ちまうさのブログ

少女漫画や宝塚の感想やランキングを独断と偏見でお届けします

【新連載】サクラ、サク。 第1話(1巻収録予定)ネタバレ感想 最新話

2021年2月13日発売の別冊マーガレット3月号で始まった新連載「サクラ、サク。」第1話のあらすじと感想をネタバレ有りでご紹介しようと思います

プロローグはこちら

www.chimausa.com

サクラ、サク。 bloom.1

『いい子ぶりっこ』という肩書き

高校の入学式

咲は先日自分を助けてくれた『桜 亮介』という人物を探し当てる

それは同じクラスの桜くんのお兄さん

早速手紙を書いて「お兄さんの亮介さんに渡してもらえませんか?!」とお願いするも「やだ」と一刀両断されてしまう

しかし電話も繋がらず、名前しか手がかりがない中で見つけた『亮介さん』を諦めきれず、咲は1日中ジュースを貢いだり何度も声を掛けてお願いし続ける

「ここまでしつこい人初めて会った。亮介の何がそんなに好きなの?」

「えっ?それは」

電車での出来事を話そうとする咲だが、近くに困っていそうな人を見つけ、話の途中だがそちらに走っていってしまう

さらに道案内を桜くんに手助けさせてしまい、「自分の手に負えないことすんなよ」と呆れられてしまう

「だって困ってる人がいたら放っておけないし」

「うわ、でたよ。いい子ぶりっこめ」

「え、いい子ぶりっこ?」

その言葉に嬉しそうにする咲をヘンな人認定して、さっさとその場を去る桜くん

追いかけたもののまかれてしまう咲だが、少し先で不良に絡まれている桜くんを見つける

後ろから不良に思いっきり体当たりをし、桜くんを引っ張って逃げようとする咲

しかしその不良はなんと桜くんの心優しい幼なじみの大翔(だいと)だった

優しい桜くん

場所を変えて改めて謝る咲をちらりと見て「コンビニでトイレ借りてくる」と桜くんは行ってしまう

そこで大翔から、今はいかついけど自分は昔弱々しい見かけで、いつも桜くんに助けられていた話をしてくれる

「陽(はる)くんはほんと優しくていい奴なんだ」

「それにしては私からの手紙お兄さんに渡してくれないよ?」

「えー?未だにそんな事頼まれてるのか陽くんはー。昔っからそんな事ばっか頼まれてかわいそう」

大翔に、みんな『それ位』っていうけど、同じこと頼む人達がひっきりなしに来たらどう思うか考えて欲しいと言われ、その通りだと反省する咲

「何が言いたいかっていうと、とにかく陽くんはめっちゃいい奴ってこと!」

「それ過大評価だから」

コンビニから帰ってきた桜くんが居たたまれなさそうに言う

大翔は塾へ行き、2人きり

桜くんからぽいっと箱を渡される

「さっきトイレ行ったついでに買った。やるよ、それ」

絆創膏の箱を見て、さっき大翔に体当たりしたときに転んで擦りむいた膝から血が出ていることに気付く

桜くんの優しさに触れ、もう少し自分で頑張ろうと決意する咲は、次の日から桜くんにつきまとうことをやめた

とはいうものの、どうやって亮介さんにコンタクトをとったらいいのか思いつかない

『亮介さん』への扉が開く

放課後、校門近くでうずくまっている女子生徒を見つけて声を掛ける

「どうかしましたか?」

同じクラスの荻原さんは、彼氏からもらったネックレスを落としてしまったと泣きそうになりながら探していた

「一緒に探す」

「ありがとう」

2人で色んな所を探すが見つからず、通りがかった桜くんも巻き込んで大捜索

そこで下校中の人混みの中に落ちていたペンダントトップを見つけるが、気付かない生徒に蹴られて側溝へ転がっていってしまう

慌てて走り手で抑えたものの、気付かない男子生徒に咲の手ごと踏まれそうになったところを、後ろから抱きかかえるように桜くんが助けてくれる

