ちまうさのブログ

少女漫画や宝塚の感想やランキングを独断と偏見でお届けします

初恋ダブルエッジ ネタバレ感想

すでに完結済みの作品「初恋ダブルエッジ」のあらすじと感想をネタバレ有りでご紹介しようと思います

2ヶ月ほど前、年の差恋愛マンガのオススメ記事を書いたのですが…

www.chimausa.com

第2弾を書きたいなーと考えていたところ、このマンガを思い出して再読

久しぶりに読んで面白かったので、この熱量のうちに記事にしとこうと思います!w

簡単なあらすじ

ある理由から男性恐怖症の女子高生・謡(よう)

そんな謡が出会ったのは、超絶理想顔のクールなギター職人・戸野田

男なんてみんなオオカミで大嫌い

でも恋はしてみたい

矛盾だらけのまま走り出した謡の恋の行方は…?!

感想

主人公・謡が魅力的

もうなんといっても真っ直ぐな主人公が魅力的です

中学生の頃、男の人に襲われて以来、男性恐怖症の謡

最悪の事態は回避し未遂だったものの、近所であることないこと噂されて一家で引っ越して…

少し重めのトラウマがあります

なんとか克服しようと、顔がめっちゃタイプだったとのさんに「王子様になってください」と初対面でいきなり告白w

しかも自分から告白したのに男性恐怖症で近づくことは出来ないというちぐはぐさ

「男はみんなオオカミ」と豪語する、ハリネズミのような謡

最初ちょっと突っ走ってる子に描かれていますが…、読んでいくうちにどんどん感情移入して応援したくなっちゃいます

とのさんが勤めるギター工房へ通い、自分をアピールしつつ男性恐怖症も克服しようと努力する謡

健気な謡にいつしか惹かれ、付き合うようになる2人

スキンシップ程度の触れ合いすら謡には決死の覚悟が必要で、そのたびに自分自身に傷つき、とのさんと距離を縮められないことを悲しむ

それでも毎回自分を奮い立たせて頑張って乗り越える、ひたむきで元気な謡がとても素敵に描かれています

とのさんの大人な包容力

周りから『顔面凶器』と言われるほどイケメンなとのさんw

どんなだ…ww

最初は唐突な告白に戸惑っていたものの、謡の真っ直ぐさや苦手なものを克服しようとする強さに惹かれて付き合い始めます

謡の心の傷は深く、男性とふいにぶつかったり怒鳴り声を聞いたりすると、過去の記憶がフラッシュバックしてしまい、動けなくなったり倒れてしまったり

そんな謡は自分のトラウマのせいでとのさんを振り回しているんじゃないかと距離を置こうとしますが、そんな問題に屈することなく優しく側で守ってくれるとのさん

何をするにも謡が怖がらないように、ちゃんと許可取ったり紳士的に振る舞ってくれます

これは年上からではの包容力!!

もちろんヤキモチ妬いたり他の男の存在にモヤモヤすることもあるけど、基本大人な顔を崩さないとのさん

本当に素敵です

修平の一途な想い

忘れてはいけないのが、謡を側で支えてきた弟の修平の存在です

何かと面倒を見てくれたり送り迎えしてくれたり、ぶっきらぼうだけど献身的に姉を支える修平

実は血の繋がりはなく、謡をずっと好きだったという三角関係

修平のターンは後半になるにつれて辛くて切ないシーンが多くて…

そりゃそうですよね

謡は実の弟と思ってるわけで、自分の想いは誰にも言えるものではない

それをとのさんに知られてしまって家で泣かせてくれるんだけど、とのさんもカッコいいけど、ここの修平で毎回泣く…(涙

最終巻で幸せになってるの見た時もめっちゃ泣きました

初恋ダブルエッジの最終回は?

受験も終わり、無事に大学に合格した謡

社会に出た時に困らないようにと、女子大ではなく共学の学校へ進学しました

驚くことに大学に入学して2年が経っても、とのさんとの交際は清いまま…

謡の過去を知る大学の同級生から変な誘いをかけられるものの、今の自分には自分を肯定してくれる大切な人がたくさんいるからと、脅しに屈することなくとのさんのもとに帰る謡

そのままとのさんと結ばれ、次の日の朝にプロポーズされる

大学卒業と同時に結婚式を挙げて、めでたしめでたし

ちなみに修平はすみれちゃんとうまくいっているようです

こちらもめでたしめでたし

最終回の最後の最後が修平のセリフで終わってるっていうのが素敵でした!!

オススメ記事⇩

www.chimausa.com

www.chimausa.com

以上ちまうさでした

最後までお読みいただきありがとうございました