ちまうさのブログ

少女漫画や宝塚の感想やランキングを独断と偏見でお届けします

ふたりで恋をする理由 36話(6巻収録予定)ネタバレ感想

2020年10月20日発売のマーガレット22号掲載「ふたりで恋をする理由」36話のあらすじと感想をご紹介していきたいと思います

コミックス最新刊は5巻です

前回までのあらすじ

前回のボーリングメンバーでクリスマス会をすることになったうらら達

オビと美園が買い出しに行ったのを迎えに行ったうららだが、2人は相変わらず険悪で…?!

www.chimausa.com

ふたりで恋をする理由 reason 36

クリスマス会スタート

「メリークリスマース!」

乾杯しクリスマス会が始まる中、オビと美園の間に座るうららは先程のエレベーターでの出来事がなんだったのかと困惑していた

『あんな思い二度とさせない』

自分のことを話していたのかと感じる一方、『その役は他の誰にも譲らない』という言葉の意味がわからない

隣の美園を見ていると、ふいに目があって慌ててしまう

「…?なに?」

「ひへ?」

思わず後ろにさがると、オビに寄りかかってしまう

「なに?どした?寄っかかりたい?」

「ごめんごめん、ちがうの」

「よろけただけだよ、調子乗んな」

美園はオビに寄っていたうららの腕を掴んで距離を取らせると、すぐに『お母さんモード』で甲斐甲斐しくうららに料理を取り分けてくれる

いつもどおりの美園の態度に、エレベーターでのことを意識しているのは自分だけだと恥ずかしくなるうららは、自分もいつもどおりにしていようと落ち着きを取り戻す

プレゼントはハチミツ

「プレゼント交換ターイム!」

斎藤さんのコールでプレゼント交換が始まった

最初にくじを引いた美園は、ラブリーなキャラクターのペンケースが当たり苦笑い

次にくじを引き当てたのはうららとオビ

たまたまお互いが買ってきたプレゼントが当たると「やだーなにそれ、ちょっと運命みたいじゃん」とひやかされることに

「運命みたいだって」

「えっ?」

「俺もそう思う」

こそっと囁くオビの言葉に戸惑ううらら

オビがプレゼントを開けると、ハチミツの瓶

「私ね、最近よくホットミルクに入れて飲むようになって…大好きなんだ!オススメ!」

嬉しそうにオビにプレゼントの説明をするうららの横顔を見る美園

ハチミツを入れて飲むホットミルクは、うららが愛慈にフラれた夜に美園が淹れたものだった

1日早い誕生日

クリスマス会も終盤

使い終わったお皿をうららが洗いにキッチンに来ると、流しの下の引き出しをごそごそと漁っている美園の姿

「美園くん?なにしてるの?」

「ロウソクを探してて…」

ローソク?」

ケーキを食べる時にロウソクが必要だろうと探していた美園だが、ケーキにロウソクを立てるのは誕生日でクリスマスには不要なのではとうららに言われて気付く

「た…確かに」

散らかってしまったのを2人で片付けながら、うららはふと気になり美園に誕生日を聞く

「美園くんてお誕生日いつなの?」

「…。あ、明日…」

一瞬間の空いた後、驚き絶叫するうらら

「ちょ、みんなに言わなきゃ!お祝いしなきゃ!」

「言わなくていい!言わなくていいから!」

「だからクリスマスケーキにロウソク立てると思ったのかぁ。なんかすごいね、お誕生日がクリスマスって」

「別になにもすごくないよ」

お祝いが苦手だと言う美園におうちの人は誕生日に帰ってこないのかと聞くと、母親は忙しい人だから帰ってくる年もあれば来ない年もあるという

「別にいいんだよ。もう子供じゃないんだし」

そう言う背中が寂しそうに見えたうららは、バースデーソングを歌うと人差し指を美園の前にずいっと差し出した

「これをロウソクだと思って!フーってして!」

驚く美園に「お祝いしなくていいなんて言わないでよ」と微笑むうらら

「私は美園くんが生まれてきてくれて嬉しい。一日はやいけど。美園くん、お誕生日おめでとう」

そう言ったものの少し照れくさくて「ほ、ほら早くフーってして!」と急かすが、美園はロウソクに見立てた指を吹くことなく、うららを座ったまま抱きしめる

一方、リビングではうららと美園の姿がないことにオビが気付いていた…

感想

うららの純粋なところってなんて罪なんだ…

そりゃ好きな女の子にこんな風に祝ってもらえたら嬉しいよね

指をロウソクに見立ててふーってしてって…可愛すぎか!!

そっか、美園くん1人暮らしですよね

両親は仕事で海外って言ってた(確か1巻で

もう子供じゃないと言っても1人は寂しいし、お祝いしてくれる人がいるって絶対嬉しいですもんね

あと気になったのが、うららがプレゼント交換に選んでいたのがハチミツだったときの美園くんの表情!!

オビと仲良くしてるのが切ない感じかと思いきや、ホットミルクにハチミツって!!

思わず5巻読み返しますよねw

愛慈先輩に告白した後ぼろぼろに泣いたうららを家に連れ帰ってくれた美園くんが出してくれたのが、ハチミツ入りのホットミルクだった!!

その時のこと思い出してたのかと思うと…美園くん!!

オビ君もぐいぐいきて推したくなるくらいイケメンだけど、やっぱ美園くんに頑張って欲しいと思ってしまう

抱きしめて…ここからどうなる?!

オビ君も2人がいないことに気付いたっぽいし…邪魔しにきちゃうのかな?!

気になる!!

次回掲載号の発売日は?

次号も掲載されますね

気持ちが溢れてうららを抱きしめてしまった美園くん

一体どうなる?!

23号は2020年11月5日(木)発売です

楽しみに待ちましょう

更新しました⇩

www.chimausa.com

『ふたりで恋をする理由』を無料で読むなら?

マンガMeeがオススメ!

無料で『ふたりで恋をする理由』を1巻から堪能出来ます

同じ作者様・先生の『瞬間グラデーション』も掲載!

こっちの御徒町くんもカッコいいんですよねー!!

お見逃し無く!!

インストール無料・大人気少女漫画が読み放題

使い方がわからない方はこちらの記事をどうぞ⇩

www.chimausa.com

おすすめ記事⇩

www.chimausa.com

www.chimausa.com

以上ちまうさでした

最後までお読み頂きありがとうございました