ちまうさのブログ

少女漫画や宝塚の感想やランキングを独断と偏見でお届けします

うちの弟どもがすみません 第10話(3巻収録予定)ネタバレ感想 最新話

2020年10月13日発売の別冊マーガレット11月号掲載「うちの弟どもがすみません」10話のあらすじと感想をネタバレ有りでご紹介しようと思います

コミックス最新刊は2巻です

前回までのあらすじ

仕事の休みがとれた父と母が、北海道から一時帰宅することに

久しぶりに家族揃ってバーベキューを楽しみますが、糸は三男の柊だけが部屋にこもりきりなのが心配で…?

www.chimausa.com

うちの弟どもがすみません 第10話

三男・柊

父が柊の部屋の前で三者面談に行かないかと声を掛けるも『ヤダ』と書かれた紙が飛んでくる

北海道に戻る両親は気落ちするが、源は本人がその気になるまで待つしかないと柊の気持ちに寄り添い無理強いはしないスタンス

それは家族みんな同じ思いであるものの、糸はなぜ柊が部屋に引きこもるようになってしまったのか

その疑問をどこまで聞いて良いものなのか悩んでいた

オンラインゲームの世界

ヤマダと名乗る柊は他のプレイヤーに普段何をしている人なのかと聞かれるも、引きこもりだと本当のことを言ったら嫌われてしまうと、何も返信出来ないでいた

ある日、庭の草むしりをしようと準備万端の糸に気が付き、早々に家から退避する洛と類

さらに源もバイトに出かけるという

それなら柊に声を掛けてみようかと目論む糸に「言っとくけど柊に余計なことすんなよ」と釘を刺す源

家族になりまだ顔も見ていない柊と仲良くなりたいと言う糸だが「柊のことは俺らの問題だから。変に刺激されたくない」とそれ以上教えてもらえない

結局炎天下の中1人草むしりをする糸だが、熱中症になり倒れてしまう

部屋にいた柊は、庭からの物音に気付き窓の外を見て、姉である糸が倒れているのを発見

救急車を呼ぼうとスマホに手をかけるも、救急車を呼んでしまえば知らない人がたくさん家に来ることになる

そう考えると電話が出来なかった

『普通』ができない

糸が目を覚ますと、目の前には不安げな顔の天使

おでこに冷たいタオルを乗せてくれたり、水のコップを持ってきてくれた天使が弟の柊だと気がついた糸

「柊くん?!キミ柊くんだよね?!」

「人違いです…」

せっかく会えたものの、逃げるように部屋に戻ってしまった柊

部屋の前で話しかけてみるが、柊は布団にくるまり聞く耳を持たず返事はない

そこで糸は「うっ」と先程のように苦しげに呻いてみせる

また倒れてしまったのではないかと部屋のドアを開けた隙に、2人分の飲み物を持って部屋に入り込む糸

「か…勝手に入らないで下さい!」

そう非難する柊の言葉を聞かず、部屋にあるゲームに目をとめ、自分も友達とやっていたと話す糸

「…あの、ほんとさっきのお礼とかだったら気にしないでいいんで出ていって下さい」

目を合わせずに俯いたまま糸を拒絶する柊

自分になんか関わったってろくなことがないと呟く

「さっき人が倒れてるっていうのに救急車も呼べなかった。怖いから。知らない人と面と向かって話すのが」

自分のことしか考えられなかったと、自分を責める言葉を続ける

「なんで…?それでもちゃんと助けてくれたじゃん。なんで自分のことそんなに酷く言っちゃうの?」

「み、見ればわかるでしょ。俺なんかおわってるし」

中学2年の頃に嫌なことがあり、それ以来学校にいけなくなってしまったという柊

「恥ずかしくて家族とも話せなくなった。ぜったい、どうしようもないやつだって、みんな思ってる」

糸はポロポロと俯き涙をこぼす柊に、どうしてあげたらいいのかわからなかった

「俺だけ『普通』ができない。したくてもできない。多分これからもずっと」

姉らしく『そんなことないよ』と言ってあげたかった

でもそれは柊の辛い過去を知らない糸に言える言葉ではなかった

糸の決意

辛気臭い顔でソファで横になっている所にバイト帰りの源が絡むが、柊の事情も知らずに首をツッコんでしまい自己嫌悪で落ち込む糸

「ほら。これでも食って元気出せ」とまかないのパンケーキをくれる

「やる。俺お前のメシの方が食いたいもん」

いつもならそんな言葉に嬉しくなるはずが、柊を泣かせてしまった罪悪感で源の言葉を素直に受け取れないでいた

謝りたいけど、源に本当のことを言ったら嫌われてしまうかもしれない

そう考えたら怖くて仕方がない

ぼーっとしながら源のご飯を温め直していると、上の空だったため焦がしてしまう

「ごめんボーッとしてた!作り直す!」

「は?もったいねぇ」

「でも」

「落ち着けよ。焦ってるときほど大事なもん見落とすとかよく言うだろ」

ガミガミ説教臭いことを言う源

「お前いつもちゃんと作ってくれてんだから、このくらいで捨てたらバチあたるわ」

「ありがとう。源のそういうとこ、ほんと好きだよ」

源はちゃんと見てくれている

きっと怒られるとしたら、中途半端に何か投げ出してしまった時

そんな会話をした糸の胸のうちには、ある決意が秘められていた

「友だち」から

父親が昔使っていたパソコンを借り、オンラインゲームの世界へ向かう糸

そこでヤマダと名乗る柊を探し出し『あなたの姉になったものです』と自分が糸であることを告げる

『柊くん、さっきは無理やり柊くんの中に土足であがりこんでごめんね。すごく後悔してる』

泣かせるつもりはなかったこと

何も知らないからどう声を掛けたら良いのかわからなかったこと

家族だからこそ言えないこともあると理解を示した上で

『だからまずは、私と『友だち』になるところから始めませんか?』

柊の話を聞きたい

そう考えながらオンラインゲームの友だち申請をリクエストしたのだった

感想

今回は三男。柊くんの回でした!

終わり方見るに、まだ柊くんターン続きそうですね

中2の頃、なにがあったんだろう…

糸が天使と見紛うばかりに可愛らしい容姿をしてるのに

その理由を、源は糸に話す気はなさそうですね

もう信用してないとかではなさそうだけど…

いつか話してくれる時がくるのかな?

柊くんターンもいいけど、糸と源のちょっとドキドキするやり取りがないのは寂しいし物足りない

とはいえ「俺お前のメシの方が食いたいもん」はがっつり萌えましたw

罪なやつです…源さんw

あと糸のアバターww

なんでそんなゴツい人なの?!

オンラインゲームってしたことなくて詳しくないんだけど、いい感じに交流できれば、糸と柊くんの間に絆が生まれたりしないかなぁ

次回掲載号の発売日は?

次号も掲載されますね!

別冊マーガレット12月号は2020年11月13日(金)発売です

次回も柊くんのお話の続きです

オンライン上で仲良くなれるかな?!

別マ掲載のマンガを無料で読むなら?

マンガMeeがオススメ!

「素敵な彼氏」「君がトクベツ」「テリトリーMの住人」など、人気連載中の漫画を1巻から無料で読むことが出来ます!!

さらに同じ作者様の書いた「ふしぎの国の有栖川さん」も1巻からラストまで読めます!!

お見逃しなく!

インストール無料・大人気少女漫画が読み放題

オススメ記事⇩

www.chimausa.com

www.chimausa.com

以上ちまうさでした

最後までお読み頂きありがとうございました