ちまうさのブログ

少女漫画や宝塚の感想やランキングを独断と偏見でお届けします

花とゆめ 2020年20号 ネタバレ感想

2020年9月19日発売の花とゆめ19号について、各作品の感想をネタバレ有りでご紹介していこうと思います

前号記事はこちら⇩

www.chimausa.com

掲載作品

「フラレガール」

「名探偵耕子は憂鬱」

俺様ティーチャーSP番外編」

「恋に無駄口」

「鬼の花嫁は喰べられたい」

「婚約者を雇ってみましたが」

「なまいきざかり。」

「顔だけじゃ好きになりません」

コレットは死ぬことにした」

「スキップ・ビート」

「贄姫と獣の王」

「呪い子の召使い」

「執事・黒星は傅かない」

他多数

あらすじと感想

書きたいものだけちょこっとご紹介してきます

ネタバレもあるのでお気をつけ下さい

名探偵耕子は憂鬱 第2話

犬上くん素敵だー

駅弁を譲っちゃいそうな耕子を庇ってあげたときのワガママ親子に向けた冷たい目にキュンとした!

それにしても今回の事件は釜めし窃盗w

結局犯人だったおじさんがいい雰囲気で取った釜めし返そうとしてきたけど…

知らんおっさんが握った釜めしはもういらない!!w

そりゃお金で返してほしいよ!!w

犬上くんは耕子に名探偵になってほしくない模様…

どんな事情があるのかな??

恋に無駄口 talk.17「初カノに隕石」

マヤにギャルっぽい彼女がw

なにあのノリww

天音様もなんだか引っ込みつかなくなってるし

初カノの菜々っちはお金目当てのサイテーな子かと思いきや…

お金目当てと顔目当てで両成敗とか

天然タラシなマヤにまんまとやられて惚れてしまってたよね

天音様も『制服が隕石になった記念日』が出来てめでたしめでたしw

婚約者を雇ってみましたが 第2話

ヴィクトリアは男前な女王になりそうだけど、ロベールの前でだけ可愛いっていうのが萌えるのですよねぇ

父王が意外にもノリノリな結婚話

まんざらでもなかったり…?ってロベールがからかって抱き寄せたときのヴィクトリアの真っ赤な顔がかわいすぎた

一緒になってロベールまで照れるとか…萌え死ぬ!!w

新キャラ・アランも出てきてさらに面白くなりそうな予感

(1つ難点はちょっとした説明書きが多くて冷める…『※裸の男』とか『壺…重さ3kg』とかいらないのになー)

なまいきざかり。第119話

詳しい記事はこちら⇩

www.chimausa.com

顔だけじゃ好きになりません vol.3

今どきテンションの主人公が新鮮だけど、めっちゃ王道の少女漫画感出てきた!!

奏人先輩は髪の毛ほどいた才南が可愛く見えてるのね

最初のビデオ通話もそれが言いたかったのね!!

ところで一緒にランチしてたときの「ほへはいへほ」は「惚れないでよ」ってこと?

でも奏人先輩は才南に惹かれてそうなんだけど…

「惚れないでよ」じゃないのかな…?

ところで同じクラスの土井垣くんは前髪あげたらとんでもないイケメンになる予感しかしないんだけどそこのところどうですかね!!w

ワクワクしかしない!

コレットは死ぬことにした 第104話

コレットは強いなぁ…

小さいコレットが体験したことが辛すぎて読んでられなくなりそうだったけど

ディオ様が滝のように泣いてくれたのが救いだったなぁ

確かにコレットは出会いに恵まれているのかも

もちろんコレットはねじ曲がらなかったのは、コレットの強さもあるだろうけど

見つけてくれたアンノ先生とか、兄弟子たちとか、『素敵な財産』と言い切れる人に出会ってるって、なんかじーんとしました

スキップ・ビート ACT.286

おおーーー

やっと撮影に入るのか

ここまで長かった…

早くキョーコがお芝居して、それが認められるところが見たい!!

正直敦賀さんとの恋愛ターンはおまけで良い!(こら

ガラスの仮面ばりに演劇シーンが見たい!!!w

贄姫と獣の王 episode.87

詳しい記事はこちら⇩

www.chimausa.com

呪い子の召使い 第7話

ジゼルの呪いはレネと一緒で強すぎる『願い』からきてたんですね

兄妹の止まっていた時を動かしたことで、宰相のヒューゴが味方になった!!

レネも正式な側仕えとして認められてよかったです

次回は王宮を離れ、呪い子がいるであろうレネの故郷へ

また一波乱ありそうです

次号見どころと発売日は?

暁のヨナ」と「墜落JK」が連載再開!!

待ってましたーーー!!

新連載に異世界転生モノがはじまるみたい

こちらも楽しみです

21号は2020年10月5日(月)発売です

更新しました⇩

www.chimausa.com

おすすめ記事

www.chimausa.com

www.chimausa.com

以上ちまうさでした

最後までお読み頂きありがとうございました