ちまうさのブログ

少女漫画や宝塚の感想やランキングを独断と偏見でお届けします

暁のヨナ 192話【神の声が木霊する城】(33巻収録予定)ネタバレ感想 最新話

2020年5月20日発売の花とゆめ12.13号掲載「暁のヨナ」192話のあらすじと感想をご紹介していきたいと思います

コミックス最新刊は32巻

前回までのあらすじ

ヨンヒが記したユホンとの出会い

7日に1度会っていたのが母親の知るところとなり、ヨンヒはユホンとの待ち合わせ場所に行かなくなるが…?!

www.chimausa.com

暁のヨナ 192話【神の声が木霊する城】

ユホンと婚約したヨンヒ

「どうしてもお前が欲しい。俺と来い」

そう請われたものの1人では重すぎる選択だったため、母親にユホンのことを相談したヨンヒ

一国の王子を前に逃れられぬと覚悟し、ヨンヒの母はすべてを話すことにした

自分たちは緋龍王の末裔であること

昔は王家に対し反乱を企てたこともあるということ

民衆から嘘つきと刃を向けられ半数以上が処罰された過去から、今はその血を隠し静かに暮らしていること

さらには、一族の人間は緋の病にかかり短命の可能性があるということ

「バレなければ良いのだな?」

黙って聞いていたユホンは、ヨンヒの母の話を信じた上で、ヨンヒを諦める理由にはならないと言い、ヨンヒと一族を守ると約束する

龍王信仰と神殿

城に入ったヨンヒは婚礼を控えていた

だが神官を目の敵にするユホンは、婚礼の儀に神殿を使うよう進言してくるのが気に入らない

お告げと言って政にも口を出す神官と、それを真に受ける父王や弟のイルとも考え方の違うユホン

「俺が王になったら神殿の在り方を変える」

ユホンが仕事に行っている間、ユンヒにはヒューイという護衛がつけられた

城内の庭を散歩していると、神殿に仕える巫女・カシと、見習い神官のイスクという子達と出会う

ヨンヒを知っているようで、ユホンが貴族との縁談をすべて断って選んだ正室だと噂になっているらしい

未だに自分が正室だと信じられないと話すヨンヒ

それに対しカシは、ユホンがヨンヒを選んだことが驚きだと話す

「わかっています。とても不釣り合いで…」

「そうではありません。ユホン様は神殿がお嫌いですから、緋龍王信仰を否定されているのかと思いました」

確かに緋龍王を否定してはいないと答えつつ、なぜユホン自分を選んだという話から緋龍王信仰の話になったのかと疑問に感じるヨンヒ

そこに、イル王子がやってくる

慣れない城暮らしのヨンヒを気遣う言葉をかけて、婚礼の儀が楽しみだと話すイル王子

「それが…」と顔を曇らせたので、婚礼の儀でも神殿に参らない兄の意思を悟ったイル王子は、それでは婚礼は認められないかもしれないと話す

龍王は国の象徴であり、ないがしろにしてはいけない

神殿で祝福を受けることで、国の安寧を約束されると

聞きながら、自分はその緋龍王の血筋の人間で、その緋龍王が自分たちに残したものは「短い命」だと虚しく思うヨンヒ

イルはこれから神殿に行ってみようと提案し、ヨンヒを連れていく

カシやイスクも一緒に神殿へ行くと、緋龍城よりも立派な建物

中に入り、大神官に迎えられると、ヨンヒはなぜユホンが神殿を嫌悪しているのかを理解した

この神殿は、頭を垂れる王族を大神官が見下ろすように出来ているのだった

血筋を見抜く神官

イルが大神官にヨンヒを紹介する

目があった瞬間、ここから出なくてはと悟るヨンヒ

しかし時すでに遅く…

ヨンヒが緋龍王の末裔だということが知られてしまう

興奮する大神官と、困惑するイル王子

そこに大声でイルの名を呼びユホンが入ってくる

「何故俺の許可なくここにヨンヒを連れて来た…?」

イルは兄のユホンにヨンヒが緋龍王の末裔だということを知っていたのかと問いただす

誤魔化したユホンだが、嘘を見破ったイル

「どうして隠すんだい?緋龍王の…神の血が城に還ってきたんだよ、素晴らしいじゃないか。これは天の意志だ」

「意味がわからん!ヨンヒは神ではない」

「どうして隠すの?!まさか緋龍王の血筋だとバレたら、私が彼女に興味を持つと思ったのかい?」

どんどんヒートアップするイル

「それとも、緋龍王を崇める私を馬鹿にしながら、本当は兄上も緋龍王を欲していたんじゃないのかい?!そして緋龍王の血を独り占めしようとしてたんだ…!!」

我慢できず、ユホンはイルを殴り飛ばす

そしてヨンヒの血族は神官たちの知るところとなり、恐ろしい弾圧が始まった…

感想

イスクやヒューイといった、知ってる名前が続々出てきましたね

今後どう絡んでくるのかな?

ユホン様、やっぱりカッコいいなぁ…

「どうしてもお前が欲しい」とか「諦める理由にならない」とか

めっちゃ情熱的で素敵だー

なんだか憎めない人なんだけど、今後どうなっていくんでしょうか

イル陛下も、若いせいか話を聞かずに突っ走っちゃってる感じしますね

兄上に馬鹿にされてると思っちゃってるのかしら

ユホンは最初イルをバカにしなかったヨンヒだから見初めたというのに…涙

立派な兄と比べられてきたコンプレックスが爆発した感じ?(違うか

でもユホンのお怒りももっともで

ヨンヒが緋龍王の血筋だから正室に選んだと思われるのは嫌ですよね

そんな理由で選んだわけじゃないと…

「ヨンヒは神ではない」って言葉がすべて物語ってますよね

ただ1人の女性としてヨンヒを見つけて選んだのに…

最後は不穏な感じで終わりましたね

弾圧って…

血筋のことがバレないよう、ヨンヒも一族も守るってお母さんに言ってくれたのに…

一体どうなるのでしょうか?!

続きが気になります!

そして募るハク不足…(泣

次回掲載号の発売日は?

次回も14.15合併号ですね

発売日は2020年6月20日(土)です

また1ヶ月空きますが、楽しみに待ちましょう!

 

オススメ記事

www.chimausa.com

www.chimausa.com

以上、ちまうさでした

最後までお読み頂きありがとうございました