ちまうさのブログ

少女漫画や宝塚の感想やランキングを独断と偏見でお届けします

花とゆめ 2020年21号 ネタバレ感想

2020年10月5日発売の花とゆめ21号について、各作品の感想をネタバレ有りでご紹介していこうと思います

前号記事はこちら⇩

www.chimausa.com

掲載作品

暁のヨナ

「フラレガール」

「贄姫と獣の王」

「転生したら姫だったので男装女子極めて最強魔法使い目指すわ。」

「墜落JKと廃人教師」

「鬼の花嫁は喰べられたい」

「名探偵耕子は憂鬱」

「なまいきざかり。」

「恋に無駄口」

「顔だけじゃ好きになりません」

「婚約者を雇ってみましたが」

他多数

あらすじと感想

書きたいものだけちょこっとご紹介してきます

ネタバレもあるのでお気をつけ下さい

暁のヨナ 第197話

詳しい記事はこちら⇩

www.chimausa.com

贄姫と獣の王 episode.87

詳しい記事はこちら⇩

www.chimausa.com

転生したら姫だったので男装女子極めて最強魔法使い目指すわ。第1話

タイトル長すぎやしませんか

男子中学生が読むラノベかよとツッコんだのは秘密

高1男子だったイクトが異世界の姫・イザベラに生まれ変わったお話

この世界では女性は魔法を使えないらしく、16歳になり結婚を迫られたのをきっかけに髪を切り、男装して城を抜け出す

妹を王族に殺されたリアムと出会い、旅のスタート

集中連載だから4~5回で終わりかな?

魔法の習得メインで恋愛方面はナシかなぁ

じゃないとちょっとBL臭しそうだもんねww

それはそれで良いんだけど!!w

墜落JKと廃人教師 episode.56

詳しい記事はこちら⇩

www.chimausa.com

名探偵耕子は憂鬱 第3話

濡れ衣で拘置所にいれられてしまった耕子を助けるため、犬上くんが奮闘します

なかなか見つからない真犯人に焦った犬上くんは春秋館に援護養成

彼の暴走を止めるため、みんなが助けてくれるっていうね

結局犯人はお猿さんでしたw

犬上くんは女装して罪をかぶろうとしてたけど、他の3人はもっとエゲツない手を使ってくると想像してたのか安心してましたね

それを聞いてにっこり「みんなありがとう」って、ほんと謎な人だ

次に掲載されるのは1号だそうで、12月までお預けです

寂しい…

なまいきざかり。第120話

詳しい記事はこちら⇩

www.chimausa.com

恋に無駄口 talk.18「ごめんに絆創膏」

仁科くんと葵ちゃんの園児以下のケンカww

可愛すぎかw

仁科くん、依麻にキスしたこと謝りに行く時葵ちゃんに「祈ってて」ってこれまた可愛いw

依麻ちゃんにキスしたこと嫌じゃなかったって言われて、嫌いなはずなのに意味がわからんってテンパる仁科くんと葵ちゃん

無駄部の検証『痴話喧嘩は何日で集結するか』

まさかの2日で集結ww

平和か!

顔だけじゃ好きになりません vol.4

才南とずっと一緒の授業受けるとかどんだけフリーダムな高校なんだっていう現実的なツッコみは置いといて…w

顔が良すぎる奏人センパイにもきっと悩みがあるんですよね

急に当てられた問題が解けなかったり、友達が多くなかったり、特技がなかったりしたら、『イメージと違う』って幻滅されてきたのかなぁ

だからそんな自分を1日近くで見て、どう思ったって聞いてきたのかな

そりゃ愛しくなって「だいぶ可愛いです…」ってなるよねー

ただ顔が好きってだけじゃなく、奏人センパイが好きだって自覚しましたね

ここからが楽しみ!!

婚約者を雇ってみましたが 第3話

野心家の姫×ニセの婚約者×堅物警護課長って構図素敵すぎじゃない?w

父親がノリノリで視察を婚前旅行みたく思ってるのも好き

アランはヴィクトリアが政治に参加するのをよく思ってないだけで、元々ヴィクトリア自身を疎んでるわけじゃんないんだもんね

女性が政治に関わるのを良しとしない文化で諦めないヴィクトリアが傷付くのを見たくないって…愛じゃない?!

でもそれよりアランに妬いたっぽいロベールが、笑ったヴィクトリアに意趣返しで意地悪く迫ってるのがイケメンすぎてふぁーってなる…!!

飄々とした人のヤキモチってなんでこんなに萌えるんですかね(真剣

次号見どころと発売日は?

なんといっても『贄姫と獣の王』の最終回!!

見逃せません!!

コレットさんもスキビも載りますね

あと読み切りで『千年のクロ』というちょっとおもしろそうな設定のお話もあるみたいで楽しみです

22号は2020年10月20日(火)発売です

更新しました⇩

www.chimausa.com

おすすめ記事⇩

www.chimausa.com

www.chimausa.com

以上ちまうさでした

最後までお読み頂きありがとうございました