ちまうさのブログ

少女漫画や宝塚の感想やランキングを独断と偏見でお届けします

墜落JKと廃人教師 57話(10巻収録予定)ネタバレ感想

2020年10月20日発売、花とゆめ22号に掲載されている「墜落JKと廃人教師」57話のあらすじと感想をネタバレ有りでご紹介していきます

コミックス最新刊は8巻です

ミニカラー画集付き特装版はこちら⇩

前回までのあらすじ

衝動的に命を断つことを考え、近所の森へ行った仁

そこには幼い扇言がいて…?!

www.chimausa.com

墜落JKと廃人教師 Episode.57

命を断とうと入った森で少女に出会った仁

どうしたらいいかわからず「あっちまっすぐ歩いていけば出られるから」と指差すが、扇言と名乗る少女は動かない

このままほっとけないと思った仁は「俺…1人じゃ…寂しくてさ…」と演技か本音かわからない言葉で少女を誘い、森を出ることに

手を繋ぎ来た道を帰っていると、自分たち以外の人影を見つける

今度こそ幽霊かとぞっとする仁は、足早に扇言をつれて家路を急いだ

 

家についてもまだ先生は帰ってきていなかったが、ちょうど携帯に電話がかかってくる

「出るのが遅い!こっちは緊急事態だというのに」

 「え…緊急?」

 「いやそれがな。私の友人の子供がいなくなったらしくてな」

「えっ…」

「私も大切な教え子と連絡が取れなくなってな。心配で探したんだが、私の方は見つかったみたいでよかったよ」

照れたようなバツが悪いような顔をする仁

子供を探すのを手伝ってほしいという先生の言葉にハッとする

「ま待って、子供って…もしかしてみことって奴?」

「なんで知ってんだ?!」

「あ、いや…全然知らねー奴だけど…。う、うちに…つれて帰って来ちゃった…」

すぐに帰るという先生との電話を切り、改めて扇言を見る仁

おとなしく画用紙をクレヨンで塗りつぶしている

楽しそうには見えない少女に話しかけるも無視され続け、森の中から連れ出さなくても良かったんじゃないかと考える仁

しかしその表情を出さない顔を見て、こんな子供がたった1人あんな場所で平気なわけがないと思い直す

「怖かった…よな…」

そっと手を扇言の頭に乗せてなでる

引くように俯いた扇言に、こういうこと気持ち悪かったかなと後悔しかけた途端

「ふ、ふぇ、ふえぇ…」

うわーんと声をあげて泣き出す扇言

「まってまって泣くなよ、さっきまで全然真顔だったくせに?!」

慌てた仁とは裏腹に、扇言はしばらくの間少女らしく泣き続けた

 

「ただいま少年!そしてみこちゃん!みこちゃんは?!」

先生が帰ってくると、そこにはうたた寝する仁の腕の中でぐっすりと眠る扇言の姿

「…参ったな。こんなの起こせないじゃないか」

仁が目覚めるとすでに少女の姿はなく、何だったのかと先生に尋ねても「迷子だろ」と困ったように答えるだけ

しかしその数日後

家に帰ると2足の子供の靴

リビングに入り男の子の双子が座っていたのを見て、仁は森には少女以外にも人影を見たことを思い出した

感想

読んだ感じ、次回の前座のお話って感じですね

ラストにようやく扇言の兄たちが出てきたので、話がぐっと進む気がします

詞とか尾行の時の島袋さんのイメージ強いけどw

扇月は亡くなってるわけだし、結構シリアスな展開になりますよね?

どれだけ読み込んでもあんな小さな扇言が1人で(正確には兄もいたっぽいけど)森にいる経緯がまったく予想出来ない

でも扇言の親は凪先生のお友達なんだよね?

ってことは先生の親と違ってダメ親なわけじゃないんだよね…?!

情報が小出しにされるから処理が追いつかないw

あまり考えずに次回を楽しみに待つことにしますww

次回掲載号の発売日は?

次号も掲載されますね

しかも表紙!!

23号の発売日は2020年11月5日(木)です

楽しみに待ちましょう!

更新しました⇩

www.chimausa.com

おすすめ記事

www.chimausa.com

www.chimausa.com

以上ちまうさでした

最後までお読み頂きありがとうございました