ちまうさのブログ

少女漫画や宝塚の感想やランキングを独断と偏見でお届けします

春と恋と君のこと 2巻 5~8話 ネタバレ感想

別冊マーガレットで連載中の「春と恋と君のこと」(綾瀬羽美)2巻のあらすじと感想を、ネタバレ有りでご紹介していこうと思います

春と恋と君のこと 2 (マーガレットコミックス) [ 綾瀬 羽美 ]

春と恋と君のこと 2【電子書籍】[ 綾瀬羽美 ]

 

『次コレ来る!オススメ少女漫画』ランキングでも思ったけど…ちまうさって高校の寮設定好きすぎ…w

いやでも魅力的なんだよねー

だって行く場所も帰る場所も一緒なんだよ?!

萌えしかない…!

【前回までのあらすじ】

恋愛が絡む人間関係にトラウマがある紘果は、恋愛禁止の規則がある寮がある高校に入るも、規則は建前で、恋愛に興味津々な女子がいっぱいだったことにガッカリ

トラブルの元になりそうなイケメンには近寄らないでおこうと決めていたものの、偶然ぶつかりキスしてしまったのはイケメンの藍里

実は恋愛初心者でキャラを作っていることが判明

お互いのことを知り、ぐっと仲良くなる2人

しかし、藍里に好意を寄せる先輩に詰め寄られる紘果を助けるため、自分はナルシストで女子に弱いことを自ら暴露した藍里

モテなくなるかと思いきや、受け入れられた藍里をみた紘果の心中は…?!

 

感想

はぁぁぁ可愛い!!

ヒロインが可愛い漫画は本当に癒やされる…

 

キャラを作ってモテようとしたのをやめた藍里だけど、結局は顔はイケメンなわけだしモテ続けますよね

ちょっとイジられキャラっぽくなったけど、それもまたオイシイ的なね

泰臣の藍里に対する辛辣な感じ好き

もっと泰臣エピソードほしいな

まだどんな人なのか見えてこないし、今後どう関わってくるのか楽しみ

 

「自分だけが知ってる俺の一面がなくなってさみしいんでしょ。俺の特別じゃなくなった気がして」

「よく…そんな言葉言えるね…。人気落ちなかったから調子乗ってるのかな(小声)」

「おい」

 

茶化しつつも図星な紘果

もやもやしてるのが可愛くて可愛くて…

先輩となんの用事もない電話をしてると聞いて、今一緒にいるのに電話かけるとか可愛すぎか!

るるの言葉を思い出して、今の自分の感情が『恋愛感情』に当てはまるって気付いてしまった紘果

でもそれを必死に打ち消して、不器用に藍里を避け始めるのがちょっと切ない

 

避けられるのに納得いかない藍里、ナチュラルに壁ドンしてます…w

 

「俺のこと…今度こそ好きになった…とかじゃ」

「それは……絶 対 ない!」 

 

それに対して「…ならよかった。せっかく仲良くなれた女友達だからなー」っていう藍里の言葉

きっと紘果だって同じ気持ちだけど、でももうそれだけじゃないのに…っ!

もどかしくて読みながら胸がぎゅっとなってるところに、頭突きで逃げてく紘果…

きゅんと笑いが絶妙w

 

サプライズでお誕生日祝いをしてもらった紘果

るると藍里が最近よく連絡を取っていたのはこれだったんだと知ると、勘違いしていた自分が恥ずかしくて、でも安心して涙が止まらなくなってしまう

ようやく藍里への恋心を自分で認めることになりましたね

 

プレゼントで貰ったヘアアクセを次の日にすぐつけていいものか悩むの可愛い

今までだったら何も気にしなかったことが、好きだと気付いた途端に色んなことが気になってくるんですよね

現に泰臣からもらったハンドクリームは何のためらいもなく付けてるんだもんね

そりゃ藍里だって拗ねたくなるよね

それをめんどくさい人だなってww

 

「これでいい?似合う?!」

「ん!よかった、かわいいじゃん」

「…素の時もそういうこと言うっけ…」

 

ここめっちゃニヤニヤ出来ていいシーンだったのに

 

「俺が選んだものが!かわいいなーと!さすがだなーと」

(こういうナルシストな藍里見ると、すごい冷静になれるな)

「なんか助かる」

「助かる…?」

 

藍里のナルシスト発言でだいぶ台無しになった

そこがすき(爆

 

夏休みに普通に遊ぼうと誘ってくる藍里は、本当に紘果のことを恋愛対象には見ていないのかな

自分に惚れない女友達ってそんな貴重なのか…

 

花火大会当日、一緒に来たるると泰臣が気を利かせてはぐれたから、藍里と2人きり

そわそわしつつもいつも通り楽しんでたら、まさかの中学時代のトラウマの浩太に遭遇

しかも、結局彼女とは別れちゃったって…

せめて仲良く幸せでいてほしかったって思う紘果だけど、自分が恋愛感情を知った今、浩太が自分を見る視線で、自分かどう思われていたのかがわかって成長出来たのかな

 

藍里は待ってる間何を考えていたんだろう

結構長い間帰ってこないから、本当に紘果と浩太が付き合い出したって思ったのかな

それでどう感じたんだろう

もう2人で遊べないことに寂しさを感じたり、ヤキモチ的な感情は一切なかったのかな?

勘違いで祝福された紘果があそこまで怒った理由も、全く思い当たらないのかしら…

でもあれだけ「絶対ない」って断言されてたら、もうその思考には至らないか…

 

花火見ながら歩くの危ないからって、浴衣の袖のはしっこ持つのあざとくて可愛い!!

そりゃ先輩の友達も「クソカップル」て言っちゃうよねw

「夏に湧くなー虫かよ」ってww

女の子がそんなこと言わないの!w

先輩も、浴衣で2人で来てるの見たら心中穏やかじゃいられないですよね…

 

紘果も、今度先輩と2人で出掛ける藍里にヤキモチ妬いてるの自覚したっぽいし、1番仲良い人でいたいし、同じように藍里に思ってほしいって…

めっちゃ恋する乙女になってるーーーー!!

可愛い…かわいいよーーーーーー!!!

 

今後どうなっていくのかとても楽しみです!!

 

次巻は?

3巻は2020年春頃発売と載っていましたね

1巻からの間隔と同じだとすると、3月頃でしょうか?

楽しみですね!

 

以上ちまうさでした

最後までお読み頂きありがとうございました