ちまうさのブログ

少女漫画や宝塚の感想やランキングを独断と偏見でお届けします

暁のヨナ 187話【秘事】 ネタバレ感想 最新話

今回は、2020年1月20日発売の花とゆめ4号掲載「暁のヨナ」187話のあらすじと感想をご紹介していきたいと思います

【電子版】花とゆめ 4号(2020年)【電子書籍】[ 花とゆめ編集部 ]

今回は(いつもだけど)ジェハがめっちゃ頼りになる!

部屋に来たときのジェハはまさに『水も滴るいい男』!!

そんな頼りになる仲間が居るのに…

ヨナが1人で耐えてるのが痛々しくて見てられない…(泣

 

前回までのあらすじ

倒れたスウォンを複雑な心境で介抱したヨナ

スウォンが倒れたことを受け、陛下には時間がないのかもしれない…とジュド将軍とケイシュク参謀は話し合う

そして戎帝国への進軍も計画されているようで…?

 

暁のヨナ 187話【秘事】

 ヨナに会えない・・・?

本来なら今日からヨナに会えるはずだった四龍の部屋に、ヨナは今朝から体調が悪いため会えないと女官が伝えに来た

監視付きでも構わないからお見舞いに行かせてほしいとジェハが女官に冷静に頼む中、居ても立っても居られないシンアは「ヨナの体調が悪いって本当…?どうして会えない?」と矢継ぎ早に質問をして女官を追い詰める

ジェハが間に入り取り成すも、ヨナと引き離された四龍の焦りは止まらず落ち着かない

 

先日スウォンと会った際、ヨナの話をしなかったのかとゼノに問うキジャ

ゼノは、ヨナの話は出なかったが、ハクが空の部族軍に一兵卒として働いていたことを話す

さらにはほぼ雑用しかしてなかったことも伝えると、興味津津にハクの心中を推測するキジャとジェハ

みんなでハクの様子を見に行こうと提案するも、騒ぎになるとまずいので、まずはジェハが様子を見に行くことにします

 

理不尽な宣告

ヨナの部屋にジュド将軍が訪れ、四龍やユンやハクと会ってはならないと告げられるヨナ

さらにはハク達だけではなく、ジュド将軍とケイシュク参謀、ミンスの3人以外の人間との接触まで禁じると一方的に言われる

「つまりこの部屋から出るなってこと…?理由は?」

だんまりなジュド将軍に「これ以上失望させないで」と言い、険しい表情に変わるヨナ

 

「皆の前で王妃の席に座らせたり部屋に監禁したり、貴方達の言う同盟とは私を愚弄する為のものなの?」

 

それでも何も話そうとしないジュド将軍に、ヨナはスウォンに会わせるように求める

「ジュド。高華国空の部族将軍としての誠意を見せて」

大切な人達にもう会えないなんて、到底受け入れられないヨナ

 

一方、一兵卒として働くハクのもとに、文官姿のジェハがやってくる

(*´ェ`*)肩にぷっきゅーが乗ってる!かわゆす!!

わざと木材でジェハを下敷きにし、医療班に見せるという口実を作ったハクはジェハと2人で話せる所へ移動する

ハクはユンが書庫で勉強していること、自分はやることがなくて入隊したことを話すと、ヨナの様子をジェハに尋ねる

四龍もヨナに会わせてもらえていないことを知ったハクは、ジェハにヨナの部屋の場所を告げて託す

自分が行って騒ぎになった時、反撃してしまうかもしれない

そしてそれがヨナの覚悟を無駄にしてしまうかもしれないから行かないと話す

ただ何かあったらすぐに知らせるようにとジェハに頼みます

 

「そん時は何があっても姫さんを奪いに行く」

 

スウォンの秘密

スウォンに会わせて欲しいという要望が聞き入れられ、ミンスと共に執務室へ来たヨナ

どこに人がいるのかわからない程、乱雑に積まれた書物で溢れかえっている部屋

背丈を超える高さに積まれた書物の脇を覗くと、机に突っ伏して眠るスウォンの姿

話しは別の機会に…と切り出しスウォンに肩掛けを掛けるミンスの姿を見て、昔の記憶が脳裏に蘇る

 

