ちまうさのブログ

少女漫画や宝塚の感想やランキングを独断と偏見でお届けします

暁のヨナ 199話【南戎の要人】(34巻収録予定)ネタバレ感想 最新話

2020年11月5日発売の花とゆめ23号掲載「暁のヨナ」199話のあらすじと感想をご紹介していきたいと思います

コミックス最新刊は33巻

前回までのあらすじ

緋の病による頭痛で具合の悪いスウォンの代わりに、王家の人間として南戎との会談の場に姿を表したヨナ

旅で知った南戎の暗躍をほのめかし牽制して…?!

www.chimausa.com

暁のヨナ 199話【南戎の要人】

南戎との会談

戎帝国は高華国に接する広大な領地を誇る大国で現在は北と南に分かれ、スウォンが即位してから南戎と高華国は度々衝突を繰り返していた

ヨナは会談の席で、地の部族との戦は南戎に非があると言及

軟禁されていた時間で、過去に定められた難解な規範を読み込んでいたことに、ケイシュクは驚きを持ってヨナを見つめた

分が悪くなった南戎の使者が四龍を人間兵器だと話題に出すと、ケイシュクがすかさず「高華国の王が所有する勝利の象徴」だと話に割って入る

戎帝国の湖にまつわる伝説をこじつけ、四龍の所有権を主張してきた南戎の使者に対し、皮肉のような冗談で話題を終わらせたヨナ

他国と渡り合う貫禄を見せつけられたケイシュクが動揺していると、ヨナは南戎の使者の1人が具合が悪そうにしていることに気が付く

「大丈夫ですか?」

テーブルを回り彼の側に行くと、席をはずそうと立ち上がりかけた使者・ランタンは我慢しきれずヨナの着物に吐瀉してしまう

それに動揺することなく南戎の使者に部屋を用意すると告げると、会談の続きはまた後日との決断を下した

ケイシュクの思い

気分を悪くしたランタンの部屋を訪れたヨナ

薬で少し落ち着いた彼は、年上の高官ばかりの使者団で緊張していたと話し、ヨナの着物を汚したことを怒られるかと思ったとこぼす

「正直な人ね」

そう笑うと、あなたのような姫君は初めてですと、俯き気味で呟くランタン

「今の南戎の皇族や貴族は…腐敗しています」

忠義を忘れ圧政で民を虐げる

そんな話をなぜ自分にするのかとヨナが問うと、自国では自由な発言が許されていない

ヨナなら自分の話に心を傾けてくれるような気がしたと苦しげに語るランタンに「私に出来ることは少ないかもしれないけれど、貴方の話、覚えておくわ」と真剣な瞳で告げる

ランタンの部屋を出ると、ヨナを見つめるケイシュクの視線に気付く

「何?私の対応に何か問題でも?」

「…会談の貴女には何も問題ありませんでしたよ」

強いて言えば、四龍の話題をヨナが聞き流したことに驚いたと言われる

「…あの場で貴方と争ってどうするの。別に私を怒らせたくて発言したわけじゃないでしょ。それに四龍はハクと同様思い通りになんかならない」

「貴女を人質にすれば可能ですよ」

ケイシュクならやりかねないと思う一方、ヨンヒの手記を読んでからは、わからなかったケイシュクの考えが見えてきた気がした

ケイシュクもユホンという大切な人を亡くして、スウォンを守りたいだけ

「…スウォンはこれからどうするの?」

「その件について貴女とお話することはありませんよ」

ヨナに背を向け、スウォンを思うケイシュク

このまま病が治らなければ、次期王は…

頭に浮かんだ考えを振り払い、ユホンの意志を告げるのはスウォンしかいないと考え直す

そのためにはなんとしてでも病を治す方法をみつけなくてはならない

ランタンの死

次の日の朝、南戎の使者たちがランタンの部屋を訪れるとベッドで変わり果てた姿になっていた

「亡くなった?!ランタン殿が…?!」

驚くヨナに、ジュドはさらに死因は毒殺だと話す

「南戎の使者たちは、皆口々にヨナ姫がランタン殿に毒を盛ったと騒いでいます」

介抱するふりをして毒を盛ったに違いない

これは南戎に対する宣戦布告である

そう騒ぐ使者たちに、最初からこれが目的だったのかと悟るケイシュク

恐らく遅効性の毒を城に入る前にランタンは飲まされており、使者団は元から開戦が目的で高華国に入ってきた

高華国の卑劣な行いにより正義の為に戦うのだと大義名分を手に入れるために

皇族に批判的なランタンも消せて一石二鳥という算段だったのだろうと話す

ヨナがランタンの死を悔い悼む間にも、城にはヨナが南戎の使者を毒殺したという噂がまことしやかに広がった

それはユンやジェハ、ハクの耳にも届いていた… 

感想

なんて卑怯な国なんだ南戎…!!

ヨナに優しくされ、ちょっと惚れちゃったかなみたいな微笑ましいやり取りがあって和んでいたら…

まさか翌日に亡くなってしまうとは(泣

これは戦待ったなし?!

こういうの、スウォンは許さず叩き潰して南戎を高華国の領地にしちゃいそうなんだけど…

でもヨナは戦なんて絶対したくないだろうし…

どうなるんだろう?

もうそろそろクライマックスに近付いているのかな?

そして…何より…

やっとハクがきたよーーーーー!!!

いいの

最後の1ページにちょこっとでも良いの!!

だって次絶対出てくるよね

ヨナが使者を暗殺しただなんて噂をほっとくわけないもんね!

四龍と一緒にヨナを救い出してくれるよね!!

次回とっても楽しみです

次回掲載号の発売日は?

楽しみと思ってたら…

次号休載だったーーーーー(涙

でもしょうがない

満を持しての連載200話目なんですよね

表紙もヨナみたいだし、おとなしく1ヶ月待ちますw

2021年1号の発売日は2020年12月4日(金)です

楽しみに待ちましょう

オススメ記事

www.chimausa.com

www.chimausa.com

以上、ちまうさでした

最後までお読み頂きありがとうございました