ちまうさのブログ

少女漫画や宝塚の感想やランキングを独断と偏見でお届けします

キスで起こして。7話(2巻収録予定)ネタバレ感想 最新話

2020年11月2日発売りぼん12月号掲載の「キスで起こして。」7話のあらすじと感想をネタバレありでご紹介していこうと思います

コミックス最新刊は1巻です

前回までのあらすじ

クラスの交流会になぜか参加してきた冬眞

チーム対抗謎解きで野々瀬ことののちゃんと仲良くなる絵南だが、ふいに接近してくる冬眞にドキドキ

そんな想いを日翔に見破られ「俺と付き合ってみる?」と提案されて…?!

www.chimausa.com

キスで起こして。DESTINY.7

蛍、合流

「だったら俺と付き合ってみる?」

そう提案する日翔に「すごーく仲良しな女友達はいっぱいいるけど、彼女は作らない派だよね?」と確認すると、「だから重く考えなくていいよ」とにこやかに肯定される

真面目すぎるからもっと遊んでみたほうがいいと、独自の恋愛論を語る日翔に何も言えないでいると「どう?じゃねぇよクズ野郎…」と後ろから日翔の首に細い手がかかる

日翔が悲鳴を上げながら振り返ると、そこには帽子とサングラスで人目を気にした蛍の姿

「絵南!日翔の発言なんてただのネタだから!まともに相手しなくていいんだよ!」

すると絵南は真っ赤になって「そっか、そうだよね!ごめんね、次はちゃんと返すから!」と恥ずかしがる

絶句する日翔に「こういう子なんだから、あんたの周りのお手軽女子と一緒にすんなよ」と釘をさす蛍

話題を変えてなぜここにいるのかと聞くと、クラスの集まりはダルイけど、絵南に自分以上に仲の良い子が出来たらなんかやだなと思って…と真っ赤になる蛍に嬉しくて名前を呼び抱きつく絵南

