ちまうさのブログ

少女漫画や宝塚の感想やランキングを独断と偏見でお届けします

ハニーレモンソーダ 50話(13巻収録)ネタバレ感想

2019年12月28日発売のりぼん2月号掲載「ハニーレモンソーダ50話」のあらすじと感想をご紹介していきたいと思います

りぼん 2020年 02月号 [雑誌]

 

表紙&巻頭カラーでした

連載4周年ですって!

もうそんな長く連載してるんですねー

 

今回は待ってましたーの回でしたね!

文化祭編クライマックス!

にやけながら読んでいきましょう

ハニレモを読んだことない方はこちら⇩

www.chimausa.com

前回までのあらすじ

今年の八美津祭の目玉はミスターコン

そこでなぜか界と宙が対決することに

ミスターコンの優勝商品は、八美津生なら『アマゾンギフト券』、他校生なら『八美津校生が1個だけ何でも望みを叶えてあげる券』

文化祭の準備中、突然みんなの前で宙から告白された羽花は驚きを隠せないが、界だけは爆笑

勝ち負けはどちらでも、と思っていた羽花だが、「宙が勝ったら宙と付き合うの?」とイジワルを言う界に「勝って下さい」と目に涙を浮かべながら訴える

「見てろ」と界は羽花に宣言して去っていった

 

ハニーレモンソーダ sparkle50

八美津祭がはじまる

目玉のミスミスターコンの紹介VTRが流れ、楽しみにしている学生たち

誰に投票するか盛り上がる中、やはり本命は界と宙の対決

「やばいやばい」と顔を真赤にして興奮気味に話すが、「その2人って1人の女子取り合ってんだよね」と事情を知っている子が口火をきると、一気に羽花の話題に

 

女子たちの視線の先にいる当の羽花は、『妖怪・油すまし』の格好でビラを配っている最中

それを見て、何かの間違いじゃない?と噂する女子たち

 

(私もそう思う)

 

宙が羽花に告白をしたことも事実として広がっているため、注目を浴びてしまう羽花

告白から何日経っても何が起きたかよくわからないが、今日大事なのは自分の仕事を全うすること

そう考える羽花は、生徒会の補佐を必死に務める

それから、もうひとつ…

 

界はどこに・・・?

ミスコン会場はアイドルの握手会の様相を呈していた

グッズを買った数に応じて握手や写真を撮れる(下衆い)システムだという

 

宙は応援してくれる女の子1人1人にしっかりと対応し、支持を伸ばしていく

そんなアピールタイムになぜか不在の界

どこを探してもいないと言われ、羽花も拡声器で呼んでみるものの見つからず

 

その頃、界は校舎の中で文化祭を眺めていた

みんな探してるけど行かなくて良いのかと友達に聞かれるも、無言で外を見つめたまま

 

一方ミスターコンはミニコーナー『女の子のことを1番知ってるのは誰だクイズ』が開催されていた

くじ引きで引いた番号の女の子の体重やウエストのサイズ、香水などを当てるゲームで、宙は5歳の女の子の番号を引く

妹がいる宙は、女の子を軽々と抱っこすると体重を当ててみせた

そのお兄ちゃんっぷりに目がハートになる会場の女子たち

 

そのまま自己PRの時間になり、リフティングを披露する宙

好青年ぶりに、界から推し変しようかなと言い出す女子も…

舞台脇へ降りた宙のもとに、ゾンビの仮装をした羽花がやってくる

「あとで聞いてほしいことがある」

そう告げると出番だと笑顔で去っていく羽花

 

羽花が伝えたいこと 

生徒会補佐として、ゾンビ姿でコーナーの手伝いをする羽花

宙を見た後だと他の候補者の悪ふざけが浮くのか、会場がシラけてきてしまう

さらには未だに界が出てこないとザワつき始める

 

「宙くん不戦勝?」

「やっぱ最後まで真面目にやる華宮に1票だな」

「彼女のためにこれ出てるって聞いたけど何だったの、間違いじゃん」

 

そんな声が会場に溢れる中、羽花はゾンビのマスクを脱いでマイクを取る

 

今日は伝えたいことがある

私がどれだけ嬉しいか

 

なぜ界が普段なら嫌がりそうなミスターコンに出場を決めたのか

それを知った羽花はどうしても界に伝えたかったことを舞台上からマイクで話し始めます

 

「私は三浦くんが初恋で、私の恋はずっと一生それだけです」

 

必死に話す羽花から目が話せない宙

 

「どんな人に出会ったとしても、私は三浦くんのことが世界で1番大好きです」

 

ついに界あらわる・・・!

突然の羽花の告白に戸惑う観客と、ヤジを飛ばす女子

そこに現れたのは、高嶺や緑先生を引き連れた界

突然の登場に驚き叫ぶしか出来ない学生たち

 

先程ミニコーナーに不参加だったせいで点数の差が開いたことを伝えると

「当てんのが彼女のだったら出たけど?」

羽花を抱き上げ、身長、体重、ウエストのサイズ、香水は使っていなくて最近シャンプーを変えたことを次々と当てていく

 

「触んないわ、石森しか。握手とかハグとか聞いてねぇわ」

 

グッズの売上に応じてのファンサービスをしたくなかった為出てこなかったことを理解した観客は、「そういうこと?!」と顔が真っ赤になるほど大興奮

自己PRだけはするようで、「踊りまーす」と友達数人でダンスを始める界

友達が羽花に、界の気持ちを代弁してくれる

「伝わってるかわかんないけど、あいつ今回はただ君を喜ばせたいだけだから」

 

ステージでダンスを披露しながら、ハート型の飾りを空気砲で会場に撃つ界

空からハートが降ってくる中、界は羽花に告げる

 

「付き合ってもうすぐ1年。お前の初恋にずっと付き合うわ。羽花、好きだよ」

 

その言葉を聞き、涙が止まらない羽花

そんな羽花を見て、負けを確信し笑う宙

 

「第1回ミスターコングランプリは、三浦界ーーー!!」

界の勝利を告げるアナウンスが響く…

 

感想

もーーーーー!!

かっこよすぎたね!!

おいしいとこ取り!!

ラストのこの界のセリフを聞くために、この文化祭編読んできたもんね

よく神回って耳にするの、なんでもかんでも神って…(呆)って思ってたけど

 

神回!!!

 

羽花は本当にたくましく成長しましたね!

普通その会場にいない相手にマイクで告白なんか出来ないよ…

ヤジ飛ばされようと必死に伝えた羽花だからこそ、界もああやって答えてくれたんですよね

 

いつも思うけど、こんな高校生末恐ろしい…ww

 

キザだし現実にありえないってわかってるのにキュンときてしまう

ハニレモ…罪深い

 

 

宙くんはどうするのかな?

あの表情から察するに、諦めはつきそうだよね…?

3人で話したりするのかな

 

次回掲載号の発売日は?

作者様今回フル稼働だったので、来月号はお休みかと思いきや…

ハニレモ載りますね!

次号は2月3日発売!

節分の日だー

楽しみに待ちましょう

 

追記:3月号発売されましたー!

www.chimausa.com

ハニーレモンソーダを無料で読むなら?

マンガMeeというアプリがオススメ!

ハニレモを無料で1巻から読み返すことが出来ます

作者様・むらまゆ先生の『流れ星レンズ』や『またあした』も掲載!

お見逃し無く!!

インストール無料・大人気少女漫画が読み放題

使い方がわからない方はこちらの記事をどうぞ⇩

www.chimausa.com

以上ちまうさでしたf:id:alpaca-sensei:20200119013258j:plain

最後までお読み頂きありがとうございました