それはミンスの母親、ヨンヒが頭が痛いと蹲る姿

それはまるで先日苦しんでいたスウォンの姿のように…

 

ヨナはゆっくりとミンスに話しかける

自分はなぜ他人との接触を絶たれているのか知りたい

自分達を警戒しているからだと思っていたが、実はスウォンの病を見てしまったせいなのではないか

療養中だと言っていたヨンヒは、既に亡くなっているのではないか

 

自分で話すうちに疑惑が確信に変わっていくヨナ

「それ以上、お話になってはいけません!貴女様を守れなくなってしまう」

ミンスは必死にヨナを止めます

王の身体に関することは国の最重要秘事

見聞きしたものも口外したものも本来ならば死罪

ヨナは緋い髪の姫として政治に必要だから生かされたが、ハクやその他の人間に口外すればどうなるかわからないと

「お願いです、姫様。ケイシュク参謀やジュド将軍に逆らわないで下さい…!」

必死になるミンスを前に、ヨナは実感する

 

ああ…本当に、スウォンは死に至る病なんだ

 

ヨナは何を思う・・・?

部屋に戻り、呆然とするヨナ

スウォンが死ぬ…

父王を討った憎い相手のはずが、立ち上がることも出来ないほどに何も考えられなくなってしまう

「まるで脚が無くなってしまったみたい…」

ひとりごとに返ってくる返事はジェハの声

「いつだったか言ったよね。僕が君の脚になるって」

部屋の窓から忍び込んできたジェハ

(*´ェ`*)ここでもぷっきゅー乗ってる!可愛すぎか!!

驚き正気の顔つきに戻るヨナは、万が一に備えてカーテンで扉からジェハの姿を隠す

 

「1人で来たの?ここまで跳んで?」

 

ジェハは嬉しそうに話すヨナに元気そうだと安心し、ハクの所へ連れて行ってあげると手を取る

雨音が隠れ蓑になっている今がチャンスだと

そしてハクが専属護衛の地位を取り戻すために、空の部族兵となっていることも告げる

 

「会いたいでしょ。僕なら君を自由にしてあげられる」

 

ハクに会える!と心が揺れるが、先程聞いたミンスの悲痛な声がヨナの脳裏に蘇る

 

『お願いです、姫様』

 

ジェハに取られた手を引くヨナ

 

「私 行かない」

 

想定外の答えに驚くジェハだが、何か事情がありそうだと察し「僕に嘘はつかなくていい」と諭すも、ヨナの意志は変わらない

 

「ごめんね、来られると困るの。専属護衛もいらないってハクに伝えて」

 

食い下がるジェハだが、部屋の外からジュド将軍が声を掛けてきた為、仕方なく部屋を去る

ジェハが去った窓のカーテンを握りしめ、ハクの名を呼び肩を震わせるヨナだった…

 

 

感想

スウォン…

そうか、それで色々急いでいるのか

納得しかけましたが、それでもイル陛下を弑逆する理由にはなりませんよね

これからもっとスウォン側の思惑も明らかになってくるのでしょうか?

そして…

ヨナはいつになったらみんなに会えるの…っ!!

もう痛々しくて可哀想で…

優しいからこそスウォンの病気を知って身動きが取れなくなってしまったんですよね

いや、優しいからっていうのとは違うのかな

きっと複雑な胸の内なのでしょうが…

これを知ったときのハクの反応が怖すぎる…

想像しただけで痛いよ…泣 

 

次回掲載号の発売日は?

来月号はお休みですね

次に掲載されるのは、2月20日発売の6号です

1ヶ月が長い…!

楽しみに待ちましょう

 

以上、ちまうさでしたf:id:alpaca-sensei:20200119013258j:plain

最後までお読み頂きありがとうございました