ちまうさのブログ

少女漫画や宝塚の感想やランキングを独断と偏見でお届けします

サクラ、サク。 第2話(1巻収録予定)ネタバレ感想 最新話

2021年3月13日発売の別冊マーガレット4月号掲載「サクラ、サク。」第2話のあらすじと感想をネタバレ有りでご紹介しようと思います

前回のあらすじ

咲は電車内で具合が悪くなってしまった所を助けてくれた『桜亮介』という人物を探している

それはぶっきらぼうだけど優しいクラスメイトの桜陽希のお兄さんであることが判明

粘った末、何とか連絡してもらえることになって…?!

www.chimausa.com

サクラ、サク。 bloom.2

神様判明

『桜亮介』

それが咲の神様の名前

もらった連絡先は繋がらず、感謝の気持ちだけが育っていく

中3の秋、塾の友達が亮介の名前を知っていて、連れて行ってくれた高校の文化祭

ついにその顔を知る

「じゃあ咲は亮介さんに会ったことはあるんだね」

遠くで見ただけで、結局話しかけられずに帰ってきたのだと琴乃に話す

家を調べるのもマナー違反だし、次の文化祭まで待つか感謝を伝えるのを諦めるしかないと思っていた

「そしたら同じ高校に弟の陽希がいたと」

「うん、最初めっちゃあしらわれたけど」

やっと亮介にコンタクトを取ってもらえることになり、ドキドキが収まらない咲

今は亮介がテスト期間中だからと待ってほしいと言われたのが2週間前

「そろそろどうなったかもう一度聞いてみてもいいね。行こっ」

琴乃は咲の手を引いて走り出す

難航する橋渡し

「そう言えば咲の手紙ってどうなったん?」

美斗士と喋りながら廊下を歩く陽希

「ん?…うーん」

はっきりしない様子に、橋渡しが難航していると察する美斗士

「会って話してみれば、藤ヶ谷がただのミーハーじゃないって分かると思うんだけど」

「陽希の兄ちゃんってどんな人なの?」

「はっきり物事言う方だから冷たいって誤解されがちな人って感じ。けどそれは逆に亮介なりの優しさなんだって思ってるけどね」

そこに琴乃と咲が現れる

手紙のことを聞くと、やはりあまりパッとしない返事

「そ…そっかー。亮介さんテスト前って言ってたもんね」

「これ以上の緊張状態が続いたら、咲の身がもたないよ」

「…ごめん」

謝る陽希を見かねた美斗士が「兄貴がなんか渋ってんだってさ」と本当のことを話す

ショックを受けた顔をする咲を見て、陽希はじっとりと美斗士を睨む

「だって陽希が何もしてないみたいに思われるのもなんか違うじゃん」

「俺が藤ヶ谷の事悪いやつじゃないっていうか、むしろ良いやつだって説明が足りないだけなんだって」

陽希に『いい奴』と思われていると知り、嬉しくなる咲

「だから悪いけどもうちょい待ってて」

「や……そんな!全然大丈夫、ありがとう」

そんなやり取りを見て、優しいと3人にからかわれて逃げていく陽希

その様子を遠くで見ていた琴乃の彼氏

琴乃が近くに走り寄っていくと、自分以外の男とあまり仲良くしてほしくないと文句を言っているのが咲達にも聞こえてしまう

「束縛きつくて大変そうだなあれは」

「うーん」

美斗士と同意見ながらも、ペンダントトップが見つかったときの琴乃の顔を思い出すと、そう簡単に切り捨てられないと感じる咲

「いい奴だと思ったから」

次の日

「藤ヶ谷!亮介が会ってもいいって」

ようやく亮介の了解が取れたと、朝1番で聞いた咲

「えっ!ほんと?!」

驚きつつ真っ赤になる咲

「…藤ヶ谷、今日手紙持って来てる?」

「大丈夫!毎日持ってきてる!しかもちょうどきのう書き直したとこ」

「書き直し?なんで?」

「だってなるべく最新の気持ち込めたいから!」

だから定期的に書き直しているという咲に驚く

とうとう会えるという緊張ですでに腰が抜けてしまう咲は、琴乃に一緒に来てほしいと頼むが、彼氏と約束があったらしく、彼の了承が取れなかった

「ダメだって。彼との約束が先だから優先させろって」

残念だけど仕方ないと笑う咲だが「器のちっせー男。そんな奴やめとけば?」と話を聞いていた陽希が言う

「ちょっと!部外者が口出すことじゃないし、それにそれだけ琴乃が好きってことでしょ?」

「でも萩原は所有物じゃないじゃん」

「そりゃもしそんな風に思ってるなら私も怒るよ」

「えへへ。なんかふたりに大事にされてるみたいで嬉しい。ありがとね」

琴乃は陽希がついて行ってあげられないのかと聞くと「子供じゃないんだから」とバッサリ

緊張で胃が痛くなりながら校門を出ると、そこには「待ち合わせ場所まで迷わず行けないと俺の努力も意味なくなるから」と咲を待っててくれた陽希

「うん、ありがとう」

やっぱり優しいと微笑む咲

そのまま亮介のバイト先近くまできた2人だが、咲が極度の緊張で足が震え動けなくなってしまう

遠目に兄を見つけた陽希は、咲の様子を見ながら落ち着くように話しかける

「そんなに怖いもんなんだな」

今まで自分に手紙を渡してきた女子の気持ちがわかると言い、でもここまで漕ぎ着けたのは咲だけだと優しく頭を撫でる

「あともうひと頑張りだろ?」

足の震えが止まり、なぜ自分に会わせてくれる気になったのかと聞いてみる

「俺が藤ヶ谷をいい奴だと思ったからだよ」

陽希に満面の笑みで言われ、恋をしている時みたいにドキドキする咲

「じゃ行ってきな」

「うん、行ってくるね。ありがとう」

陽希がついてきてくれて良かった

そう思いながら、亮介のもとへ走っていく

「あの…亮介さんっ」

ずっと会いたかった神様に感謝の伝えたい

会わせてくれた陽希のためにも…

感想

おー!ついにご対面!

ってか去年の文化祭で顔は知ってたんだね

めっちゃモテるイケメンらしいけど、咲は恋愛感情抜きで、ただ感謝の気持ちを伝えたいだけなんだよね?

それをちゃんと陽希は亮介に伝えてあるのかなー?

変にイジワルなこと言われないといいなぁ

あと琴乃の彼氏、ヤバイやつきたこれw

「萩原は所有物じゃない」っていう陽希の言葉にキュンときたのは私だけ?

琴乃も同じ風に思ったとしたら…荒れる展開になったりしますかね?!

まぁでも今はともかく亮介だね

どんな兄貴なのかワクワクー

次回掲載号の発売日は?

次号も掲載されますね!

別冊マーガレット5月号は2021年4月13日(火)発売です

ついに亮介とご対面!

楽しみに待ちましょう

別マ掲載のマンガを無料で読むなら?

マンガMeeがオススメ!

「ふつうな僕らの」「君がトクベツ」「恋を知らない僕たちは」など、人気連載中の漫画を1巻から無料で読むことが出来ます!!

さらに同じ作者様の書いた「ストロボ・エッジ」も「アオハライド」も「思い、思われ、ふり、ふられ」も1巻からラストまで読めます!!

私は断然「ストロボ・エッジ」の蓮くんがすきです!!!

お見逃しなく!

インストール無料・大人気少女漫画が読み放題

オススメ記事⇩

www.chimausa.com

www.chimausa.com

以上ちまうさでした

最後までお読み頂きありがとうございました