「いい子ぶりっこもここまでくると尊敬するわ。ってこれ皮肉な」

そうは言っても、なんだかんだ桜くんは優しい

「ありがとう、桜くん!」

そこに慌てて荻原さんが走り寄ってくる

「はいこれ、見つかってよかったね」

「ありがとう、ふたりとも。ほんっとにありがとう」

泣いて喜んでくれる荻原さんを見て、あの日の自分を思い出す咲

「桜くん、前私に亮介さんの何がそんなに好きなのかって聞いたよね?」

電車での出来事を話し、だから自分も困っている人を見つけたら助けると決めたと言う

だからいい子ぶりっこと言われるのが嬉しいとも

「…なんで?」

「だってそれって、私が困ってる人は放っておかない私になったから言われるって事でしょ?」

あの日がなければ、その肩書きさえなかった自分

だからこそ亮介さんに感謝している咲

でも、もう桜くんに手紙を頼むことはしないと宣言する

「亮介のことはもう諦めたの?」

「ううん!でも自分でどうにかできないか、もうちょっと努力してみようかなーって」

「…ふーん」

そこまで黙って聞いていたさっきの男子生徒(ネックレスを踏みそうだった人)が「手紙くらい渡してやりゃいいじゃん」と口を挟む

彼は同じクラスの佐野くん

4人とも同じクラスで自己紹介がてら下の名前で呼び合おうと荻原さんは琴乃だと聞き、自分は咲だと話す

「咲と桜もまぎらわしいな」と佐野くんと話していると「いいよ」と何か思いつめた顔で桜くんが言い放つ

「ん?なにが?」

「亮介と連絡取れるようにしてやる」

「えっ」

「だから手紙は自分で渡しな」

念願だった亮介さんへの扉が、突然開かれた

感想

咲坂伊緒ワールド全開!!

って感じがします、今回の主人公もww

基本いい子でぽやんとしてて、グラグラだけどちゃんと芯が通ってる感じ

あまり目立たず『その他大勢』だった咲は、『いい子ぶりっこ』という肩書きすら嬉しいって…w

なかなかパンチのある設定ですが、私も『やらない善よりやる偽善』派なので気持ちはわかります

これから琴乃ちゃんとか佐野くんも絡んで楽しくなってくる感じかなー?

亮介さんがどんなお兄ちゃんなのかも気になるし、そもそもなんでメモの電話番号は繋がらなかったんだろう?

ほんとに亮介さんが助けてくれた…?

実は桜くんだった的なことはないかしら…?

それだと電話番号の謎は解決しないけど…テキトー書いたとか?

1話早々先が気になります!

今回1番の萌え所は、トイレ行くって言ってコンビニで絆創膏買ってきてくれた桜くん!

これ絶対トイレが口実だよね?!

あと高校生男子がいくら幼なじみとはいえ『ちゃん』付けで呼び合ってんのも萌えた…ww

次回掲載号の発売日は?

次号も掲載されますね!

別冊マーガレット4月号は2021年3月13日(土)発売です

ついに亮介さんとご対面出来るのかな?

楽しみに待ちましょう

更新しました⇩

www.chimausa.com

別マ掲載のマンガを無料で読むなら?

マンガMeeがオススメ!

「ふつうな僕らの」「君がトクベツ」「恋を知らない僕たちは」など、人気連載中の漫画を1巻から無料で読むことが出来ます!!

さらに同じ作者様の書いた「ストロボ・エッジ」も「アオハライド」も「思い、思われ、ふり、ふられ」も1巻からラストまで読めます!!

私は断然「ストロボ・エッジ」の蓮くんがすきです!!!

お見逃しなく!

インストール無料・大人気少女漫画が読み放題

オススメ記事⇩

www.chimausa.com

www.chimausa.com

以上ちまうさでした

最後までお読み頂きありがとうございました