しかし蛍の名を呼んだことで、周りが『雑誌モデルの蛍』に気がついてしまいちょっとした騒動に

絵南は蛍を心配しつつも何も出来ないでいると、騒ぎに気付いた冬眞が人混みをかき分けて「悪いけどそれくらいにしてやって」と蛍を助け出す

しかし冬眞のルックスが火に油を注ぎ、蛍ちゃんの彼氏?!とさらに盛り上がる周囲

結局走って逃げることにした絵南達だった

「ここまで来たらもう大丈夫かな…っ」

巻き添えにして悪かったと謝る蛍に、楽しいハプニングだったと笑うクラスメイト達

「…じゃ、私帰るわ」

「え?!」

驚いて引き止める絵南に、自分は最初の方いなかったからと告げる蛍

「いたじゃん。遠くからこっそり見てたじゃん、最初から」

「え?!そうだったの?!」

「ちょ、気付いてたなら言ってよ!!」

「気付かれてないつもりなんだろうなと思って」

「だったら最後まで言わないでよ!!」

そんな蛍と冬眞のやり取りに笑って、一緒に最後まで回ろうと絵南が誘いチームに入る蛍

謎解きが再開され、楽しそうに笑う絵南をそっと盗み見て、冬眞は満足そうな微笑みを浮かべた

日翔と蛍

「楽しかったね、謎解き!」

打ち上げ会場でドリンク片手にクラスメイトと話す絵南

冬眞とほんとに仲が良いんだねと話を振られ、姉弟だからと言葉を濁すと、塩対応で有名な冬眞を過保護にさせるってすごいと言われ、昼間のジュースの件を持ち出される

「…私、今まで1人っこだったからよく分からないんだけど。普通の姉弟ってあんな風には…」

「「「しないよ!」」」

その場にいた何人かに揃って言われ、つい冬眞に視線を向ける絵南

それから打ち上げも解散になり、絵南と冬眞はみんなに手を降って改札へ向かう

そんな2人を笑顔で見送った蛍は「もういいよ、日翔のバカ!」と声の聞こえた方を振り返り、冷たい視線を送る

「本当今日は来て良かったわ。日翔の毒牙から絵南を守れたし」

「そんな事言ってー。むしろ蛍は安心するんじゃないの?俺と絵南ちゃんが付き合ったらさ」

「…いつの話してんの?くだらな」

蛍は日翔を睨むと、振り返らずに帰っていった

冬眞が来た理由

絵南は冬眞と2人で電車に乗りながら今日あったことをぺらぺらと話していると、最初は聞いてくれていた冬眞が隣で大きなあくびをして「駅着いたら起こして」と寝てしまう

寝顔を見ながら、今日もずっと冬眞のことを考えていたと思い返す絵南

本当は自分も眠いけど、目を閉じるよりももう少し見つめていたい

とっくに引き返せないところまで気持ちが育ってしまっていると自覚する

家に着き、素直にお礼を伝える絵南

「今日さ、冬眞が来てくれて嬉しかったよ。ありがとね」

「急に素直じゃん」

「私はいつも素直でかわいいお姉様でしょうが。まぁ、弟くんの寝顔には敵わないけどね」

そう言ってから、電車で盗み撮りした冬眞の寝顔の写真をスマホで見せる

げんなりする冬眞をからかうように続ける絵南

「いつもは冷めてるくせに寝てる時はかわいいんだねー」

「かわいくねーわ、どこも」

そして、ずっと気になっていたことをもう1度聞いてみることに

「冬眞は今日、なんで来てくれたの?」

「またその質問かよ」

「だって気になるよ!行く気なかった人が急に来たからぁ!」

「さっき自分で言ってたじゃん」

冬眞は自分のスマホを出し、目の前の絵南をカシャと撮る

「え?」

今撮ったポカンとした表情の絵南の写真を向けながら言い放つ

「お姉さんがかわいい格好して出掛けてったからだよ」

驚いて赤くなる絵南に、先程の仕返しのようにからかう口調の冬眞

「お姉さんはダメ男ホイホイだから、悪い男に騙されないか心配で心配で…」

他撮りはブスになるから消してと迫る絵南に「お姉さんはいつでも綺麗ですよ」とのらりくらりと躱されてムカッとする絵南

「心配しなくても彼氏なんて当分出来ないから!!全部冬眞のせいでね!」

バタンと大きな音を立てて自室の扉を閉めた絵南

勢いで冬眞のせいと言ってしまったと気付くも、本当のことだしと開き直る

一方冬眞は、撮ったばかりの絵南の写真を見つめ、1人微笑むのだった

感想

後半の絵南と冬眞のやり取りも可愛くて萌えるんだけど…

今回気になるのはやっぱり蛍の存在ですよね!!

ファンの子に囲まれちゃってたのを颯爽と助ける冬眞

影からこっそり覗いてたのを最初から気付いていた冬眞

さらに日翔の「俺と絵南ちゃんが付き合ったら蛍は安心でしょ」的発言…

これ絶対蛍が冬眞を好きだったフラグじゃん!!

なんだろ、元カノ?

日翔的にはまだ蛍の気持ちは冬眞にあると確信してそうだし…

冬眞もなんだかんだ蛍のことよく見て理解してる感じするし…

やっぱ元カノ説が濃厚かなー

でもきっと絵南を想う気持ちも本当な感じするし、今後板挟みで辛い思いをするんじゃないかと考えると…

あー今から切ない!!w

次回掲載号の発売日は?

次回掲載は1月特大号

クラスメイトと少し距離が縮まった感じの絵南

次はどんなエピソードがあるのかな?

1月特大号は2020年12月1日(火)発売予定です

楽しみに待ちましょう

はるなな先生のマンガを無料で読むなら?

マンガMeeというアプリがオススメ!

はるなな先生の「つばさとホタル」「6月のラブレター」「スターダスト★ウインク」が無料で最終話まで読めちゃいます!

お見逃し無く!!

インストール無料・大人気少女漫画が読み放題

使い方がわからない方はこちらの記事をどうぞ⇩

www.chimausa.com

オススメ記事⇩

www.chimausa.com

www.chimausa.com

以上ちまうさでした

最後までお読み頂きありがとうございました