ちまうさのブログ

少女漫画や宝塚の感想やランキングを独断と偏見でお届けします

贄姫と獣の王 89話(15巻収録予定)ネタバレ感想 最終話

2020年10月20日発売の花とゆめ22号掲載「贄姫と獣の王」89話のあらすじと感想をご紹介したいと思います

コミックス最新刊は14巻

前回までのあらすじ

中断していた式典で改めて民衆へ自分の想いを語り、サリフィと共にこの国を守っていくと誓った王様

2人はここからが本当のスタートだと顔を見合わせて微笑む

www.chimausa.com

贄姫と獣の王 Last episode

ついに王妃へ

再びオズマスゴ王として誓った式典から数ヶ月後、ついにサリフィが王妃になる時が来た

今日は成婚披露の儀、それから正式に聖殿で婚姻の儀が待っている

キレイなドレスに身を包み、アミト姫や王妃親衛隊の制服を着たラントと控室にいるサリフィ

一方王様も支度を終え、アヌビスから明日の人間の国との会談について予定を確認していた

人間の国との和睦をすすめるには今が一番大事な時

婚姻といって浮かれてはいられないと話す王様

「ご心配には及びません。我々はこれまで以上に心血捧げ我が王にお使えする所存です」

頼りになるアヌビスとヨルムンガンドに目を細めつつ、王様は「お前たちにも己の縁を大切にしてもらいたい」と話す

必要ないとキリっと返すアヌビスに対し、少し気まずそうに咳払いするヨルムンガンド

そこにサリフィの支度が整ったと女官が声をかける

サリフィの元へ向かった王様は、ドレス姿の美しさに目を奪われる

「あ…ど、どうかな?」

「…ああ、綺麗だ。私の妃はこの世の何よりも美しい」

賛辞に照れつつも、儀式の前に少しだけ話したいと呼び止めるサリフィ

私に生まれて良かった…

本当の王妃になる前に聞いてほしいと言うサリフィ

自分が育ったのは小さな村

父と母と姉がいて、生贄のことを知ってからは悩みもしたけど、一度受け入れたら楽になった

運命を変えようと抗うよりも、受け入れてしまったほうがずっと楽

「私はただずっと自分の運命から逃げていただけだった。ずっと弱かったの」

話すをするサリフィをずっと見つめる王様

「…でもね、あなたに出会って全てが変わった」

王様が自分を選んでくれたから、本当に自分の運命を受け入れられた

「心の底から思うんだ。私…今日まで生きてきて本当によかった!」

幸せそうに満面の笑顔のサリフィ

「こんな私ですけど、末永くよろしくお願いします」

「…ああ。私こそ」

嬉しそうにサリフィにキスを落とす王様

そして手に手を取って式典へ

「…行こう、サリフィ」

「うん…!」

数年後

「王子!リチャード王子ー!!」

キュプロスが慌てながら王子を呼ぶ声が城内に響く

「アヌビスは怒ってばかりだからきらいだっ」

獣王族の子供、リチャードは大きな尻尾が引っかかり捕まりそうになると、人間の姿に変身しすばしっこく逃げていく

その様子を見た女官たちは「人間族の姿を見慣れる日が来るなんて思わなかったわ…」と微笑ましく見ていた

「はいよっと。捕まえましたよ王子様」

「ラント!なんだよ、お前はぼくの味方だと思ってたのにー!!」

「すいませんね。俺は王妃様の味方なもんで」

悪態を吐きながらラントに捕獲されアヌビスの元へ連れて行かれる後ろ姿を、アミト姫とヨルムンガンドはにこやかに見ていた

「リチャード殿下は本当にお元気でいらっしゃいますね」

「ええ。奔放すぎて少々心配にもなりますが…。レオンハート陛下はあのようには過ごせなかった」

幼少期の頃の王様を思うヨルムンガンド

「私ももし我が子を持つのなら、あのように自由な子であってほしいものです」

「私もそう思います…」

「…」

ハッとして真っ赤になる2人

「も…もちろん『もしも』ですけれど…」

「ええ…『もしも』…ですね」

甘い空気の中庭に対し、書庫ではむっとした顔のリチャードとアヌビス

「では、お勉強を再開致しましょうか」

勉強よりもラントに武術を教えてほしいとぼやくリチャード

魔族の王なんだから強ければいいんでしょというリチャードに、そういう時代は終わったと諭すアヌビス

「たくさんのひとびとの声を聞き、ひとびとの痛みに寄り添う。そうやって貴方の御父上と御母上は今日までこの国を導いてこられたのですから」

「ねぇアヌビス、それじゃあ今日は父上と母上のお話をしてよ!」

これも帝王学の一貫かと、アヌビスは話し始める

「…あれはまだ我が国が人間の国との国交を完全に断絶していた頃のことです」

瘴気漂う世界の果て

かつて禁忌の世界と言われたその国には、数多の貴族とそれらを統べる優しき王

そして、幸福な生贄の姫がいた…

感想

ついに完結しましたーーー!!

いい最終回でした

ドレス姿のサリフィに歯が浮きそうな褒め言葉をくれる王様に激萌え!

出来れば今度は同じ言葉を人間の姿のときにも言ってるとこ見たいなぁw

照れ萌えしすぎて爆発出来る気がする

成婚披露の儀、ガロアのおじいちゃんやテトラちゃんはもちろん、こっそり木の上からイリヤらしき後ろ姿があったのが泣けた!!!!

ちゃんと幸せになったのを見届けてくれたんだね

イリヤも幸せになってるといいなぁ

そして

案の定数年後の2人の子供まで見れて嬉しかったんだけども…

2人は?!

その数年後の2人のイチャイチャも見たかったんだよー!!!!

やんちゃなリチャード殿下も可愛いからいいけども!

そんな2人を見ながら「我が子を持つのなら」みたいなセリフをアミト姫と語って照れてるヨルムンガンド様が見れたから大満足なんだけども!!

王様とサリフィのその後も見たかったー

でも敢えて描かずに周りの人たちがこれだけ幸せなんだからわかるでしょっていう余韻なのかしら…

くぅぅぅ!!!w

モナー初心者な私でしたが、とってものめり込んで楽しめた作品でした

作者様お疲れさまでした

キャラコン結果発表

1位…サリフィ

2位…レオンハート

3位…ラント

4位…アミト

5位…ヨルムンガンド

なるほど納得な順位でしたね

ラントとヨルムンガンド様大好きな私にとって嬉しいランキングでした

アミト姫がヨルムンガンド様より順位が上なのもまた嬉しい

めっちゃいい子だもんねぇ

8位にベンヌちゃんがきてるのも笑えるw

最終巻の発売日は?

15巻は2021年1月20日発売予定です

しかも!!

2人の結婚式後のエピソードが入った『描き下ろし後日編&未収録番外編付き特装版』も同日発売らしいです!!

絶対特装版がほしい!!

後日談とかめっちゃ読みたい!

楽しみに待ちましょう!!

おすすめ記事

www.chimausa.com

www.chimausa.com

以上ちまうさでした

最後までお読み頂きありがとうございました