ちまうさのブログ

少女漫画や宝塚の感想やランキングを独断と偏見でお届けします

春と恋と君のこと 第15話(4巻収録予定)ネタバレ感想

2020年5月13日発売の別冊マーガレット「春と恋と君のこと 15話」のあらすじと感想をネタバレ有りでご紹介しようと思います

コミックス最新刊は3巻です

簡単なあらすじ

公開告白を経てついに付き合うことになった2人

ライバルの出現にも「俺は紘果じゃないとだめだった」と言ってくれて、2人の絆はより深まりました

www.chimausa.com

www.chimausa.com

春と恋と君のこと #15

デート…?

週末に出かける約束をしたものの、小テストの結果が悪かったせいで、中間テスト対策に休みの日も勉強することになってテンションの下がってしまった紘果

「勉強デートもいいじゃん。高校生らしいよ」

「え?勉強しに行くのもデート…?」

「デートと…思っていけばデートなんじゃないの」

そう言われて少し気分が上がる

カフェに着き、カウンターの席を取る2人

椅子が高く座るのが大変という紘果のため、椅子を引いて手を差し出し座らせてくれる藍里

飲み物も買ってきてくれるし、距離感も近く、紘果は『付き合う』ということがどういうものなのか具体的にわからないせいで、戸惑いを隠せない

藍里も同じだと思っていたが、なぜか慣れてる感じにもやもや…

それでも特別な場所に出掛けてなくても、ずっと2人でいられて勉強も教えてもらえて、これはこれで楽しいと思う紘果

友達から恋人へ

帰り道、さり気なく車道側から変わってくれる藍里

「ちょっとこっち通っていい?」

そう言われ連れて行かれた階段の上

寄り道と言って立ち寄ったのは、街を一望できる穴場スポット

喜びつつ、やはり手慣れてるのが気にかかる紘果

「なんでそんなさ…、急に彼氏…みたいなことするの?」

「え…?!…彼氏、になったからじゃないでしょうか」

驚く藍里に、付き合うのが初めてだから2人とも初心者だと思っていたこと

飲み物買ってきてくれたり車道側を歩いてくれたり、それっぽいことをちゃんと出来てるのが慣れてるみたいだと話す

「慣れてるわけあるかー!」

元々女子との接触が苦手だった藍里は慣れているわけではなく、今日が勉強だけでつまらないと思わせたら嫌だと、1箇所くらいどこか寄れないかと調べていたと白状する

「ねー言わせないで!そういうのスマートにしたいタイプです俺」

「じゃあそういうの台無しにするタイプです私」

真っ赤になる藍里を見て、慣れているわけではないとホッとする紘果

エスコートみたいなのも?調べたの?」

してるつもりないけど、自然にそうなるのだと言う藍里

「友達の時と、ちょっと違うのは当たり前でしょ」

藍里の言葉に納得し、その藍里の顔は自分しか知らないのだと思うと嬉しい紘果

「一緒だと…なんか別になんでも、どこでも楽しいんだね。知らなかった」

もう少しだけゆっくり

柔らかく笑う紘果の髪をくしゃっと撫でて、そのままキスをしようと顔を近付けるが、ぐいーっと押し返されてしまう

「…え?」

「え?」

「待って待って…キスとか、しようと…してない?」

「してますけど…」

恥ずかしいけど嬉しい

嬉しいけど、まだ気持ちが付いていかない紘果

「そんな…急には無理」

「いやいやお前…」

藍里は初対面で事故キスした時の紘果の対応を蒸し返すが、それと今とでは違うと反論する

さらに、女子が苦手だったはずの藍里がなぜ急に平気なのかと聞く紘果

「好きだから…そりゃ好きな子といる時の自分になるし…」

キスもしたいと言われ、お互いに真っ赤になる2人

「私もちょっとずつちゃんと変わってるからさ。だから…その、もう少しだけゆっくりめで…お願いします」

「…どのくらい?」

「え?」

「いつになったらしていいの」

拗ねた顔の藍里は、初心者でわからないからキスしてもいいと思ったら自分から言ってと紘果に言い渡します

「俺はもう頑張れない」

「え…私が言うの?していいよって?」

「そう」

自分が藍里に向かって「キスしていいよー」と言っているのを想像して絶句する紘果

「むっ、無理に決まってるじゃん…!」

「俺の方がかわいそうだから無理ー」

「ちょっと~~~~!」

感想

はーーー可愛い

可愛いの大渋滞でした

紘果のちょっと幼い感じ…めっちゃ可愛い(語彙力

すれ違う女の子たちにキャーキャー言われてるのにヤキモチ妬いて、袖ぎゅっと掴むのめっちゃ萌えた…!!

何あの可愛い生き物!!

「ねー言わせないで!そういうのスマートにしたいタイプです俺」

「じゃあそういうの台無しにするタイプです私」

このやりとり声出して笑ってしまったwww

藍里が不憫で…w

恋愛に関してだけじゃなく、人の気持ちの機微に疎い紘果だから、自分がいっぱいいっぱいになると、相手のことを考えずに結構言葉ズケズケ言いますよね

キスされそうになって「なんか近付いてくるしちょっと無理」とか…w

これはさすがに藍里が可哀想だったけど、最後ちゃっかり反撃してるあたり、ちゃんと紘果のことを理解してる感あって良かった!

次回掲載号の発売日は?

次号も掲載されますね!

別冊マーガレット7月号は6月13日(土)発売です

楽しみですね!

更新しました⇩

www.chimausa.com

綾瀬羽美先生のマンガを無料で読むなら?

マンガMeeがオススメ!

「理想的ボーイフレンド」を1巻から無料で読むことが出来ます!!

こちらも可愛らしいお話で、楓くんがぼーっとしてて愛おしいw

とってもオススメな漫画です

お見逃しなく!

インストール無料・大人気少女漫画が読み放題

オススメ記事⇩

www.chimausa.com

www.chimausa.com

以上ちまうさでした

最後までお読み頂きありがとうございました