ちまうさのブログ

少女漫画や宝塚の感想やランキングを独断と偏見でお届けします

酒と恋には酔って然るべき 4巻(19~24合め)ネタバレ感想

現在エレガンスイブで連載中の「酒と恋には酔って然るべき」4巻の感想とあらすじを、ネタバレ有りでご紹介しようと思います

前回までのあらすじ 

アラサーOLの松子は、ひとり気ままにカップ酒を家飲みする毎日

5歳年下の同僚・今泉が気になっていたものの、美森という彼女が出来たことを知る

松子もバーで知り合ったお酒好きの伊達と付き合うことになり、大人で優しい彼氏に癒やされる日々

しかし、伊達には頻繁にサシ飲みする女性(最上)がいると知りモヤモヤ…

そんなある日、今泉の出張先にヘルプを頼まれた松子は…?!

www.chimausa.com

感想

3巻で何か起こるかな?!とそわそわしていましたが…

起こったのか起こってないのか…ww

ほんとにそういうとこだぞ今泉!!w

「オレ藤井さん好きですよ」

「いいよ、またそういうリップサービスは」

「本音ですけど。でも藤井さん結婚したそうだったんで」

「だったんで…?」

「だったんで」

終了?!

ほんとコロコロ転がされてる…!!

しかも伊達さんは伊達さんで最上さんの名前出してくるし…

あーもうどいつもこいつも!!ww

でも最上さんのことを抜くといい彼氏なんですよねぇ伊達さん

なんだかんだ今泉くんとの出張、気になって家まで来てくれたってことだもんね?!

お月見にルンルンで浮かれてる松子が可愛いー

偶然会社帰りに会った最上さんと家飲みすることに!

『虎穴に入らずんば…』的な勢いで、今付き合ってる人はいるのか聞いてみるけど、それらしき人はいるけどずるずるとーみたいなハッキリしない答えで、肝心なところが聞けず…

まぁそりゃ伊達さんとはどういう?!みたいな聞き方も出来ないしねぇ

でも伊達さんから「最上と飲んだんだって?悪いね、相手してもらっちゃって」って言われたらそりゃ「…正直仲良すぎですよね?家族レベルじゃありません?」って強気で聞くよねw

でも伊達さんいわく、最上さんは上司と不倫していたらしく、それが引っかかってそういう対象にはならないと…

なるほど

「彼氏がいい男だとセキュリティも大変ね」

待ってましたの白石さん!

めっちゃ好き

「でも付き合ってからこれだけ不安続きにさせる彼氏って、果たして本当にいい男かしら?」

それ!!

さすがの白石さんです

確かに松子寄りの白石さんだから肩入れしてはいるかもだけど、やっぱ彼女が不安に思うなら最上さんと会うのは控えるべきだよね

伊達さんの実家の川越にも行くんだけど…お姉さんクセ強め?

彼女が来たのに元カノの話する?

絶対この家の嫁になりたくn(略

でも松子は伊達さんとの結婚を考え始めて、逆プロポーズもありかも?!って思い始める…

そこに今泉くんからの爆弾ですよ!!

お酒飲んで帰り道、元気ない気がする今泉くんを誘ってコーヒーを飲むけどどう切り出したらいいかわからず…

結局解散ってところで

「…藤井さん」

「ん?」

「結婚することになりました。おやすみなさい」

それだけ言って地下鉄へ消える今泉くん

そりゃ追っかけて「…誰とっ、…誰が?!」って聞いちゃうじゃん!!

美森さんと『その男』かよ!!

ずるくない?!そんな言い方!

「…っふ」

「…きみねぇ」

「藤井さん、未練タラタラじゃないですか」

そういうとこだぞ今泉!!

「…美森さんのこと、よかったの?それで」

「そう思いますよ、お互いに。もういいですか?電車来るんで」

「行くがいいよ」

嬉しそうに帰ってく今泉くんの横顔にキュンとしてしまったじゃないかーーー!!w

今泉くん、ほんとに恐ろしい…

アラサー女を誑かすプロ資格でも持ってんのか

松子は伊達さんと最上さんの関係にモヤモヤしてるけど…今泉くんとの関係の方がよほど罪深い気がしてきた…ww

クリスマスは伊達さんの家にお姉さんが来たので3人で過ごし、プレゼントにもらったのは指輪…ではなくネックレス

不毛な相手にデート気分ごっこをしてたあの頃よりもずっと実りのある恋愛をしていると実感する松子w(1巻参照:酒と恋には酔って然るべき 1巻(1~6合め)ネタバレ感想 - ちまうさのブログ

そして年末

今度は伊達さんからの爆弾投下

「実はオレ、会社辞めて海外行こうと思ってる。松子どうする?」

え?!

どうする?!

付いてきてほしいとか、結婚しようとかじゃなく…

決定権はこっちにあるんですね

いや、最終的に決定するのはもちろん松子だけど…伊達さんの本心先に聞けないのは…

ど、どうする松子?!ww

オススメ記事⇩

www.chimausa.com

www.chimausa.com

以上ちまうさでした

最後までお読み頂きありがとうございました