ちまうさのブログ

少女漫画や宝塚の感想やランキングを独断と偏見でお届けします

暁のヨナ 205話【夜の哭き声】(36巻収録予定)ネタバレ感想

2021年3月19日発売の花とゆめ8号掲載「暁のヨナ」205話のあらすじと感想をご紹介していきたいと思います

コミックス最新刊は34巻

前回までのあらすじ

龍王の血筋で手を組むという提案をスウォンに断られたメイニャン

投獄されたものの抜け出すと、牢でハクに出会って…?!

www.chimausa.com

暁のヨナ 205話【夜の哭き声】

メイニャンの居場所…

牢で体力作りをしているハクに出くわすメイニャン

その鍛えられた身体を見て、役に立ちそうだと思い助けてやろうかと提案するが、ハクはあっさりと断る

メイニャンはハクの見張りが4人もいたことで重罪人だと思い、このままだと絶対に殺されると 言い張る

「スウォンって奴は殺るとなると一切躊躇わない。身内だろうが女だろうがな」

「…スウォンの身内なのか」

「…いや、他人だ」

メイニャンは再度助けてやるから自分と来いと牢の鍵を壊しハクに命令するが、それでも応じない

「お前にはここを出て会いたい奴とかいねぇのかよ」

「いるよ。めちゃくちゃ会いてぇよ。でも今俺だけの感情で動いたら、その人が俺のこと守ろうとするし、迷惑かけたくねえからここで待つと決めた」

たとえ鍵が開いていようが動く意思のないハクを諦め、メイニャンは牢を出ていった

そのまま庭園を彷徨い、はぐれしまったリスのホーちゃんを探す

『そういうのはいいです。緋龍王嫌いなんで』

『殿下のお相手の方がお得意でしょう?』

上手くいかなかった記憶が頭をよぎる中、必死に友達を探す

「ホーちゃん以外全部置いてくるつもりで来たのに、どこにいけばいいのかわかんないよ」

涙を流し呟くメイニャンの背後に人の気配

咄嗟に剣を構えるものの、怪我と疲労で倒れてしまう

ユンとメイニャン

翌日、ヨナの部屋で保護されているホーちゃんは、アオに懐くこともなく怯えた様子

そこにミンスがメイニャンが脱獄したと知らせを持ってくる

さらに、ハクの牢の前にいた4人の衛兵が刺されていたこと、さらに牢の鍵が開いていたことで、ハクがメイニャンの脱獄と関係があるのか調べを受けているという

緋龍城の敷地内にあるとある場所で、メイニャンは目が覚めた

彼女を保護したのはユン

「誰だてめぇ?!」

「俺はユン。薬屋だよ」

昨夜傷だらけで倒れていたのを、そのままだと危ないからと連れてきたのだった

「めんどいから治るまで暴れないでよね」

明らかに怪しい自分に優しくするなど、罠だと警戒するメイニャン

「だんご汁飲む?」

ユンが差し出した温かくて美味しい料理に放心したあと、ゆっくりと口を付けて飲む

一方その頃、南戎の使節団は国に帰る馬車の中

その迎えに来たのはヴァル将軍という名の浅黒い肌の男

「失礼、メイニャン様はどちらに?」

馬車の中に彼女の姿が見えないとヴァル将軍が尋ねると、「メイニャン様なら先に西京にお戻りになっているはずだぞ」と返答が返ってくる

それに納得出来ない表情のヴァル将軍は…?!

感想

よかった、ハクがメイニャンについていかなくて…

しかも、彼女を保護したのがユンくんっていうね!

いいね、悪くない展開ですね!

ハクが牢に留まる理由は、やっぱりヨナなんですよね

一途な想いにほろりときました(泣

ヨナがホーちゃんを保護してるのがきっかけで、メイニャンをこっち側に引き入れる感じなのかな?

新キャラ、ヴァル将軍の立ち位置も気になります

メイニャンの味方なのかどうなのか…

こっから徐々に南戎編が幕開けな感じですよね?

しかも緋の病が絡んでるから長くなるそうな予感…

楽しみだけど、もどかしい日々になりそうですw

次回掲載号の発売日は?

次回も掲載されますね

9号の発売日は2021年4月5日(月)です

ハクが牢にいる限り、なかなかハクのターンが来ない…涙

楽しみに待ちましょう 

更新しました⇩

www.chimausa.com

暁のヨナ』を無料で読むなら?

マンガParkがオススメ!

暁のヨナ』を1巻から無料で読むことが出来ます

他にも同作者様の『NGライフ』『夢幻スパイラル』『よいこの心得』も最終巻まで無料!!

お見逃しなく!!

インストール無料!白泉社の大人気少女漫画が読み放題!!

使い方がわからない方はこちら⇩

www.chimausa.com

オススメ記事

www.chimausa.com

www.chimausa.com

以上、ちまうさでした

最後までお読み頂きありがとうございました