ちまうさのブログ

少女漫画や宝塚の感想やランキングを独断と偏見でお届けします

さくらと先生 4巻(13~16話)ネタバレ感想

『さくらと先生』4巻のあらすじと感想をネタバレも交えつつご紹介しようと思います

【これまでのあらすじ】

告白して以降、少しずつ距離が縮まっていくさくらと先生

文化祭の後夜祭で教室で2人で花火を見ていたことが噂になり、先生に迷惑をかけまいと距離を置こうとしますが、気持ちを抑えきれずに抱きつき、再び「すき」と告白します

すると先生も抱き締め返してキスをしてくれて…?!

www.chimausa.com

www.chimausa.com

www.chimausa.com

感想

2年生になったさくらの担任は藤春先生

嬉しい反面、少し不安もあったさくら

担任の職権乱用で(笑)さくらの携帯番号を知った先生から電話がくる

前みたいに噂がたったときとか、何かあったらすぐ連絡するように

番号は登録しないで覚えておくこと

それだけ言うと電話を切ろうとする先生に、なんとか話題を振るさくら

「初めて先生のこと好きだって思ったのは、月の綺麗な夜でした」

「…その月は僕も覚えがあります」

なんて素敵な会話…!!

さくらは自分は好きだって素直に言うけど、決して先生の言葉を望まないところが弁えてるというか大人ですね

それをわかってるから、先生もこうやって直接的ではないけど気持ちを伝えてくれてるのが…良い!!!

かと思えば、修学旅行に行く飛行機でちゃっかり隣に座って手を握ってきたり!?

やっぱり先生はズルい!!

 

修学旅行で忘れ物を取りに、瀬戸くん達の協力のもとホテルを抜け出したさくら

帰り道に迷ってしまって、助けを呼ぼうと瀬戸くんに電話したところを先生に見つかってしまう場面

もちろん教師として怒ってるんだけど、もうひとつはきっと連絡先を教えてたのに瀬戸くんに電話したのにも怒ってるよね先生?!

嫉妬でしょ?

一人で帰るって言い張るさくらを抱っこで帰るとか…

「ごちゃごちゃうるさいんだもん」とか言ってるけど…

独占欲でしょう?!

いつもはさくら達生徒にも敬語の先生が、所々敬語じゃなくなってるのがもう…!!

 

先生×生徒モノには鉄板の、ライバルは教育実習生?!みたいな展開も少しだけあります

でもそこは深く掘り下げず、さくらが己を考えるきっかけになったり

あとは瀬戸くんがさくらに告白するきっかけになったり…!!

瀬戸くん…幸せになってね(涙

 

「先生はどうして先生になったんですか?」

そう聞かれた先生は「検定満点合格したら答えましょう」と提案

見事満点を取ったさくらと先生は、二人のことを誰も知らないであろう遠くの海へ出掛けます

先生が教師になったのは、就職で悩んで取り敢えず教員免許取って、たまたま欠員が出た学校に就職しただけ

「湊さんは、瀬戸くんみたいな子とこうあるべきだと思う」

大人になればつまらない人間だとわかると話す先生

「それはじゃあ、10年後にまた考えます。今のわたしが好きなのは先生だから」

なんだかさくらの方がよっぽど大人で肝がすわってるよー

でもそれは若さ故かな

そりゃ先生は16歳相手に慎重にもなるよね…

 

誰もいない浜辺

後ろから先生に抱きつき二人で倒れ込む

先生から眼鏡を取って、さくらからキスをします

それに応え、キスを返してくれる先生

「好きだよ」

初めての先生からの言葉

嬉しくて涙ぐむさくら

「初めてきいた…」

「もう言わないから、ちゃんと覚えておくように」

 

ぬ…

泣いてしまうよー…!!

外で会うのはこれっきりってことだよね?!

辛いけど…きっとさくらもわかってるから泣いてるんだよね…

まだ2年生

卒業まで1年以上もあるのに…

もどかしいーーー!!!

 

以上ちまうさでした(*´ェ`*)

最後までお読み頂きありがとうございました