ちまうさのブログ

少女漫画や宝塚の感想やランキングを独断と偏見でお届けします

センチメンタルキス 2話(1巻収録予定)ネタバレ感想 最新話

2020年5月20日発売のマーガレット12号「センチメンタルキス 2話」のあらすじと感想をご紹介していきたいと思います

前回のあらすじ

夏川佑菜はハタチの大学2年生

妹を怪しいイベントから連れ戻すために、高校の頃の制服を着て出掛けた先で、母校の2年生・久瀬日向に助けられる

2度と会うことはないと思っている佑菜だったが…?!

www.chimausa.com

センチメンタルキス 第2話

佑菜はモテない…?

2日酔いのまま大学に来た佑菜だが、ようやく体調が回復してきた

友達の恭子に昨日の出来事を愚痴る

「高2だっけ?助けてくれた男の子」

騒ぎの中逃してくれた男の子

暗かったのと酔っていたので、顔も定かではなく、覚えているのは竹刀を持つ立ち姿と日和という名前だけ

もしかしたら佑菜に気があって探してるかもよ、という恭子に「その妄想は調子乗りすぎ」と自分がモテてこなかったのを知ってるでしょと諭す

次の授業に向かう佑菜を見送る恭子

「『モテない』ねぇ」

そこに佑菜の幼なじみの亜蘭が通りかかる

「佑菜と一緒じゃなかったか。用あったのに」

「…ねぇ、佑菜モテないんだって」

「え?まぁそうなんじゃね?」

「…なんでだろね」

佑菜を探す日和

日和はこの3日間、3年生の教室を回って佑菜を探していた

名前も知らないため、手がかりは『髪の長い3年生の女の子』というだけ

全クラスを回り、休みの場合もあるだろうと先生にも確認を取ったが、一向に見つからない

ウチの制服を着た他校生だったのか、1年生なのか…

可能性を考えぼーっとしていると、友人に「幽霊だったんだよ」と茶化されてしまう

「だってあれから全然見つからないし。日和くんの道場からフッと消えたんでしょ?!絶対そうだって!」

「バカ言ってんな。絶対いたんだよ」

「日和くんはその人見つけてどうしたいの?」

知りたかった

帰り道、降り出してきた雨

日和はスーパーから出てくる佑菜を見つける

雨の中の儚げな佑菜を見て、友人の「幽霊だったんだよ」という言葉が頭をよぎり、まさか俺にだけ見えてるわけじゃないよな、とバカなことを考えてしまう

届かないくらいの声で「こっち見ろ」と呟くと、一瞬こちらを見た佑菜だが、すぐに踵を返し歩いていく

思わず追いかけてその肩を掴み、振り向かせる日和

「え…っ、あっあの…」

突然肩を掴まれ驚く佑菜だが、制服姿にピンとくる

「もしかして日和くんですか?!」

「…日和ですけど」

「あっ良かった!ごめんね実はちゃんと顔覚えてなくて…」

その言葉にショックを受ける日和

「…学校、いなかったですよね」

日和に言われ、自分はあの日妹を追いかけるためにやむなく制服を着ていたが、実はハタチの大学生だということ、騙すつもりはなかったことを打ち明けます

「…探してもみつからなくて」

「えっ探…?!」

「友達に幽霊だったんじゃって言われて」

意外な言葉に思わず笑ってしまう佑菜

「あははっ、ほら、ちゃんといるでしょ」

肩をポンと叩く佑菜

「それから、太陽の下でちゃんと顔見たから、今度こそ日和くんの顔覚えたよ」

いつの間にか雨があがっている

「私のこと探してたって…どうして?」

「…名前、聞いてなかったから」

「名前…あぁそっか。夏川佑菜です。助けてくれてありがとう、日和くん」

感想

日和くん、やっぱ学校で探しましたよね!!

そして帰りにあっさり見つかって良かった

でも接点とか何もないですよね

今後どうやって2人は連絡取ったり繋がったりするんでしょうか…?

ようやく佑菜の名前を知れて嬉しそうな日和くんが可愛い!!

そしてモテないはずがない佑菜ですが…原因は恭子ちゃんの口ぶりだと亜蘭くんにありそうですね

自分は彼女の家にお泊りして朝帰りとかしてるのに…(1話初登場時参照)

本命は佑菜ってことですかね?

まだ始まったばかりで展開が全く読めません

どんなストーリーになっていくのでしょうか?!

見逃せませんね!

次回掲載号の発売日は?

次号も掲載されますね

13号は2020年6月5日(金)発売です

楽しみに待ちましょう

小森先生の作品を無料で読むなら?

マンガMeeがオススメ!

無料で『僕の花のメランコリー』『I love you baby』『乙女Holic』を1巻から読むことが出来ます

お見逃し無く!!

インストール無料・大人気少女漫画が読み放題

使い方がわからない方はこちらの記事をどうぞ⇩

www.chimausa.com

おすすめ記事⇩

www.chimausa.com

www.chimausa.com

以上ちまうさでした

最後までお読み頂きありがとうございました