ちまうさのブログ

少女漫画や宝塚の感想やランキングを独断と偏見でお届けします

甘くない彼らの日常は。2巻(5~8話収録)ネタバレ感想

現在デザートで連載中の「甘くない彼らの日常は。」2巻のあらすじと感想をネタバレありつつご紹介しようと思います

前回までのあらすじ

学校で禁止されているバイトが見つかってしまい、理事長から罰則免除の交換条件として、一条・家入・五嶋の3人を卒業までサボらないように面倒みるよう言われた緑

3人と仲良くなってきた緑だけど、家入くんに「いらない」宣言されてしまって…?!

www.chimausa.com

感想

5限目

一条くんを支えたいという思いを家入くんに一刀両断されてしまった緑

今まで家に押しかけたりクラスメイトとの仲を取り持ったりと、迷惑に思われる行動に思い当たるフシがありすぎて、不安になって一条くんたちを避けてしまう

その挙動不審さと、家入くんの「もう関わる必要ないもんね」っていう言葉で、緑が自分たちを避けている理由を察してくれる五嶋くん!

萌えた…!

やっぱり家入くんは一条くんに依存してる感じなんですねぇ

そうなってしまう理由もあるらしいけど…今後そのエピソードも出てきそうですね

家入くんに負けずにちゃっかり意趣返しする緑の意外な気の強さも好きです

意外でもないか

1話でお金突っ返してましたもんね!

6限目

家入くんに宣戦布告(?)してからというもの、鉄壁のブロックで一条くんと話すことの出来ない緑

たまたまお買い物に出た先で一条くんに出会い、「父親が来てるから家に帰れない」と言った彼を家に招きます

そりゃ弟の紺くんビックリしますよね

それでもご飯出してくれるのほんと優秀すぎる!!w

一条くんと確執のありそうな父親に全寮制に行けって言われたらしいけど…これは断ってもう済んだ話ってことでいいのかな

居場所を作ってくれたお礼を言われた緑

これは支えになりたいと思ってる緑にとっては嬉しいですよね

一方五嶋くんは、家入くんに緑のことをあからさますぎだって釘をさしてくれるけど…?!

最初優しげだったのは、要望を叶えてあげれば関わらなくて済むと思ったって…

やっぱだいぶ拗らせてる感じですよね、家入くん

「変わったのは千尋でしょ。七海ちゃんに対していつの間にかそんなに気を許しちゃってさ」

「…だっていい奴じゃん。今まであんな奴いなかっただろ」

 「だからこそ厄介なんだって」

ふ…不穏だよーw

7限目

2泊3日の宿泊研修の班を3人と一緒になるように理事長に仕組まれていた緑

バスの隣は家入くんで、チクチク言われつつも応戦する緑が好きだーw

そんな緑の今の頭の中は、熱を出してしまった弟の紺のことでいっぱい

『間違っても帰ってこようとか思うなよ』ってラインしてきたあと『土産にいい景色の写真でも撮ってきて』って送ってくる紺くんのツンデレなシスコン感良い!!w

そんな姉弟のやりとりを微笑ましく隣で見てる一条くん

野外炊飯では、キッチン出禁の緑は家入くんと2人で火起こし担当に

薪割り場へ行く途中、他のクラスの男子が家入くんの悪口を言っている現場に遭遇

「モテない男子のひがみ」って笑って受け流したけど、五嶋くんの悪口になった瞬間、怒って割って入ってしまいます

自分のことでは怒らないのに、2人のことを悪く言われるのは我慢出来ない家入くんに「そういうとこいいなって思って」と笑う緑

「…俺はあんたのそういうところが嫌い」

作り笑いじゃなく、初めて本音を見せてるっぽい家入くん

「七海ちゃんが嫌な奴だったら簡単だったのに。礼も千尋も見向きもしない。排除して終わりだ」

ほんとに母親に執着する子供みたいな感情ですね

ちょっと可愛く感じてきたw

「…俺は2人さえいればいい。頼むから、俺から礼を奪うなよ」

「…うん、奪わないよ。ていうか、奪えない?」

一条くんが、家入くんのことを家族みたいと言っていたのを話し、どれだけ必要な存在であるかを話す緑

それを聞いて「やっぱ嫌いだわ」という家入くんだけど…

その笑顔は?!

ちょっとほだされたりしてません?!

やっぱり当て馬フラグ立ってませんかね?

8限目

携帯をなくしてしまった緑

館内にも落とし物にもなく、落としたとしたら昼間歩いた森の中

探しに行こうとしたところで一条くんと出会い、一緒に探してくれることに

結局家入くんが他クラスの男子にケンカをふっかけた時に落としていたらしく、無事に見つかります

2人で座って上を見上げると、街の光がないぶん星が綺麗に見えます

そして、小さい頃の思い出を話してくれる一条くん

まだ母親が元気だった頃、別荘で3人で1つの毛布にくるまって流星群を見たこと

そんな思い出話を聞けて嬉しい緑

宿泊所に帰ると、案の定待ち構えている家入くんw

携帯落としたのを抜けてると責められた緑だけど、家入くんが他クラス男子の挑発に乗ったせいだと言えず悶々…

むっとする緑にニヤニヤする家入くんを見て「…なんか2人打ち解けた?」と以前までの雰囲気と違うことを察する一条くん

家入くんが素で女の子に接するのは緑だけなんですよね

「雪だけじゃないか。千尋も俺も。あんたって不思議なやつだな」

少しは一条くんにとって特別になれたのかと思いたい緑

一方家入くんは別の作戦に出ますw

五嶋くんに「七海ちゃんが好きなの?」と五島くんに緑を意識するように仕向け、さらに一条くんには「…あの動揺の仕方、まじなやつかもな」と一緒に応援ムードを作るとか…

ちょっと卑怯感出てません?!

しかも五嶋くんもまんざらでもなく、緑のこと意識して真っ赤になっちゃうし!!

可愛いかよ!w

 

おすすめ記事⇩

同じ作者様の作品です

www.chimausa.com

以上ちまうさでした

最後までお読みいただきありがとうございました