ちまうさのブログ

少女漫画や宝塚の感想やランキングを独断と偏見でお届けします

墜落JKと廃人教師 50話(8巻収録予定)ネタバレ感想

2020年5月20日発売、花とゆめ12.13号に掲載されている「墜落JKと廃人教師」50話のあらすじをネタバレ有りの感想と一緒にご紹介していきます

コミックス最新刊は7巻です

前回までのあらすじ

進級し、先生が担任するクラスではなくなってしまった扇言は寂しく感じるが、クラスが変わっても見ててくれると言ってくれた先生

そんな先生のクラスに、教育実習生が…?

www.chimausa.com

墜落JKと廃人教師 Episode.50

扇言が登校すると、駐車場の隅で校長の銅像に潰されそうになっている先生を見つける

相変わらず扇言のストーカーをして身を潜めていたところ、肘をぶつけて銅像が倒れてきたらしい

足の怪我が治っておらず、加勢出来ないため誰か読んでこようとするが、呼び止められる

「一応黙っててくれそうな応援は呼んであるから」

「そうですか、じゃあ私はこれで」

「待って待って」

手が離せないのに頭がかゆいと言って引き止める先生に、呆れつつもその場に残って雑談する扇言

ふと駐車場に目を向けると、車体の後ろがなにかにぶつかったように凹んでいる車を見つける

応援に来たのは、先生に借りのある男子生徒2人と、教育実習生の姫野先生

結局校長の銅像はバランスを崩し、首から折れてしまう

「姫野は行っていいよ」

「えっでも…」

「…姫野、先生ですか?」

「そうそうコイツ、教育実習生の」

「姫野麗と言います!よろしくね!!」

眩しいキラキラを出して自己紹介する姫野先生

「それよりもそれ…どうしたらいいでしょう…」

「あーまぁ思ってるより大事じゃないから、心配ねーよ」

灰仁がやらかすのはいつのも事と、銅像を壊した張本人の生徒2人も言われる先生

「このことは気にしなくていいから。緊張してんだろ、授業頑張れー」

「はいっ」と元気に去っていく姫野先生を見ながら、可愛くて守ってあげたいと話す男子2人

「灰仁から見てもかわいい?」

「あぁうん、かわ」

言いかけて扇言の視線に気付き、「俺に振るんじゃねぇよ」と強制的に話題を終わらせる先生

長々と釈明するも、「欠片も怒ってないですけど、言い訳は長いほど疑念が増しますよ」と一刀両断

「…先生って、今までにも色々とやらかして、だからだらしないし廃人とかクズとか言われてるんですよね」

「そ…そんな言わずとも…」

「大丈夫ですよ、今から褒めるので」

「ほんとに?なにこの飴とムチ」

「でもそのやらかしてきたことの中には、他の誰かを庇った分もたくさんあるんでしょうね」

扇言は駐車場の車を指さしながら言う

「あれって姫野先生の車ですよね」

車を銅像にぶつけたところに、先生がいたというのが真相のよう

「そういうのって、気づかれない方がかっこいいって知ってる?」

指差していた扇言の手を取り、シーと人差し指を立てる先生

その仕草に赤くなってしまう

「…でも気づかれて、ちょっと嬉しそうですね」

「だってもうこれ、まさに心が通じ合ってるみたいな…」

話している場所に面した校舎内の廊下を、校長先生が通りかかる

先生から目をそむけない校長先生

「やっべー、校長の気持ちが手にとるように分かる」

「心が通じ合ってますね」

怒られてくるという先生に「生徒がいた方が罪が軽くなりますよ」と一緒に校長のところへ行く扇言

「いいやつだなお前」

「先生もですね」

放課後、心身ともに疲れたと帰ろうとする先生のもとに、朝の出来事のお礼に来た姫野先生

実習初日からしでかしてしまって不安だったから、優しく庇ってもらえて嬉しかったと頬を染め、今夜食事でもと誘われる

扇言のことを考え悩む先生だが、やはり断ろうとする

すると担任の先生が通り掛り、結局みんなで飲みに行くことに…

感想

教育実習生来ましたねー!!

かわいい太陽系キラキラの姫野先生!

初日緊張してるときにこんな感じで庇われたら、そりゃ惚れてもおかしくないですよね

今のところクズっぷりは見せてないわけだしw

先生のこういう見せない優しさ、めっちゃ好きです

今回も前回に引き続き、わりとイケメンターンでしたねw

校長先生、銅像壊されて不憫だけどめっちゃ笑った

心通じ合ってるw

次回は飲み会のお話もあるのかな?

姫野先生と飲んだ釈明(長)を無表情で聞く扇言とか見たいなw

次回掲載号の発売日は?

次回も14.15合併号ですね

発売日は2020年6月20日(土)です

また1ヶ月空きますが、楽しみに待ちましょう!

更新しました⇩

www.chimausa.com

おすすめ記事

www.chimausa.com

www.chimausa.com

以上ちまうさでした

最後までお読み頂きありがとうございました