ちまうさのブログ

少女漫画や宝塚の感想やランキングを独断と偏見でお届けします

暁のヨナ 189話【緋龍王】(33巻収録予定)ネタバレ感想 最新話

2020年3月5日発売の花とゆめ7号掲載「暁のヨナ」189話のあらすじと感想をご紹介していきたいと思います

コミックス最新刊は31巻

 

うーーーー

もどかしい…!

なかなかヨナとハクが会えないよー

今回も新たな事実が判明しましたね! 

キジャもだけど…ゼノの本気…!

前回までのあらすじ

緋龍城に軟禁状態のヨナは、なかなか会えないスウォンに会うため、見張りの兵の目を掻い潜り執務室へ向かう

秘密を守ることを条件に、またイルの子としてスウォンの生き様を見届ける権利があるとして、執務室への出入りの許可をスウォンに承諾させたヨナ

部屋に戻る途中、空の部族兵姿のハクを見かける

ひと目会いたいと願うが、ハクの身に危険が及ぶのを恐れ、声を殺して隠れるヨナ…

www.chimausa.com

暁のヨナ 189話【緋龍王

戦が近づく足音…

ハクは戦が始まるという兵たちの噂を聞きながら、ヨナが近くに居たにも関わらず、なぜ姿を見せなかったのかと考える

高華国最強の兵士と名高いハクは「戦がはじまるのなら三十五番隊から外されるんだろうな」という兵に「俺より上はいっぱいいるぞ」と話す

昔、ハクが敵わないと感じた相手…

それは先日ヨナが恐怖を抱いた瞳を持つスウォンの護衛、ヒューリと呼ばれる男…

ヨナの疑問

ヨナはジュドやミンスと共にスウォンの執務室を訪れる

その後方にはヒューリが控えていて、ヨナは恐ろしくて震えが止まらない

それでもスウォンの前でだけは怯んで見せるのを嫌い、なんでもないように装うヨナ

執務室に出入りするのは、同盟相手として基本的な内政の情報開示と今後の事を議論するため

対等とまではいなかくても、必死に情報を手に入れようとするヨナは、近々戎帝国と戦があることを知る

そこにケイシュク参謀が入ってきて、今日の軍事演習に四龍を参加させると話す

不審に思うヨナが四龍に何をさせるのかと聞くと、四龍がスウォンが参加するならと自ら志願したという

ゼノも参加するのかと確認を取ったスウォンは「わかりました」と許可をすると、ケイシュク参謀と共に執務室を出ていく

四龍がまた無茶をしたりヒドイ扱いを受けて怪我をすることがあれば…

「千樹草がいくつあっても足りない…」

そう呟くヨナに、ミンスは千樹草のことを尋ねる

回復が3倍早いと聞くと、ミンスは書庫へ向かい、ヨナはひとり執務室に取り残される

父が王の頃とは違い、書物に溢れた書庫を見て、身体を壊したスウォンを思うヨナ

いくら王家の人間とはいえ、ミンスの母親の死まで隠すのは只事ではない

王家の死はいつも不審の影が付き纏う

そしてヨナの胸にひとつの疑問が浮かぶ…

母上は本当に賊に襲われて亡くなったんだろうか…

四龍が軍事演習に

全軍が一同に集まる中、四龍も現れ兵たちがざわつく

軍事演習前、ケイシュク参謀は四龍に「増兵に伴う軍事演習で、兵士たちの士気を上げるために力を貸してほしい」と話していた

それに了承したキジャ

「但し我らのやり方でやらせてもらおう」

そう話していた通り、ケイシュク参謀が「四龍の加護として力をお示しください」と全兵士の前でキジャと兵士を戦わせようとする

指名された兵士はキジャに向かって剣を振り上げるが、キジャは全く避けず動かない

兵を止めたケイシュク参謀は「何の真似ですか」とキジャに尋ねる

「…我々の主は緋龍王…即ちヨナ姫様只一人。ヨナ姫様の命なくば、四龍の力は発動しないということだ」

さらに言葉を続けるキジャ

「どうしても我らの力を使うなら、ここに姫様をお連れしろ。我々から緋龍王を奪えると思うな」

 

シンと静まり返る兵士たち

わざと兵士たちの前でスウォンに恥をかかせようというキジャの行動に苦い顔をするケイシュク参謀をよそに、一向に堪えていないスウォンは兵の前に立つと「問題ありません」と話し出す

「四龍さんの能力が無くても、我が高華国軍は常勝なのですから」

その言葉で下がりかけた士気が戻った兵士たちだが、背を向けたスウォンの顔はとても険しいのをゼノは見逃さなかった

スウォンの病とは…? 

まだヨナの話が終わっていないとスウォンに向かうキジャだが、それを止めるようにゼノがスウォンのもとへ

「じゃあゼノがもう少し王様とお話するから」

慌てるジュド将軍だが、「話してきます」というスウォンの言葉で四龍とスウォンを見送る

人のいない場所に移動すると、ゼノは笑顔を消し「大丈夫か?」と尋ねる

「時々…頭が割れるように痛むだろ?隠しても無駄だ、俺は不死の能力を持つ黄龍ゼノ」

スウォンの頬に汗が流れる

他の3人も意味がわからずにゼノを見つめる

「お前の母親を知っている。発病したんだな」

「やめて下さい…!」

「緋龍王の血筋だけがかかる緋の病に」

 四龍が代々血を継いできたように、緋龍王にもいたのだという

「王様兄ちゃんはその血を代々受け継いできた緋龍王の末裔だよ」

 

感想

えーーーーーーーーーー!?

スウォンが緋龍王の末裔?

確かに王家の一員ではあるけど…

龍王の生まれ変わりであるヨナと末裔であるスウォン…

その緋の病…

ヨナは大丈夫なんだろうか…

でもミンスのお母さんは王家の人じゃないよね?

別の病気ってこと?

ヨナのお母さんが賊に襲われたっていうのも、もしかしたらイル陛下の嘘で病気かもしれないってこと?

でもそれならどうしてヨナに武器を持たせなくなったのかな…?

うーーーーん

早く色んなことが明らかになってほしい…!

あと早くハクとヨナを会わせてあげてほしい!!

なかなか恋愛ターンは遠そうだー

 

今回はゼノの本気って感じでしたね 

個人的にはキジャの姫様愛に心を打たれました!!

剣を振り下ろされてもヨナの命令じゃないと動かない

かっこよー!!

次回掲載号の発売日は?

ぎゃーーー

次号はお休みですね

次回掲載は8号

2020年4月3日発売です

待ち遠しいーー!!

いつもは5日発売なので、2日早いんですね

忘れないように気をつけなくては!

 

オススメ記事

www.chimausa.com

 

以上、ちまうさでした

最後までお読み頂きありがとうございました