ちまうさのブログ

少女漫画や宝塚の感想やランキングを独断と偏見でお届けします

なまいきざかり。第129話(22巻収録予定)ネタバレ感想

2021年6月5日発売の花とゆめ13号掲載「なまいきざかり。」129話のあらすじと感想をご紹介したいと思います 

コミックス最新刊は21巻

前回のあらすじ

運転免許を取得した成瀬の運転で静岡まで遠出していた由希

しかし帰る直前、大雨が降ってきて急遽お泊りデートに変更…?!

www.chimausa.com

なまいきざかり 第129話

初めてのお泊りデート

大雨で帰れなくなってしまった由希と成瀬は、福引で当たったペア宿泊券を早速利用してホテルに泊まることに

なんだかんだ2年半付き合っているし何度も部屋に泊まりに来ているしと考えて、落ち着こうとする由希だが、部屋に入り2台ベッドが並んでいるのを見て動揺してしまう

近くで慌てて買った部屋着や下着のタグを切ろうと取り出すと、急いで適当に選んでしまった下着がかなりセクシーな紐パンツなことに狼狽える

宇佐見さんや成瀬のお姉さんなら着こなせるものの、自分が着てはピエロにしかならないと思い、何が何でも成瀬には見せられないと考える

一方、成瀬は初の2人でのお泊りが嬉しくて仕方のない様子

至るところで2人で写真を撮ろうとはしゃぐ成瀬に、「き…今日は早く寝ますので」と宣言し、ベッドの境界線を超えてはならないとしっかりと成瀬に釘をさす由希

しかし「……うん、まぁ。言ってりゃ良いよ」と意に介さない様子の成瀬

さらにヘアアレンジを褒められ、じっと見つめられるままキスを許すと、一気に『そういうムード』になってしまうのを懸念した由希は慌ててしまう

タイミング良く成瀬のスマホに着信が入り難を逃れた由希は、今のうちにとシャワーを浴びることにする

忘れられない1日

買ってきた慣れない下着に身を包み、改めて勘の鋭い成瀬にバレないようにと気を引き締める由希

部屋を出て夕食を楽しんでいると、ペア宿泊券にワインのサービスも含まれており、1杯だけ呑むことに

なんとか許容量だと思っていたが、部屋に戻り部屋着に着替えると、成瀬がシャワーを浴びている間にうたた寝してしまう

成瀬に耳元で「由希」と呼び捨てにされ目を覚ました由希だが、いざ別々のベッドで寝ようと電気を消した所で、なかなか眠れない

「なんか…こーやって離れたベッドで寝んの初めてじゃね?」

「うん…」

「なんかすげーヘンな感じ。ヘンっつーか…やっぱさみしくて寝らんないからそっちいってい?」

可愛らしくお願いされて、ぐっと言葉に詰まる由希

何度か「ダメ」と却下するも、結局「…さみしい…じゃなくて…、さむいなら、きていい…」と成瀬のお願いを聞いてあげることに

「さむい」

同じベッドに入ってくる成瀬

さらには服の中にまで手が入ってきて、「さっき買った下着?」といつもと違う種類の下着であることに気付かれてしまう

「だから今日鉄壁だったの?」

「……」

「見たい」

「やだ」

言葉やくすぐったりの攻防の末、最終的には「ね、お願い。見たことないセンパイだから見たい」とまたも成瀬のお願いに押され、由希は酔ってるせいだと自分に言い訳しながら、自分には似合わないと思っている下着を成瀬の目の前に晒す

ぎゅっと抱きしめられ、照れながらも成瀬を受け入れる由希

「…これ可愛くてまだ脱がしたくないから、俺の先に脱がせて」

全部酔っているせいだと思いつつも、この日のことは忘れたくても忘れられないと思う由希なのでした

感想

前回予想していたとおり、ただただイチャイチャしてるだけで終わった

でもこれが『なまいき』っぽくて( ・∀・)イイ!!

今回は年下男子の可愛らしさが爆発していた回でしたねー

お願いの仕方があざとい!!w

そりゃ由希も素直にならざるを得ないよねー

今回は本当にただイチャイチャしてるだけだったので、文字起こしも難しすぎたw

成瀬と由希のラブラブ回が好きな方は買って絵で読むべしww

次回掲載号の発売日は?

次回も載りますね

次回掲載号は14号

発売日は2021年6月18日(金)発売です

楽しみに待ちましょう

更新しました⇩

www.chimausa.com

『なまいきざかり。』を無料で読むなら?

マンガParkがオススメ!

『なまいきざかり。』を1巻から無料で読むことが出来ます

他にも同作者様の『姫君と三匹の獣』も最終巻まで無料!!

鴉がイケメン過ぎて…!未読の方はおすすめですよ!!

お見逃しなく!!

インストール無料!白泉社の大人気少女漫画が読み放題!!

使い方がわからない方はこちら⇩

www.chimausa.com

おすすめ記事⇩

www.chimausa.com

www.chimausa.com

以上ちまうさでした

最後までお読み頂きありがとうございました