ちまうさのブログ

少女漫画や宝塚の感想やランキングを独断と偏見でお届けします

花とゆめ8号 ネタバレ感想

2020年3月19日発売の花とゆめ8号について、各作品の感想をネタバレ有りでご紹介していこうと思います

 

前号記事はこちら⇩

www.chimausa.com

収録作品は?

「執事・黒星は傅かない」

コレットは死ぬことにした」

「呪い子の召使い」

「恋に無駄口」

高嶺と花

スキップ・ビート!

「忍恋」

「墜落JKと廃人教師」

「さいごの一日」

「来世ゲーム」

「ダンゲキ!」

他多数

表紙は?

「墜落JKと廃人教師」sora

春っぽい!桜吹雪が綺麗です

個人的には絵の雰囲気に合わせて『花とゆめ』のロゴの色、ピンクが良かったな…

巻頭カラーは?

「執事・黒星は傅かない」音久無

今回の内容に合わせて海!ゆかりんは水着だけど黒星はワイシャツなのが良き!

あらすじと感想

書きたいものだけちょこっとご紹介してきます

ネタバレもあるのでお気をつけ下さい

コレットは死ぬことにした 第97話

ついに戦いが始まりました

リニが強いのが意外!

そしてコレットさん、おいしいとこ持ってくー!!

でもずっと感じていた言いようのないもどかしさ…

楽しいはずのお祭なのに、ちょっと予感がして違う意味でもドキドキ…

でも最期の日がとっても気持ち良かったなら、きっとスズリさんも本望だっただろうな…

次回掲載は10.11号(4月20日発売)です

呪い子の召使い 第2話

呪いのコントロールが出来るようになればと、アルベールを外に連れ出すレネ

きっとレネを育ててくれた先生がいい人だったからこそ、レネも真っ直ぐなんだろうな

それがアルベールにきっといい影響を与えてくれそうだけど…

叔父さん…思ってたより若いな

しかもなんか企んでそうな顔…

やめてよー

アルベールを失望させないでよー(泣

次回掲載は9号(4月3日発売)です

恋に無駄口 talk.10

本当にどこを見ても濃いキャラしかいないw

詰出(ツンデ)会長に七三分吉(シチサンワケキチ)書紀

こんな生徒会嫌だ…w

しかも七三くんのキャラがだいぶウザめww

会長には敬語ってところがまた胡散臭さを底上げする…w

シロ、普段めっちゃ可愛いからこそ、ほっぺについたチョコ食べたとこのギャップに震えた…!

七三に負けるなー!!

高嶺と花 第97話

女子高生の新妻の新居がタワマン!w

ちょっと意識しつつも、ぎゃーぎゃー言い合いをしてるといつも通りでホッとする花

高嶺さんのシャワー中のお姉ちゃんの電話で、また意識しだすハメに

「そもそもが特殊すぎてこの行動が日常的なものなのかそうじゃないのか判断がつかない」ww

めっちゃ笑ったww

そりゃ鏡に向かって何練かわからないことをタオル1枚でされたらそうなるww

最終的になんとか高嶺さんから抱き締めにいったけど…

中学生みたいな恥ずかしさ…

共感性羞恥にはツライ…ww

次回掲載は9号(4月3日発売)です

スキップ・ビート! ACT.280 災異猛襲―ノアの方舟滑り込んだらー

なんとか敦賀さんの想いが伝わったし、キョーコが敦賀さんも想っていることも伝わったのかな…?

と思いきや…!!

社さんと電話してる間に、キョーコが思い出したのは坊として聞いてた敦賀さんの「大事な人は作れない。どこに居ても…」という言葉

これ…また変な方向にこじれていくのかな?!

社さんと電話してる場合じゃないよ敦賀さん!!w

そして満を持して(?)セドリック登場ですね

森住仁子が夢中な彼…

引っ掻き回される予感(震

次回掲載は10.11号(4月20日発売)です

忍恋 第27話

鐵男に楓は死んてしまったと聞かされ、里に送り返される杏子

弱ってるのが痛々しいけど、鐵男の気持ちもまた切ない

死人に引っ張られるくらいなら、自分を憎む気持ちを生きる糧にしてほしいなんて…泣

里の牢屋で謹慎中、助けに来てくれたのは紗々

でも杏子は楓が死んだならどこで生きたって同じだと走るのをやめてしまう

そんな杏子に喝を入れてくれる紗々女…

今まで嫌な子だと思っててごめんよw

そして楓は生きていると知り、紗々女を担いで水の上を走って里を逃げ出す杏子

完全復活!

次回は楓との再会かな?

次回掲載は9号(4月3日発売)です

墜落JKと廃人教師 Episode.47

詳しい記事はこちら

www.chimausa.com

 

次号見どころと発売日は?

9号はヨナもなまいきざかり。もおーさまも連載再開ですよー!!

やったーーー!!

表紙はヨナ、巻頭カラーはなまいきとか最高ですよね

花とゆめ9号は4月3日発売です

いつもより2日も早い!

出遅れないよう気をつけなくては!!

お楽しみにー!! 

 

以上ちまうさでした

最後までお読み頂きありがとうございました