じる!」

そう言って柊の本音を引き出す

「会いたい。もっともっと、あの人の事知りたいし知ってほしい」

そして、イベント当日

ブースには『こむぎさん』こと本名・遠藤と呼ばれる女の子が売り子として立っている

そこに、柊は意を決して挨拶へ

「は…はじめまして…。俺です、あの…『ヤマダ』です。どうしてもあなたに会いたくて、やっぱり来ちゃいました」

感想

柊くんが頑張ってるー(涙

もう三男の頑張りは親戚のおばちゃん目線で応援してしまうww

源もねー

心配してるのはわかるんだけど、もうちょっとドンと構えて見守ってあげてほしいという糸の意見も聞いてあげて欲しい

せっかく頑張ろうとしてるところにあんな正論で反対されたら、そりゃ柊くんだって凹むよねぇ

でも腐らずに勉強も原稿もどっちも頑張った柊くんは偉い!

キツイ言い方した源に対する「2,3発殴りたい…」「あと何枚出せばやらせてくれる?」が地味に可笑しかったw

「そんなことに俺らの真心使うなよ」っていう源の最もなツッコミも笑えましたww

新しい友達『こむぎさん』こと遠藤さん、なんか良いキャラそうで楽しみ!

ちゃんとかわいい女の子でしたね!

おっさんじゃなかったww

次回、柊くんの頑張りと源のリアクションが楽しみです!!

次回掲載号の発売日は?

次号も掲載されますね!

別冊マーガレット8月号は2021年7月13日(火)発売です

源との約束を破っても、自分の本音に正直にイベントへ向かった柊くん

会場で何かが起こる…?!

楽しみに待ちましょう

更新しました⇩

www.chimausa.com

別マ掲載のマンガを無料で読むなら?

マンガMeeがオススメ!

「ふつうな僕らの」「君がトクベツ」「ひなたのブルー」など、人気連載中の漫画を1巻から無料で読むことが出来ます!!

さらに同じ作者様の書いた「ふしぎの国の有栖川さん」も1巻からラストまで読めます!!

お見逃しなく!

インストール無料・大人気少女漫画が読み放題

オススメ記事⇩

www.chimausa.com

www.chimausa.com

以上ちまうさでした

最後までお読み頂きありがとうございました