ちまうさのブログ

少女漫画や宝塚の感想やランキングを独断と偏見でお届けします

甘くない彼らの日常は。3巻(9~12話収録)ネタバレ感想

現在デザートで連載中の「甘くない彼らの日常は。」3巻のあらすじと感想をネタバレありつつご紹介しようと思います

前回までのあらすじ

宿泊研修に来ていた緑たち

何かと助けてくれる一条くんに少しずつ惹かれていたけれど、はっきりと恋心を自覚!

そしてどうやら、五嶋くんも緑に思うところがあるようで…?!

www.chimausa.com

感想

9限目

期末テストが来週に迫る中、勉強の苦手な五嶋くんは赤点のピンチ

みんなで五嶋くんの家で勉強をすることに

もう家入くんは五嶋くんと緑をなんとかくっつけたくて必死か!w

家には天使のように可愛い小さな弟妹

さらに組員のみなさんなど、家業的に普通の家じゃなくて五嶋くんは緑が来たことに戸惑いますが…

緑はというと「こんな立派なお屋敷なかなかないよねぇ。風情ある日本家屋でちょっと緊張する」と見当外れなことを言って無意識に場を和ませます

これには一条くんも家入くんも嬉しそうな表情してますね

テストが終わったら夏休み

みんなで遊ぶためにも勉強を頑張る4人

10限目

なんとか赤点を免れた五嶋くん

緑に弟妹を守るために頑張ってるのをかっこいいと言われ、自分の気持ちに確信を持った感じですね

つい髪に手が伸びちゃった感じ…萌える!!

はっぱが付いてたって言い訳すら萌えるw

バイトからの帰り道、コタの散歩をしていた一条くんと遭遇し、家まで送ってもらうことに

あっという間に家の近くまで来てしまって、思わず「もう少し一緒にいたい…」と言ってしまう緑

この袖掴んで言う感じ、めっちゃ可愛いし頑張った!

そのあとすぐ「コタちゃんと」ってヒヨっちゃうけどw

元々コタは五嶋くんから一条くんをひとりにしないためのプレゼントだったと話す一条くん

「なんか、なんでも話しちまう。七海には」

そんなこと言われたらもっと好きになっちゃいますよね!!

「嬉しいよ。仲良くなれたって実感できるから。…一条くん、私」

自分の気持ちを言いかけた時、自転車が通って会話が中断

避けた反動で急接近し、お互いちょっと顔が赤いのがもう…!!w

11限目

夏休み、緑のバイト先のオーナー・みゆきさんの妹が営む民宿でバイトすることになった4人

近くの公園の夏フェスの屋台をお手伝いするのですが…

当然バイト経験のないボンボン3人組の使えなさ加減ww

緑がそれぞれ役割分担を決めるなど仕切ってなんとか切り抜けます

一条くんと休憩に出た緑

「…悪かったな。最初に会ったときのこと」

自分でお金を稼ぐ経験をして、緑にお金を渡して帰らそうとしたことがどれだけ最低な行為だったのか実感した一条くん

「…まぁ、確かにあの時はイラっとしたけど」ってさらっと言える緑が好き

強烈なインパクトあったもんねw

「過ぎたことだってうやむやにしないで、謝ってくれて嬉しい。それだけでもうチャラだよ」

「…そうやって笑って許せちゃうんだな。ほんと、七海には敵わない」

一方五嶋くん…

お風呂上がりに夕涼みしているところに遭遇

初バイトの感想を聞くと、「…金稼ぐって大変だなって思った」と一条くんと同じ感想なの可愛い

それでも楽しかったと言って笑い合う2人

お店で3人がナンパされていた話から、今彼女はいないのかという話題に

3人ともいないと聞き、ホッとする緑

「…七海はいるの?好きなやつ」

「えっ?!」

もうこの顔でわかっちゃうよね

五嶋くん切ない

しかも「私ってそんなにわかりやすいかな。一条くん本人にもバレバレだったりするのかな?!」って言葉でさらに追い打ちをかけられて…(泣

「…平気だろ。礼はそういうの疎いから」

「そうなんだ、安心したー」

ああああー…

緑に悪気がないだけにツライ

しかもその2人の様子を遠くから見ていた一条くん

こっちもこっちで思うところがありそう?!

12限目

バイト2日目

なんだか様子のおかしい一条くんは、バイトでもミスばかり

緑は気にかけるけど、そっけない態度を取られてしまう

五嶋くんは緑と一条くんを応援することにしたのか…

やっぱ切ないなぁ

なんとか2人きりにしようとしてるのを「そういう勝手なことされると困る」って、家入くんの方が勝手なこと言ってるよ!ww

「礼に手を出さないんであれば近くにいても不快じゃないし、千尋とくっつくのが俺にとってはベストな展開だったのに」

きのう緑の気持ちを知ってショック受けたであろう五嶋くんが、この発言で怒らないのめっちゃ優しい

しかも家入くんは緑の気持ちを知ってて五嶋くんを焚き付けてたわけだしね

「本気でうまくいってほしいと思ってたよ」

「ほんっっとに拗らせてんなおまえ…」

溜息ついただけで許すって…お兄ちゃん気質なんだなぁ

ますます五嶋くん好きだー

初給料も弟妹にお土産買うのに使うって言ってたし、こんなお兄ちゃん欲しい!w

一方花火を見る場所を確保する緑と一条くん

気まずくならないように話しかけるけど、五嶋くんの話題を出した途端、帰ると言い出した一条くん

あからさまなヤキモチ!!

追いかけようとして、怖いお兄さんにぶつかって絡まれてしまう緑

一条くんは助けてくれるけど、最初に会った時みたいにお金で解決…

明らかにクリーニング代なんかいらないはずなのに1万円も渡しちゃって、それを「大した金じゃない」って…

昨日最初に会った時のことを謝ってくれたはずの一条くんの言葉に「…らしくないよ」と呟く緑

「らしくないってなに?俺の何を知ってんの?」

これは泣いちゃうやつ

せっかく仲良くなれたと思ったのに、こんな風に突き放されたら泣きたくもなるよね

涙を見せたくなくて後ろ向いた緑に、焦った一条くんからのバックハグ!!

「…ごめん。千尋と仲良く一緒にいるところ見ていたくなくて。八つ当たりだ」

わーーーー素直!!

これはうまくいくパターン?!

緑の行動力なら、このまま告白しちゃいそうだけど…?!

でもまだ家入くんっていう姑より厄介なのがいますもんねぇ

というか家入くんは当て馬ポジにはいかないのかな?

五嶋くんも早々に戦線離脱しないでほしいなー

もう少し頑張ってほしい!!

次回めっちゃ気になります!

次巻4巻の発売日は?

4巻は2020年9月頃発売予定です

一条くんのヤキモチ発言の続きまであと4ヶ月…

お楽しみに!!

待てない方はデザート6月号で続きが読めますw

おすすめ記事⇩

同じ作者様の作品です

www.chimausa.com

以上ちまうさでした

最後までお読みいただきありがとうございました