ちまうさのブログ

少女漫画や宝塚の感想やランキングを独断と偏見でお届けします

恋はつづくよどこまでも 漫画と実写ドラマのあらすじと感想(8話)ネタバレ有り

火曜10時にTBS系列で放送されているドラマ「恋はつづくよどこまでも」

視聴率も右肩上がりで好調らしいですね!

前回に引き続き、漫画とドラマを比べつつネタバレ有りでご紹介していこうと思います

ドラマ派の方で漫画からネタバレされたくないという方はご注意ください

www.chimausa.com

ドラマ8話の感想

ドラマの感想を漫画との比較やドラマのネタバレ有りでちょこっとお話していこうと思います

8話【俺のそばを離れるな…ついに告白!】

いやもう…

天堂先生がカッコよすぎて…!!

健のイメージビデオかってツッコミたくなるシーンが盛りだくさんw

もうこのドラマに至ってはそれがいい!ww

ソファとかラーメン屋とかボーリング場とか

本当に何時間でも見ていられる顔って至高…!

 

前回の上条さんのターンからスタート

結局大方の想像通り、殴ったりなんかしてなかったですね

七瀬のことを悪く言って挑発したけど、医者としての姿勢を崩さず躱されたことにイラついて、上条さんが殴りかかってきたのを天堂先生は避けただけ

そりゃそうですよねー

 

流子さんが実家に帰って、天堂先生の世話を焼く場面

ソファに呼びつけてイチャイチャする問題のシーンw

おでこコツンってくっつけてヘアゴム取るの健のアドリブって本当ですか?!

なにあの耳撫でる親指!!

開始5分で色気にやられた…

はーかっこよー!!

 

上条さんに対しては態度を変えずに誠心誠意看護する七瀬

それを逆手に取って脅すようなことをする上条さん

漫画でもここまでヒドイ人じゃなかったんだけどなー

まさか杏里ちゃんのオペのチームから外されたりするとは…

まぁ結果ちゃんと出来たからよかったけど

ここも漫画と違いますね

漫画では杏里ちゃんは天堂先生がいる病院では手術を受けることが出来なくて、アメリカに渡るんですよね

でもって!ありましたね!

ずっとあったらいいなーってブログで書き続けてた場面

「あいつの良さにあなたは気付いたじゃないですか」って

でも漫画みたいに「あいつは俺のものだ」的なセリフも言ってほしかったー!

ドラマはあくまでもお医者さんとしての姿勢を崩さないんですね

漫画の天堂先生を知ってただけにちょっと残念

健に言ってみてほしかったーーーー

 

流子さん…

漫画と一緒で実家での結婚話出てきましたね

もしかして家出もある?!

でも仁志くんと…あと小石川先生ってどうなってんの?!

 

別れを決意した七瀬

ボーリングの場面の演技、切なくてこっちまで泣きそうになってしまったー

萌音ちゃん本当にお芝居上手!

実家の近くの病院(診療所?)で働く七瀬にかかってきた流子さんからの電話…

もうこの時点で『絶対先生だ!!』って思って見てましたよねw

そして会話が進むにつれ『これ…居るな…』って思いましたよね?!ww

 

なんでわかってたのにキュンとするのかなー

くるぞくるぞきたーーーー!ってなるのが楽しくて楽しくてw

またヒゲダンの主題歌入るタイミングが絶妙に良いんですよね!!

恋愛ドラマはやっぱりベタがいい!!

実写化反対とか言ってごめんなさい

めっちゃ好きです!

実家まで追いかけてきてバックハグとか、のだめと千秋センパイ思い出すーーー!!

あのコンビも漫画実写化だけど大成功の例ですよね

 

今後のドラマ予想

もうドラマラストの予告で心臓撃ち抜かれた…

が、我慢してるんですか先生!!

「俺がどれだけ我慢してると思ってんだ」的な台詞は、少女漫画の定番ですよね!!

でも漫画だと2人のハジメテは、天堂先生が留学しちゃうっていう切ない場面で致してましたよね?

ドラマだと…どこまで描かれるのかな??

七瀬の実家にも行ってそうですね

ここものだめを思い出してしまう…

 

公式で上がってる予告を見たら…

若林先生はやっぱり天堂先生を諦めてないみたいですねー

まだ結構関わってくるのかな?

漫画にはない設定なので、あっさり終わってくれるといいなぁ

公式であと2話って書いてありましたし…

すでにロスの予感…泣

 

もう次は9話ですもんね

七瀬の実家&東京に戻ってきてのイチャイチャと若林先生のお話で9話は終わりかな?

流子さんの家出とかもあるかも?

最終回はやっぱり留学話?! 

 

さてどうなるでしょうか??

9話は2020年3月10日火曜日夜10時スタートです

お見逃しなく! 

 

過去ドラマの記事⇩

www.chimausa.com

www.chimausa.com

www.chimausa.com

 

以上ちまうさでした
最後までお読み頂きありがとうございました