ちまうさのブログ

少女漫画や宝塚の感想やランキングを独断と偏見でお届けします

墜落JKと廃人教師 49話(8巻収録予定)ネタバレ感想

2020年4月20日発売、花とゆめ10.11号に掲載されている「墜落JKと廃人教師」49話のあらすじをネタバレ有りの感想と一緒にご紹介していきます

コミックス最新刊は7巻です

前回までのあらすじ

扇言と一馬、なずなと廃れた遊園地に行く回でした

詳しくはこちら⇩

www.chimausa.com

墜落JKと廃人教師 Episode.49

春の風は不安を運ぶ…?

薫子を庇い、突風で倒れてきたクラス分けの掲示板の下敷きになった扇言

ケガはないと言うがどこか浮かない顔

「JKほんとになんともないの?さっきから不安そうな顔してんじゃん」

「あ…いや…これは…クラス替えが不安で…」

進級し新たなクラスになる面々

扇言と薫子もクラスが離れてしまい、一馬はなずなとは同じクラスだが他に知り合いはいないという

「この時期ホント苦手…」

「わかります…」

「暗いなー。不安になった時は物事を大きく見ればいいって言うだろ。次だ次、来世でがんばれ

「励ます気1ミリもねえなクソ野郎」

一馬の鋭いツッコミにも動じない先生w

チャイムが鳴り、それぞれの教室へ行かなくてはならない時間

「どこ行くの灰仁、先輩と同じクラスじゃ…。あ、替わったんだっけ」

掲示板見ただろー。替わったよ」

手を振り去っていく先生の背中から目をそらす扇言

(先生と…違うクラス…)

春だから不安で、春だからあたたかい

放課後、新しいクラスで誰とも話せなかったと落ち込む扇言

また春の突風が吹き、ふらついた扇言を支えたのは、ストーカーをしていた先生w

「またつけてたんですか」

「おお、いつも通り」

扇言をじっと見つめ、家に寄るように言う先生

着替えてからと言うのを「それじゃ意味ねーんだって」と無理矢理自宅に連れ帰ります

そして家に着くなり「JK、脱いで」と言い出す先生

「何ですか?」

「タイツ脱いで」

無言で軽蔑の眼差しを向ける扇言ww

「違ぇわ。俺がお前の嫌がることするわけないだろ」

ソファに押し倒すと「でも脱げ」とタイツを脱がせます

今朝掲示板が倒れてきた時に、足を痛めていた扇言

「ど…どうしてこのこと…」

「足挟まったって言ってたじゃん。正直確証はなかったけど、違っても俺には得でしかないしな

「言わないほうが得ですよ、そういうこと」

誰にもケガのことを言わなかったのは、心配かけたくないからだろうとわかっている先生

「俺にくらい言えよなー。クラス担じゃなくなったから遠慮したとか?」

その言葉に、言わなかったんじゃなくて、言えなかったと話す扇言

「先生とクラス離れたの、寂しくて…」

今頼ってしまったら、離れるのがもっとイヤになってしまうから言えなかったと話し顔を覆う

「でも俺気付いただろ、お前のケガ」

その手を優しく包み込む先生

「クラス違っても、ちゃんと見てるよ、お前のこと」

クラス関係なく離れるつもりはないと言ってくれる先生に、心があたたかくなる扇言

そして調子に乗って、タイツを脱いだ足を触りながら「俺と離れるのそんなに嫌かー」と嬉しそうにしだす先生

「あの…先生…足、あんまり触らないでほしいです…」

「え、あ、痛い?」

「そうじゃ…なくて…」

真っ赤になる扇言の顔を見て一瞬天を仰ぐ先生w

そして馬乗りになると

「その顔でもっと触ってって言ってくれたらやめるわ」

扇言に「色々前言撤回です!触らないで下さい!」と怒られる先生でした

感想

前回の遊園地回で先生不足だったので、今回イケメンな灰仁を堪能出来て良かったー!!

ケガしたの隠してもちゃんと気付いてくれるのめっちゃ良い!

たとえ確証はなくてもww

ほんと心の声出さなきゃイケメンなのにww

でもそこが良い

進級してクラス離れちゃったのは残念…

それを寂しがる扇言が可愛い!

なんか普通の恋愛漫画みたいな回だった(こら

しかも次回灰仁のクラスに教育実習生が来るって…

女性の先生かな?

クラス違うと、扇言がどう関わっていくんだろう?

次回掲載号の発売日は?

コロナウイルスの影響で、12号と13号、14号と15号がそれぞれ合併号になると情報が公開されましたね

こんなところにもコロナの影響が…

作家さんや編集の皆様には、大変な時期にもキュンを提供してくださって、頭が下がります

家で漫画を読みつつ、キュンとして免疫まで上がる

漫画最高ですよね!!

12.13合併号は2020年5月20日発売です

教育実習生の回かな?

楽しみに待ちましょう!!

更新しました⇩

www.chimausa.com

おすすめ記事

www.chimausa.com

www.chimausa.com

以上ちまうさでした

最後までお読み頂きありがとうございました