ちまうさのブログ

少女漫画や宝塚の感想やランキングを独断と偏見でお届けします

贄姫と獣の王 78話(14巻収録予定)ネタバレ感想

2020年2月5日発売の花とゆめ5号掲載「贄姫と獣の王」78話のあらすじと感想をご紹介したいと思います

前回までのあらすじ

 御前会議を終え、束の間の2人きりの時間を過ごすサリフィとレオ

サリフィの優しい気遣いに触れ、改めて式典が正念場になると覚悟を新たにするレオ

そして始まった式典

レオの演説中、突然空に異変が起き、民衆の前で人間の姿に戻ってしまい…?!

www.chimausa.com

贄姫と獣の王 episode 78

王様の真実?

民衆の前で人間の姿に戻ってしまったレオ

自分の手を見つめ動けないレオを、聖獣に乗りその場から連れ出すサリフィ

咄嗟に機転を利かせたラントが、追跡しやすいようにキューをサリフィに投げる

ロプと一緒にサリフィを追いかけようとするラントを、法官セトの部下が引き止める

「あなたにはまだ、我々の目の届く所にいて頂かなくては困ります」

「我々…?!」

セトの奸計とアヌビスの動揺

人間の姿に変わったように見えた王様も姿を消し、一向に騒ぎの収まらない広場

沈静化の指示を出しながら、ヨルムンガンドも混乱していた

そして、宰相アヌビスも動揺しながらもセトの元へ向かう

部屋で静かに事の成り行きを待っていたセトに掴みかかり、王に何をしたのかと問い質すアヌビス

「度々書庫に出入りしていたのは、怪しい魔術を修得するため。それを民衆の眼前で使い、王の威厳を貶めようと!!」

激昂するアヌビスと対称的に落ち着き払っているセトは、禁術は使ったが王には何もしていないと反論する

「私はただ、この国を覆う瘴気を一時的に晴らしただけ…天啓の夜と同じ状況を再現しただけに過ぎません」

さらに、アヌビスに問う

王は『なぜか』天啓の夜は姿を隠していた

あなたはその答えがわかったのではないかと

 

「何をおいても隠しおおせねばならぬ程の重大な王の『秘密』王の『真実』」

「馬鹿な…あの姿が…王の本当の姿だというのか…?!」

「他ならぬあなたがご自身の目で確かめられたもの…それが『真実』です」

国王代理・セト…?!

見渡す限り晴れている空

サリフィの聖獣に乗り、前日に連れてきてもらった洞穴に来たサリフィとレオ

一体何が起こって、みんなにレオの秘密を見られてしまったのか…

呆然と俯くレオを抱き締め、これからどうしたらいいのかわからないサリフィ

 

一方王宮内では、ラントがセトの部下に捕まっている所にヨルムンガンドが通りかかる

「セト様のご命令です。親衛隊長及び近衛隊長殿には、我々に同調して頂けない場合、その身柄を拘束させていただくようにと…」

驚くヨルムンガンドの耳に届いたのは、「静粛に!!」とアヌビスが民衆に向けて非常事態宣言を発令し、臨時に国王代理を立てると説明する声

アヌビスの後ろから出てきたのは、法官セト

 

セトは王の代理という大任を持したのは、今この現状を正しく理解しているのは自分しかいないからだと民衆に向けて理由を語ります

王様の先程の姿…

魔族と人間の血は決して交わり合うことなく別々のものとして身体を二分するため、瘴気の消えた環境に置かれると魔力が著しく低下し魔族の姿を保っていられないと説明します

 

王様が人間との混血だということだけでも混乱する中、セトは追い打ちを掛けるようにさらに言葉を続けます

 

「一番の問題は先代王には直接人間族と交流した記録や形跡が一切存在しないということ!」

それは先代の王妃も同じ…つまり

「我々が『王』だと讃えていた者は、正統な王族の血を引いてはいない、真っ赤な贋物だということ!!」

ヨルムンガンドは咄嗟にアヌビスを見るが、黙ってセトの後ろに控えたまま…

セトの演説はヒートアップして続きます

「卑しくも誇り高き魔族の王を騙り、この国を汚そうとしている賊徒。我々魔族の敵である!!」

静まり返る民衆

アミト姫も、ラントもロプも、ヨルムンガンドも、何も言わずにただセトを見つめている

そしてセトは国王代理として、最初の命令を下す

「王族を騙った重罪人と、その逃亡を幇助した人間の娘を、一刻も早く引っ捕らえよ!!」

 

感想

なんてことーーーー!!!!

そっか、王様本人に何かしたわけじゃなくて、瘴気を晴らしたんだ

天啓の夜と同じ状況になれば、自ずと王様の秘密が明らかになると踏んで…

セトーー!!

なんてことしてくれるんだ…

この人の目的は一体何なんだろう?!

国を自分のモノにしたいとか?

 

それより…

なんでアヌビスはセトの言いなりになっちゃってるの?!

あんなにセトに突っ掛かっていってたのに、本当に王様が正統な王族の血を引いてないかもって思って、セトに言いくるめられちゃったの?!

そんなことないと信じたい…

セトを油断させるために、茫然自失を装って様子を見てるんだよね?ね?!

 

レオとサリフィは洞穴に逃げ込んだはいいけれど…

ここからどうするんだろう

空の瘴気はいつまで晴れてるんだろう

この状態のままだと、レオもずっと人間の姿のままですもんね

イケメンだし目の保養~とか言ってる場合じゃなさそう(こら

レオは一言も発さず、サリフィに抱き締められたまま…

ついに出生の秘密が明らかになるのかな?

引きがえげつない…

気になりすぎるよーーーっ

 

次回掲載号の発売日は?

次回も掲載されるようなので、花とゆめ6号、発売日は2月20日です

よかった

これで次号休載だったらどうしようかと…

先週も同じことおもったけどw

ドキドキしながら2週間待ちましょう

 

おすすめ記事

www.chimausa.com

以上ちまうさでした

最後までお読み頂きありがとうございました