ちまうさのブログ

少女漫画や宝塚の感想やランキングを独断と偏見でお届けします

キスで起こして。8話(2巻収録予定)ネタバレ感想

2020年12月1日発売りぼん1月号掲載の「キスで起こして。」8話のあらすじと感想をネタバレありでご紹介していこうと思います

コミックス最新刊は1巻です

前回までのあらすじ

謎解きゲームでののや住屋など新しい友達も出来た絵南

冬眞も少しクラスに馴染んだようでほっとする

そこでより積極的になることを決意した絵南は…?!

www.chimausa.com

キスで起こして。DESTINY.8

臨海学校への心構え

仕事の撮影の影響でたくさん買うという蛍の家で、臨海学校に持っていく水着を選んでいる絵南とのの

オシャレな部屋でさすがモデルだと感心していると、1枚の写真が目にとまる

小学生の頃の蛍と冬眞、そして日翔と3人の母親たち

冬眞を産んだ母親を見ていると「そんなにキュンときた?ショタ冬眞♡」と蛍にからかわれる

ののは絵南の気持ちに気付いておらず驚くが、応援すると言ってくれる

「やっぱ臨海学校は水着頑張るしかないでしょー。ただの姉じゃないぞって冬眞にアピールするチャンスだし!」

蛍に言われ納得する絵南

ふたりきりになりたくて…

移動のバスではしゃぐ住屋を嗜める冬眞を見てクラスのみんなとなかよくしているのを嬉しく感じる一方、学校で冬眞と一緒にいる時間が減っていることに絵南は危機感を募らせていた

家でふたりきりになることもないので、行動しなくてはただ同じクラスにいる姉というだけになってしまう

水族館でシャチのショーを見る絵南達は、濡れても良いようにぽんちょをかぶり前の方に座っている

しかし冬眞は制服姿のまま最後列の柵に凭れて立っているだけ

せっかく同じ班なのに近くにいられないのを不満におもっていると、おもいっきり水しぶきをあげたシャチに頭から濡らされてしまう

水の勢いでポンチョのフードがとれてしまい、絵南だけびしょびしょで制服の中の下着が透けてしまっていた

それに気付いた冬眞は自分の制服のシャツを絵南に着せると「先行ってて。ちょっと着替えさせてくるから」と絵南を連れ出してくれる

「着替えるって、私替えの服なんて持ってないし」

「そのシャツ着とけ。そのままよりマシだろ」

その言葉に甘えて濡れたセーラー服からダボダボの冬眞のシャツに着替えた絵南

さっきまで冬眞が着ていた服だと思うとちょっと恥ずかしく感じる

スマホで連絡を取っていた冬眞がみんなと合流しようとするのを、希咲にお土産を買おうと行って引き止める

そこで1等が大きなシャチのぬいぐるみだというクジを引いてみると、まさかの1等

「マジで当てるとは…」

「すごいすごいめっちゃかわいいっ!写真撮って冬眞、希咲ちゃんに送ろ!」

はしゃぎつつ妹の名前を出す絵南に、冬眞は希咲を気にかけてくれる絵南に感謝を伝える

「希咲もすごく懐いてる。絵南と希咲が仲良くて嬉しいよ。ありがとな」

すごく嬉しいことを言ってもらえたはずなのに、心がもやもやしてしまう絵南

「じゃ皆の所行こうか!待たせちゃってるよね!」

なんとかいつも通りを装い、蛍たちに合流することに

下心ゆえにモヤモヤ

ホテルに帰っても、先程のことが頭から離れない絵南

希咲にお土産を買いたかったのは事実でも、冬眞ともっとふたりきりでいたいという下心の方が大きかったという罪悪感でいっぱいだった

自分の気持ちを隠して冬眞を騙しているような気さえする

蛍にお風呂に行こうと誘われ、気を取り直して準備しようとすると、なぜかカバンの中から男性物の水着が

多分冬眞のもので、荷物が入れ違いになってしまったのだと考えてハッとする

一方冬眞も部屋でカバンから女性物のビキニが出てきて固まってしまう

部屋のチャイムがけたたましく鳴り「冬眞いる?!とりあえず何も言わずに今すぐカバンの中身見せて!!」と絵南が乗り込んできた

「水着のことか?ホラこれ」

「見たの?!」

真っ赤になる絵南に、同じ部屋の男子がついでに遊んでいけばと声をかける

それを制して部屋から出す冬眞

スマホに連絡くれればよかったのに。見張りの先生いなかったのか?」

「ちょうどいなくて…。じゃ…私戻るね」

「待て」

踵を返す絵南の腕を掴む冬眞

「なんか変じゃない?昼間から」

「別に」

ごまかそうと口を開いた絵南の耳に「女子階に男子が?」という先生の声が聞こえた

冬眞は慌てた絵南をつれて近くのランドリールームに隠れる

その距離の近さに赤くなる絵南だが「それで?」と冬眞は先程の話の続きを促してくる

「この状況で話の続き?!」

「気になることそのままにしときたくないんだよ」

「…言えないよ。言ったら冬眞は軽蔑するもん」

「上等。軽蔑させてみろよ」

感想

過保護で思わせぶりだった冬眞と少し距離が出来てしまって寂しい絵南

希咲へのお土産をダシにして冬眞とふたりきりの時間を引き伸ばしてしまった罪悪感が切ない…

それを正直に冬眞にぶつけるのかな?

初対面で「俺を好きになるな」的なことを言ってた割にめっちゃ構ってきてたけど、あの言葉はまだ有効なんでしょうか…w

あと気になるのは蛍の気持ち

家で絵南とののと話していた時は、意味深な顔も見せなかったけど…

絶対好き、もしくは好きだったっていう展開が待ってそうで怖いよーーー

臨海学校編はまだ結構続くのかな?

次回予告のところには『日翔に振り回される2人。冬眞に異変が?』ってありました

…冬眞に異変?何事?!

今後の展開も楽しみです

次回掲載号の発売日は?

次回掲載は2月号

臨海学校編の続きですね

絵南は冬眞に本心を言えるのか…?!

2月号は2020年12月28日(月)発売予定です

楽しみに待ちましょう

更新しました⇩

www.chimausa.com

はるなな先生のマンガを無料で読むなら?

マンガMeeというアプリがオススメ!

はるなな先生の「つばさとホタル」「6月のラブレター」「スターダスト★ウインク」が無料で最終話まで読めちゃいます!

お見逃し無く!!

インストール無料・大人気少女漫画が読み放題

使い方がわからない方はこちらの記事をどうぞ⇩

www.chimausa.com

オススメ記事⇩

www.chimausa.com

www.chimausa.com

以上ちまうさでした

最後までお読み頂きありがとうございました