ちまうさのブログ

少女漫画や宝塚の感想やランキングを独断と偏見でお届けします

墜落JKと廃人教師 53話(9巻収録予定)ネタバレ感想

2020年8月5日発売、花とゆめ17号に掲載されている「墜落JKと廃人教師」53話のあらすじと感想をネタバレ有りでご紹介していきます

コミックス最新刊は8巻です

ミニカラー画集付き特装版はこちら⇩

前回までのあらすじ

教育実習の姫野先生相手に、扇言は生まれてはじめて『嫉妬』という感情に苛まれていた

それを察した先生が扇言の家まで来てくれたが、なにやら姫野先生の本性は…?!

www.chimausa.com

墜落JKと廃人教師 Episode.53

人には言えない一面

公園のベンチに座るのは、少しも光ってない目の死んでいる姫野先生

スイッチのONとOFFの差が激しすぎると先生と扇言で話していると「一体何の話ですか?」と急にONモードで発光しだす

もうごまかせないだろと突っ込まれるも、扇言という生徒がいるせいかONモードのまま

「は、恥ずかしいとこ見せちゃってごめんね。灰葉先生には秘密でって言ったんだけど…どうして連れてきちゃったんでしょう…」

「お前があとつけてくんのが悪い。俺ら偶然そこで会って話してただけだし」

「家近いんです」

2人で来た言い訳をさりげなくすると、特に疑われてはいない様子

「先生は姫野先生のことご存知だったんですね?」

「おぅ」

校長の銅像を壊した時の姫野先生の第一声が「は?めんどくさ…帰ろっかな」だったと振り返る先生

この際色々とぶちまけてしまえと言われ「実は灰葉先生をお食事に誘ったのは、この性格のこと口止めしようと弱みを握るためだったこととか」と明るいままぶちまける

「え…じゃあ介抱してくれたのは…」

「ハニートラップですね」

「したたかな女性です」

「感心すんな」

そうして一通り話し終わった後、扇言は姫野先生に無理に明るくしているのかと聞くと「出世しやすいから」と一周回って清々しい返事

世間が良しとしているのは明るくて素直な人間

しかし教師や異性受けはよくても、猫をかぶったような明るさが鼻に付く人もいる

結局どっちの自分も受け入れられない人がいて心にわだかまりが残る…

「落合さんも、こんな私は嫌い?」

あまり接点のなかったはずの姫野先生が名前を覚えていたことに驚く扇言

すると先生が実習初日から担当学年の生徒の名前をほとんど覚えていたと教えてくれる

「そういうとこ普通にいいじゃんなー」と褒める先生だが、それも評価のためだと言う姫野先生

どう答えていいかわからない扇言だが、以前先生に『お前は自分のこと好きになれなくても、俺はお前のそういうとこ好きだぞ』と言ってもらって安心したことを思い出す

「…姫野先生はきっとたくさん辛い経験をして、今のスタイルに辿り着いたんですね」

「…別に」

「ところで私今初めて姫野先生とちゃんとお話しましたけど、羨ましいくらい明るい所、でも抜け目ない所、あと名前を覚えてくださっているところも、私は好きですよ。これってどちらの姫野先生なんでしょう」

そう問われて、「どっちのって…ど、どっちも少しずつ…?」と戸惑ってしまう姫野先生

「…変なの。全部私のことなのにね」

少しだけすっきりした顔をした姫野先生は先生に問う

「灰葉先生、やっぱりわざとこの子連れて来ました?」

「偶然だって」

寝言で呼んだのは…?

話し終えてそろそろ帰ろうと立ち上がる3人

先生の後ろ姿を見て頬を染める姫野先生に気付く扇言

「…姫野先生、もしかして本当は…」

「言うつもりないから…内緒にしてくれる?」

「え…」

「だって灰葉先生、想い人がいるの丸わかりだもの。多分学校の誰か」

結局誰かはわからなかったものの、校内で愛おしそうに誰かをみつめていたのを知っているという姫野先生

「…そう…ですか…」

「それに寝言でもその人の名前呟くくらい好きなんて勝ち目ないでしょう?」

そういえば添い寝したとか言ってたな、と考えている扇言に、姫野先生はその名前を告げる

「たしか『みつき』さんって人」

その名前に驚いた顔をする扇言

姫野先生は扇言の知っている人かなと聞いてきたものの答えられず…

 

家の前まで先生に送ってもらった扇言

「…先生、もう少し、お話しませんか…」

「いいよ、どうした?姫野のこと分かってほっとした?」

そう言って扇言を抱きしめようと手を広げる先生

「…先生、みつきをご存知ですか?」

寝言で先生が呟いたという名前を問えば、動きを止めて扇言を伺う

「…偶然、でしょうか…『扇月』は…兄の名前です…。詞(つかさ)とは双子の私の兄です」

感想

今月号の表紙の先生…イケメン過ぎじゃない?!

めっちゃすきーーーーー

クズには見えない!w

姫野先生、嫌いじゃないです

極端ではあるけど、大体の人がみんなONとOFFの差ってありますよね

器用な人ほどONの姿を上手に作れて差が激しい気がする

ところで…急に兄の話になりそうですよ

寝言で呼んでた「みつき」は扇言の兄の「扇月」なんですよね?

扇月と詞(つかさ)が双子で…よく先生と一緒に扇言のストーカーをしてるのは…詞?

名前出てたっけ?

ちょっと次の号が出るまでに1巻からちゃんと読み返しておこう…w

ラストは少し緊迫した様子っぽいのに…

「この俺の抱きしめようしかけた腕…どうすればいいかな…、ちょっと恥ずかしい」

「教祖ポーズみたい」

「やめろもっと恥ずかしい」

オチには笑いを忘れないww

次回掲載号の発売日は?

次号も掲載されますね

18号の発売日は2020年8月20日(木)です

扇言の兄と先生の関係がわかるのかな?

楽しみに待ちましょう

更新しました⇩

www.chimausa.com

おすすめ記事

www.chimausa.com

www.chimausa.com

以上ちまうさでした

最後までお読み頂きありがとうございました