ちまうさのブログ

少女漫画や宝塚の感想やランキングを独断と偏見でお届けします

ふたりで恋をする理由 39話(7巻収録予定)ネタバレ感想 最新話

2021年1月4日発売のマーガレット3.4合併号掲載「ふたりで恋をする理由」39話のあらすじと感想をご紹介していきたいと思います

コミックス最新刊は5巻です

前回までのあらすじ

クリスマス会で美園に抱き締められ頭が真っ白な中、オビに『本当のデート』に誘われたうらら

デート当日、混雑する遊園地で人混みに流されかけたうららの手をオビが引っ張って…?!

www.chimausa.com

ふたりで恋をする理由 reason 39

遊園地で『本当のデート』

「人混み抜けたからもう大丈夫かな。手、ごめんね」

「う、ううん…」

繋いだ手はあっさりと離される

どこから回ろうかと相談していると「安堂さんが乗りたいやつに乗りたい」と言ってくれたので、せっかくだからと絶叫系に乗ることに

てっぺんに着く頃に「オビ君は絶叫系好き?」と聞くと、真っ青な顔で「無理」と一言

落ちていくジェットコースターに声も出ないオビ

「はい、お水」

ペットボトルを渡しながら「絶叫系が苦手なら言ってくれればよかったのに」と言ううららに、「言えるわけないじゃん…」とへこむオビ

「安堂さんが乗りたいやつ乗りたいとかカッコつけといて。やばい、恥ずかしい、死にたい」

そんなオビの様子に「苦手なものあったんだ」と親近感が沸くうらら

「まぁ俺も人間なんで。ホラーとかダメだし」

「そうなんだ!じゃあこの後お化け屋敷行く?」

「ちょっと、俺で遊んでない?」

クスクス笑ううららに見惚れるオビは、次はどこに行こうかと立ち上がる

「え?もう平気なの?」

「安堂さんの笑ってる顔みたら元気になった。いこう」

告白

お土産屋さんではカチューシャやサングラスを付けてみて大はしゃぎして、コーヒーカップに乗ったり、遊園地グルメを満喫したりと楽しむふたり

夜にはパレードも見て、嬉しそうにしているうららの横顔を見て満足気に微笑むオビ

「最後花火上がるんだって。それ見てから帰ろう」

噴水の縁に座って話すオビとうらら

「今日楽しかった?」

「うん!楽しかったよ!」

「付き合ったらこんな感じかなって想像ついた?」

「え」

オビが『本当のデート』と言ったのは、友達としてではなくそういうところを意識してほしかったからだという

「そ、想像ついたのかな…どうなんだろう。誰かと付き合ったことないから、その辺正しくわかったかどうか…」

戸惑ううららに、今まで彼氏がいたことがないことに驚いた表情のオビ

「嘘でしょ?!」

「本当だよ!どうせ私は片思いしか経験ないですよ。ひとりでする恋しかしたことないもん…」

「…でも、それじゃ俺が最初に見つけたって思ってもいいの」

「え?」

「俺」

オビが話しかけた瞬間、ドンと大きな音を立てて花火が上がる

つい花火に目を取られ見惚れているうららの頬を掴み、自分にぐるんと向かせるオビ

「え…お…オビくん…?」

「安堂さん、好きだよ。安堂さんが初めてふたりで恋する相手は俺がいい。俺と付き合ってほしい」

感想

遊園地デート回

完全なるオビくんターンでしたね!

イケメンなのに絶叫系苦手とかギャップに惚れる…いや嘘。絶叫系は乗れて欲しい派w

そして、いよいよちゃんと告白しましたね

オビくんはわりとストレートだからわかりやすかったけど…これに対してうららはどんな答えを出すのか?!

まだクリスマスに抱きしめてきた美園くんの真意も聞けてないしね!

きっとうららはそっちも気になってるはずですしね

ところで、愛慈先輩は完全に過去の人ってことでいいんですかねw

もう出てこないのかな

まぁいいんだけど、あんな思わせぶりな人はどうでもw

美園くん推しな私としては、今回のオビくんターンがかなり良かったので、次は美園くんターンがくるといいなぁと思っていますが…まだオビくん続くかな?

どうなるか楽しみ!

次回掲載号の発売日は?

オビ君とのデートはどんな展開に?!

5号は2021年2月5日(金)発売です

また1ヶ月空きますが楽しみに待ちましょう

『ふたりで恋をする理由』を無料で読むなら?

マンガMeeがオススメ!

無料で『ふたりで恋をする理由』を1巻から堪能出来ます

同じ作者様・先生の『瞬間グラデーション』も掲載!

こっちの御徒町くんもカッコいいんですよねー!!

お見逃し無く!!

インストール無料・大人気少女漫画が読み放題

使い方がわからない方はこちらの記事をどうぞ⇩

www.chimausa.com

おすすめ記事⇩

www.chimausa.com

www.chimausa.com

以上ちまうさでした

最後までお読み頂きありがとうございました